« 洗面化粧台下水管掃除 | トップページ | 衰退産業 »

2015年6月12日 (金)

焦り

10年ほど前に書いた文を読み返していて、今といちばん異なるのは焦りの感情です。R0012829

当時40歳。まだまだ焦燥感や義務感、強迫などにがんじがらめになっていた。

それらを放棄することは当時からの課題で、ほぼ達成されたと言っていい。

こういうのは性格に染みついてしまっているので、なかなか落ちませんでしたが、

自由で身勝手、無責任で投げやりな自分がようやく普通になってきました。

その究極は事務所の固定電話を切ることで、今やあらゆるものを切る準備ができています。

一番大きかったのはやはり仕事なのですが、事務所を見まわしてもアウトプットは十分やった。

あとで評価するかどうかは世間様次第で、これから新しい境地を切り開いていくつもりもない。

15年近く前に停まったアイデアスケッチも、さすがにもう再開しない。

結局建築家というものは他人の金を使って誰も幸福にならないゲームをする人種です。

前に触れましたが、山口晃さんがすゞしろ日記のアトリエ探訪で皮肉ったのはいいとこついてる。

TV朝日の建もの探訪のパロディでしょうがこの世界、本当に上辺だけのペラペラ。

そんなゲームに時間を費やすほどもう若くはないということです。

にほんブログ村 建築・建築物

« 洗面化粧台下水管掃除 | トップページ | 衰退産業 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/60341012

この記事へのトラックバック一覧です: 焦り:

« 洗面化粧台下水管掃除 | トップページ | 衰退産業 »