« 最近の積んどく | トップページ | 国立国会図書館 »

2015年6月25日 (木)

旅:夢見る建築家滝澤隆君を偲んで

表題の本、Google検索でヒットしたのですが書店にはなく、20150624_175648
随分と久方ぶりに国立国会図書館まで行って読んできました。

滝澤さんは最初に務めた事務所で1年間ご一緒しました。
大学の先輩にもあたり、ぼくの13期上になります。
1989年のSDレビューで入選され、それに触発されてぼくは翌年応募し入選しました。

が、SDレビューの翌年の2000年、すい臓がんであることが発覚し
同年に亡くなってしまったことを、今回初めて知りました。享年48。

写真はぼくらが在籍していた事務所で滝澤さんが手がけた事務所ビルです。
水道橋の駅前の神田川と外堀通りに挟まれた細長い敷地。V字型のカーテンウォールが特徴。
末広がりという意味もあるようですが、実は施主の苗字を逆さにしたという噂も。

梅ヶ丘にご自邸があり、人づてにその話を聞き、見に行っています。
ぼくが自邸を設計か工事をしている時で、同じようなことを先にやられちゃったなと
ちょっと悔しく思ったのを覚えています。まさかその時もう亡くなられていたとは。

大学の同期に渡辺誠さんがいて、一個上に飯田善彦さん、一個下にワークショップの3人、
さらに進んだ早稲田の吉阪研の一個上に内藤廣さんとなかなかシビアな環境にいらした。

比べられると辛かったのではないかと思います。
結局、自邸は手がけるもご自分の事務所を構えることはありませんでした。

大学時代は山岳部に所属していたとのこと。今であればお話して共感するところも
多かったかもしれません。残念です。合掌。

にほんブログ村 建築・建築物

« 最近の積んどく | トップページ | 国立国会図書館 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/60499545

この記事へのトラックバック一覧です: 旅:夢見る建築家滝澤隆君を偲んで:

« 最近の積んどく | トップページ | 国立国会図書館 »