« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

ヘルシンキにて

10年ぶりにヘルシンキに来ています。寒いです。今日はトゥルク、ナーンタリまで移動予定。R0013001

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

バニホ練



(音が出ます)
ぎこちないですが、はじめの一歩です。

にほんブログ村 MTB

2015年7月30日 (木)

越えること

最近はMTBのついでに山登りめいたこともするようになり、実際いくつかの20150725_182148

山関係の雑誌を買ったりしています。今回の那須峰の茶屋や昨年の朝日岳から金峰山、

オーレン小屋からの根石岳、硫黄岳など森林限界を越えた景色は魅力的です。

ただこうしたあたりはほぼ例外なくがれていて、自転車を持って行っても乗車できず、

乗れても高山植物とかあるので、後ろめたい感じはあるでしょう。

一方でそんなに高度とかピークとかにこだわらない自分もいます。高山病出やすいし

なにより高所恐怖症なので、ヤセ尾根の縦走なんかはおそらく無理っぽい。

ではどういったところに喜びを感じるかというと、越えること。反対側の景色を見ること。

その向こうに広がっているものをこの目で確かめたい。なので登山というよりむしろ

探検の方に興味が有るのかもしれません。ピストンはあまり好きではないし。

一昨年の魚野川は群馬から、長野、新潟へ、昨年の清水峠は群馬から新潟へ、

今回の大峠は栃木から福島への県境越えになります。特に前2つは表日本から裏日本へ

本州の背骨を越えることなので満足度は高かったです。

添付したGoogleEarth画像は手前の横線が大峠を含む稜線。奥の横線が三斗小屋温泉あたり。

左奥に見える山が那須岳です。実際には見えません。

にほんブログ村 MTB

2015年7月29日 (水)

東武鉄道

会津田島から乗った区間快速列車は途中で車両を足しながら、浅草までつながっていました。R0012967

最初は会津鉄道、次に野岩鉄道に変わって新藤原からは東武鉄道になります。

会津田島から浅草までは実に3時間54分。これだけ長い乗車区間というのも珍しいのでは。

東武鉄道で検索してみると、JRを除く総営業キロ数は近畿日本鉄道に継ぐ第2位だそうな。

しかし東京都西部住民にとっては東武は東上線くらいしか縁がなく謎な存在です。

だいたい東北本線とほぼ平行してこんな長い路線が存在するとは今まで知らなかった。

小学校の修学旅行で日光に行った時は東武の特急に乗ったはずなのですが、

横浜の北の外れから浅草までのアプローチはどうしたのだろう?バスだったのかな。

駅名を見ると、とうきょうスカイツリー駅を除くと亀戸、浅草、北千住、竹ノ塚、

リゾートでも東武動物公園、日光、鬼怒川温泉と古いもしくはマイナーなイメージのものが多い。

スカイツリーで逆転を狙っているところはあるでしょうが、根本には栃木への無償の

愛情のようなものがあるように感じます。区間快速は埼玉に入ると停車駅が極端に減るし。

本当なら東北本線と同じ上野に乗り入れたかったのでしょうが、浅草止まりになるのが悲しい。

でも珍しいタイプの私鉄だと思います。沿線開発と同時に網の目のように鉄道を敷いていった、

東急や西武などの首都圏大手私鉄と対照な存在に映ります。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月28日 (火)

自転車担ぎの可能性

山サイで自転車を担ぐのに、前三角に肩を入れたり、首を前三角に突っ込んだりというPhoto_r0012919

情報はありますが、完全に両手がフリーとなる担ぎとなると独学しかありません。

ぼくがとった手法は、荷物はリュックに背負い、そのショルダーベルトにシートチューブ

上端とダウンチューブ下端をそれぞれ輪行用ストラップでくくりつけ、

前輪は外して、フレームの背中と逆側に後輪にやはりストラップで固定するというもの。

ストラップはしっかり歯が噛んだ状態にしておかないと、徐々にずれてきてしまいます。

フレームとの固定場所はワイヤーなどがない部分を選ぶとトラブル防止になる。

両肩のストラップはなるべく短いほうが車体と背中がくっつき、行動しやすくなる。

理想はダウンチューブを水平にしてヘッドが下、後輪が上に垂直に立っている状態。

これでもフロントフォークの先が岩などにぶつからないよう配慮は必要です。

また上部の後輪も枝に引っかかりやすい。車体がずれてくると周囲との干渉は増えます。

重さは11kg程度なので100kgも担ぐボッカと比べようがありませんが、やはり辛い。

自転車が押せるところでは下ろしたほうが絶対楽なのですが、いちいち組み立てるのも面倒。

去年の清水峠はまさにそうです。自転車背負って安全にはなりますが、体力の消耗が大きい。

まあ背負うのに大した装備は必要ないので、万が一を考えて揃えておくのはありかと思いますが

ぼくはリュックが苦手で、ヒップバッグを常用しています。肩に荷重がかかると消耗する。

まあここらへんはケースバイケースで。長い上りがなければリュックもありかもしれません。

あと危惧するのはMTBの車体へのダメージが意外と大きい点。車体が視点より後ろにあるので

なにか引っかかっても何がどうなっているのかわからず、無理やり強行すると車体に傷がついたり

ブレーキホースを引っ張ってしまったり、ディスクローターを曲げてしまう可能性だってある。

フレームの強度もこうした加重のかかり方は想定していないと思いますので、

下手するとクラックが入ったりするかも。GPSも付けるのに適当な場所がなく、

タイツの肩紐に結びつけましたが、何かに擦れて表面保護フィルムが傷だらけになりました。

総じて、自転車を完全に背負うをいうのは特殊な環境のみ有効だと言えそうです。

3点確保が必要なやや難しい山にも入れますが、体力や車体へのダメージといったリスクも大きく

下りでほとんど乗れないような山だったら入山しないほうが賢明かもしれません。

にほんブログ村 MTB

2015年7月27日 (月)

三斗小屋温泉、大峠2日目

3時に一回目がさめ、頭痛がしたので薬を飲んで寝ると気づいたらもう5時。慌てて準備しPhoto_r0012959

朝食をとって精算して6:50に出発。大峠ヘは三斗小屋温泉跡まで下って旧道を登り返す

ルートも有りますが、既に山地図には記載がなく、不安なので宿から直接アプローチ。

ただ途中、赤岩沢を越えたところで岩壁にロープが垂らされている部分があるのを把握して

いたので、今回は自転車を背負うことにしました。中ノ沢を越えたところにも同様な箇所あり。

大峠までは標高で150m下り、3本の川を渡渉し、再び150m登り返します。

当初は楽勝かなと思いましたが、沢が絡むところまで降りてくると急激な昇り降りが増える。

赤岩沢は無事クリアするも次の中ノ沢では、半分渡渉したところで身動きがとれなくなりました。

自転車を降ろしていたら杖代わりになったでしょうが、仕方なく川の中を歩き、靴はずぶ濡れ。

峠沢の手前では三斗小屋温泉跡からの旧道の分岐点を発見。ここまでのアップダウンを考えると

旧道もありかも。ただそこから下の道は知らないし、下に行くほど沢は合流して渡渉は難しくなる。

背負った自転車は当初は垂直なるもだんだんずれてきて、斜めになったりする。

周囲に当たるようになり休憩も兼ねて背負い直すのですが、後半はこの作業すら辛くなった。

特に最後の登り返しはきつく、藪も増えてきたので途中からは自転車組立てて押しました。

藪の上に出て景色が広がり、ようやく大峠に辿り着いたのは9:40。実に3時間弱かかりました。

これは登山者の標準タイムの倍です。まあでもそんな感じではありました。

重い、ずれる、引っかかる、当たる、背負い直すの繰り返し。MTBへのダメージも結構あった。

大峠のある尾根を横断する部分だけ高木はなく、遠くまで見渡せます。

時間があったら大峠山まで登るかとも思っていましたが、恐らくそれくらいでは景観に大差ない。

ここから先は福島県。再び樹木のなかのシングルトラックを下りますが、なかなか乗れない。

ようやく乗れる頃になって、ダブルトラックのかなりがれた林道に出ます。

林道下りを楽しみますが、それも長くは続かず路面は舗装路へと変わります。

10:50麓まで降りきり、線路を越えたところで自販機休憩。見ると自転車は泥だらけ。

服にも結構泥が散っていました。この日は曇りでしたが路面はずぶずぶのウェットでした。

ここから線路沿いに走って3駅で会津田島駅、終着点です。線路沿いは川上村のようで牧歌的。

会津田島の国道沿いは衰退していましたが、駅は新しく充実していました。11:25着。

駅で切符を買うと、12:31の普通列車が一番早く着くというので、考えていた蕎麦はパス。

輪行して土産とソフトクリームと駅弁を買う。あとは濡れた靴下を履き替えたり。

列車は電化はされていましたが2両編成。これが途中で継ぎ足され6両にまで増えました。

5時過ぎに無事帰着しましたが、下界の何と暑いことよ。那須は天国のようでした。

このコースは上級者向けで、初心者は遭難する恐れがありますので、経験者と同行してください。

にほんブログ村 MTB

三斗小屋温泉、大峠1日目

峰の茶屋から三斗小屋温泉へは3年前に日帰りで訪れています。この時は大峠はパス。Photo_r0012934

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-bbdd.html

温泉に泊まりたかったのと、情報の少ない大峠へ行ってみたかったので再訪です。

結果的に初日のスケジュールは前回とほぼ同じとなりました。やまびこ203号で

那須塩原7:50着。ここから東野交通バスで那須ロープウェイ駅に9:20着。

新幹線では爆睡。バスは最大で乗客3名でガラガラでした。まあ天気も良くなかったし。

駅に着くと今日は天候が不安定だから注意をとのアナウンスが。小雨もぱらついてきました。

トイレに行って、登山届出して、土産を買ってリュックに自転車を括りつけます。

翌日の担ぎのシミュレーション。輪行用のストラップでフレームと前輪をくくります。

さて歩き出してみると結構重いし、ショルダーベルトが肩に食い込み呼吸も辛い。

ここらへんはストラップを短くすることで、翌日は幾分か改善されました。

天気は曇で時に霧雨。尾根に出るとすごい横風です。最初は肌寒かったですが、

すぐに汗だくに。こんな日でもハイカーさんはいて、声をかけてくださる。

9:45に出発して峰の茶屋へは1時間で到着。前半の階段と後半の強風がきつかった。

とにかく風よけに峰の茶屋の軒下のベンチに避難し、昼食を摂ります。

雨はほぼやんで、時たまガスが晴れる時があり、その時に東西の絶景を写真におさめます。

茶臼岳方面はガスがかかっていましたが、朝日岳ははっきり見えました。

遠足なのか小学生の集団がやってきたのを機に自転車を組立て出発。11:15。

避難小屋まで降り切ると雨も風もやみました。ただし路面はウェットで乗車できず。

ここで2匹の猿と遭遇。前回は三斗小屋温泉跡にて遭遇しました。前回遭った熊とは遭わず。

11:55に延命水到着。ここからようやく乗れるようになります。

また乗れなくなったりしながらも、12:25三斗小屋温泉到着。宿は大黒屋。

自転車は後に別館の玄関に入れてもらえましたが、それまで2時間雨ざらし。

チェックインはしたもののやることがない。携帯は圏外だし。頭痛がしたのでマッサージ

するも良くならず。標高1470mくらいなのですが、高さと気圧のせいなのか。

夕食を摂ったらとっとと眠ってしまいました。なにもしないのが贅沢なのかも。

このコースは中上級者向けで、初心者は遭難する恐れがありますので、経験者と同行してください。

にほんブログ村 MTB

2015年7月26日 (日)

三斗小屋温泉、大峠より帰着

知人でひとりしか越えていない大峠に三斗小屋温泉から直接行ってきました。Photo_r0012950

・1日目:那須ロープウェイ山麓-峰の茶屋跡避難小屋-三斗小屋温泉、大黒屋泊

・2日目:三斗小屋温泉-大峠-会津田島駅

・1日目:走行距離5.3km、獲得標高差397m、最高標高1736m

・2日目:走行距離27.2km、獲得標高差333m、最高標高1482m

■大黒屋、9500円(税込)1泊2食付き

三斗小屋温泉で泊まるとなるとここか煙草屋旅館しかありません。

どちらも山小屋と旅館を掛けあわせたような感じですが、大黒屋は旅館風、煙草屋は山小屋風。

ともに食事やサービスのネット上の評価が低く、ちょっと怖かったですが良かったです大黒屋。

食事は写真の通りで部屋出しです。夕食がちょっと足らない感じはありましたが、

文句をいうレベルではなく味も問題ない。ただ平日だったのでこれが土曜日だとわかりません。

大黒屋は2つの別館があるのですが、当日は本館の2階が埋まった程度でした。

温泉は内風呂がふたつ。露天は煙草屋にしかありません。檜風呂はかなり熱め。

岩風呂は逆にぬるすぎで中間がない。洗い場はありません。当然石鹸シャンプー類もなし。

トイレはヒノキの新しいのができていました。水洗で清潔感あり。

部屋は4畳半の和室。室内気温は夕方で21度程度で涼しかった。たぶん日照量が少ないのかと。

チェックインは14時から16時までらしいですが13時前でもOKでした。夕食17時、朝食6時。

清潔感はありました。滞在中に聞いた話では煙草屋のほうが比較的汚いらしい。

あと、帰りに買った会津田島の駅弁が美味しかった。かど家のおふくろ弁当。

ぱっと見でコメがないのが斬新。味噌田楽みたいなのも入っていました。会津風?

いや、行ってよかった。詳細はまた明日。

にほんブログ村 MTB

2015年7月25日 (土)

ブラジリア

都市計画をルシオ・コスタ、主要建築物をオスカー・ニーマイヤーが手がけたブラジリア。20150723_123732

クビチェックが首相に就任後、わずか5年の突貫工事で作られた人工都市ですが、

世界遺産に登録されています。近代都市が世界遺産になるのは異例だそうな。

ニーマイヤーによる建築は純粋幾何形体を採用して美しいのですが、街がデカすぎる。

クルマを前提としないと移動が困難なくらいで、カテドラルにせよ美術館にせよ、

平地にぽつんと建っているだけで、まわりには何もない。

こんなにスカスカなのに住居は不足していて、毎日周辺の街からの通勤客で、

慢性の交通渋滞が起こっていると聞いたことがあります。

ちなみに街に信号機はなく、それが市民の不満となっていることもあるらしい。

一度訪れたいなとは思っていたのですが、今回GoogleMapで見た限りでは、

インドのチャンディーガルの方が人が住まう街としては良く出来ていると感じました。

日本のつくばでも自殺者が続出したし、人工都市というのは難しいものです。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月24日 (金)

ブルーボトルコーヒー

第三次コーヒーブームも沈静化しつつある昨今、ようやくブルーボトルコーヒーに行きました。R0012912

当初は美術館からの帰路で神谷町のスタバに入るつもりでしたが、ブルーボトルの

清澄白河店を偶然発見。写真を撮ったりなかの様子をうかがったりしていると、

駐輪場ありますからどうぞと促され、混んでもいないので入ってみることに。

内部は入って右から奥にかけてカウンターが伸び、左手には立食できるほどの高さのある

テーブルと20脚近くのハイスツールがありました。奥のカウンターで注文会計し、

右のカウンターから名前を呼ばれ、商品を受け取るという仕組み。

ぼくが頼んだのはアイスコーヒー2銘柄のうちひとつ(500円)と種類が豊富な焼き菓子(200円)。

コーヒーは5分も待たずに出てきました。味はコクがあってまろやかなコーヒー牛乳。

焼き菓子は至って普通。これだったらスタバのほうがコスパがいい感じがします。

店内はお洒落ですが席が少なく落ち着かない。喫茶店とはまた違う。

コーヒーを飲みに行くというより豆を買いに行くような店なのかもしれません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月23日 (木)

オスカー・ニーマイヤー展

*オスカー・ニーマイヤー展/東京都現代美術館R0012904

 151012まで/10:00−18:00(−21:00金、9月まで)/月休、0924休/1100円

入場料を見て安いと思ったのですが案の定、展示は少なく企画展示室の地下1階のみです。

カタログさえつくられていません。ナディッフで1997年のギャラ間でのカタログを見ると

今回の展示範囲は網羅されているので、その時見た方には目新しさはないかも。

会場構成はSANAA。特徴的なのはスケールの大きめな模型。特にイビラプエラ公園

の模型は1/30で靴を脱いで上がれます。有機的形象のピロティがSANAAと被って見えますが

おそらく気候による要因が大きく、むしろ象の今帰仁村中央公民館が近いか。

あと見どころはドキュメンタリー映像。結構長いヴィデオでニーマイヤーのキャリアを

時間軸に沿ってほぼ網羅しています。基本的に貧困を嫌う自由人ですが、コミュニスト

でもあり、ブラジリアでは結果的に挫折し、軍事独裁政権時はパリに亡命しています。

最後の方にキューバのカストロ元議長との面談の映像がありますが、

結果的にキューバには移らず、ブラジルに骨を埋めたあたりは、

政治信条より創作環境を優先したのかもしれません。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月22日 (水)

代表作

分野によって事情は異なりますが、たいがいのクリエーターがそのキャリアの初期に

代表作を生み出しています。その後、2作目3作目と売れ続けると作品としてではなく

作家として認められ、長い活躍が期待されるようになります。

そこまで辿りつけないのが所謂一発屋。以前に日記で触れたことがあります。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-82dc.html

なぜ一発屋が多いかというと、人間は20代を越え、年をとるとともに脳力が落ちるから。

スポーツ選手や数学者などのケースがわかりやすいですが、建築・美術系でも

デッサン力、プロポーション能力、スケール把握力などの基礎は10代で学んで以降伸びない。

それ以降も認められるひとは、それなりの戦術を確立できたということなのでしょう。

一発屋はその死後であるならともかく、生きて制作を続けていく人にとっては、

長い下り坂を降りていくということで、なかなかに辛い体験となります。

建築だと自邸が代表作の有力候補になります。若くてカネはないが設計の自由度は高い。

しかしこれが代表作認定されてしまうと、上記したような苦悩が待っています。

まして名作なので増築ひとつでも細心の注意が必要となります。

東孝光さんの塔の家はほぼそのまま使われましたが、菊竹清訓さんのスカイハウスや

フランク・ゲーリーの自邸は果敢に増築にチャレンジし、残念ながら散っています。

この二人は建築界屈指の造形力を持っているにも関わらず、です。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月21日 (火)

今年のアプローチ緑化

近年は空前の植物ブームで屋上や壁面緑化が流行っています。R0012901

そんな状況にあぐらをかいて、今年の草むしりはアプローチ、中庭とも春にまだ1回だけ。

春に咲いて枯れるタンポポやヒメジオン、ヒナゲシなどをむしると、残っているのは

アプローチでドクダミとエノコログサ、中庭でイタドリとシダ類となっています。

アプローチの途中で茂っているのは、隣地から飛来した樹木。名前は知りません。

小さな実をたくさんつけていて、その重さで幹が右方向に大きく倒れかかっています。

ちょっと邪魔くさいですが刺があり面倒なので放置している状態。

6年前はこんなでした。

結構ワイルドになっています。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月20日 (月)

デザインビルド?

耳慣れなかったこの言葉、要は建築の設計施工一括発注のことを指しているようです。

工事迅速化が目的で、2020年の東京五輪の建築に採用されてきているらしい。

ちょっと待って。公共事業は設計施工分離発注が基本ではなかったか。

伊東さんのせんだいメディアテークでの批判に対する反論記事でもそう書かれていたはず。

まず入札が行われないなら競争原理が働かず、価格が高くなる傾向になる。

設計施工一括となるとまともな図面を引かない可能性も出てくる。

つまりきちんと部材や労務費を拾うことなく、どんぶり勘定になるのではないか。

検索すると、どうも10年ほど前に新たな法律が制定されたらしい。

こんなことになるまでJIAなどの建築家団体は一体何をしていたのか。

民間工事の現状を見るなら、この法律の流れは日本の設計事務所の緩やかな死を示唆する。

設計施工一括発注のメリットは工期短縮以外に手軽だという点が大きい。

今までは発注者としてある程度の役割や責任がありましたが、それから解放される。

今や殆どのゼネコンが設計部を抱えているので、民間工事でのゼネコン一括発注は多い。

これは住宅産業でのハウスメーカーの市場独占を見るとわかりやすいです。

一般に施主は、見積内容が曖昧で若干高くとも、また設計の自由度が低くても、

皆と同程度のグレードを確約してくれるなら、手間のかからないハウスメーカーに一括発注する。

そこには志がない。社会や文化に対する思考もない。ただみんなと同じであればいい。

しかし公共の建物までそうなってしまうと、日本の建築文化に未来はありません。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月19日 (日)

Japan scraps Zaha Hadid plan

新国立競技場については随分前から建築家同士で対立したり、ややこしいことになっていてR0012900

ちょっと距離をおいて眺めていました。ブログで触れたのは下の計3回。

2012.11.01

2013.09.08

2015.06.23

結局、設計者選定から白紙となりました。デザイン監修者に違約金とかの話もありますが

監修料として既に13億円が支払われています。総工費の1%ですが個人事務所としては

かなりの額の収入となります。今すぐ事務所畳んでも一生遊んで暮らせるくらい。

で、それに見合うだけの仕事をしたかというと、2回の設計変更を経ても予算の2倍になり

コストコントロールという点では失格です。まあ口を出せば出すほどコストアップにつながるので

ジレンマはあったかと思いますが、過去には大幅な予算オーバーで訴えられた事務所もあります。

とりあえず一回チャラになったことで、悪者探しのような雰囲気がなくなるのは良い。

ただ今度は失敗は許されないので、施主、設計者、施工者みな、当事者意識を持った人が

選ばれるべきです。個人的にはこれまで関わってきた人にはご遠慮願いたい。

かといってぼくみたいな経験値の少ない人はやはり門前払いでしょうから、

勝手にスケッチしてみました。白い逆円錐のマッスにスロープの斜線と緑がすっと入る。

−−
ニュースによると設計施工一括発注のデザインビルドで考えているらしい。
へ?それじゃブラックボックスだらけでどんぶり勘定になり、今回の二の舞いにならない?

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月18日 (土)

美談

米国の水族館が傷ついたイルカの子供を保護するも、尾びれが壊死していて切断手術。Winterthedolphinwithherprostheticta

その後無理な体勢で泳いだせいで背骨が変形を起こし、人工尾びれを開発することに。

人間の義肢を扱う会社が無償で協力し、1年半後に無事完成しイルカは今も生存しているそうな。

1年半も生きたイルカもすごいが、この美談により水族館の入場者数は激増したというから

イルカも水族館も、おそらく義肢製作者もすべてWinになるというストーリー。

一方現実社会はというと、例えば新国立競技場問題。8割もの国民が2400億もする

工事契約に反対している。見直すことになりそうですが、このままだとすべてのひと、

税金を納める国民、設計者、施工会社、JSC、役人、政治家すべてが不幸になるところだった。

別に悪の権化がいたわけではない。ただみんなひたすら責任から逃れようとした結果です。

イルカのストーリーは逆にリスクを承知で取り組む姿勢が見えていました。

美談は決して狙ってできるものではありませんが、ベースには仕事に対する真摯な姿勢が

不可欠なのだと言っていいかもしれません。

日本でも同様な話はあったようですね。

http://www.asahi.com/articles/OSK201311160008.html

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月17日 (金)

宗教

ぼくは無神論者です。神も仏も霊も存在しない。死んだら腐りゆく肉体になるだけ。

それで日常生活は問題ありません。だいたい日本人は宗教に対する考えが曖昧である。

問題となるのは法事です。葬儀をしたり、墓や仏壇をつくってお参りに行ったり、

定期的にお坊さんを呼んで念仏を唱えてもらったり。

疎遠になっている親から連絡がある時はたいがいこの手の話がらみ。

うちは2人兄弟でぼくらには子供がなく、弟は結婚すらしていません。

つまり後継者はいないので、いずれにせよ墓も仏壇もぼくが生きている間に処分する。

そういう話はすでにしていて、伝わっていたと思っていたのですが。

先日、1年ぶりくらいに父親から連絡があり夕食をとったのですが、

食事が終わったあたりから宗教論争が始まってしまいました。

死後の世界はあるとか言い出してさすがに黙って頷いてはいられませんでした。

結果としてはお互い屁理屈をこねくり回した挙句に決裂。やれやれ。

葬式くらいは故人の遺志と遺された者の傷を癒す場として尊重するので、

そこらへんでかんべんしてもらえないだろうか。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月16日 (木)

傷跡

昨日の日記で書いた、すねの傷跡。腫れもあってシャワーで水がしみます。R0012889_2
ドロップオフでフラペから足を踏み外した。

足の親指の先端は去年清水峠で負った爪の内出血。血は既に乾燥し固形物となってます。

さらに昨日は公園の階段下りを飛ぼうとして、

タイミングを逸して斜めに入り落車。肋骨も痛むぞ?

にほんブログ村 MTB

2015年7月15日 (水)

技練3ヶ月

MTBの技練を始めてから3ヶ月になります。時間は短いですが雨が降っていなければ

出撃するので、けっこうな頻度でやってます。

最近はもっぱら高めのステアケースとそこからのドロップオフ。

バニーホップはどうにもコツが掴めずに怠けがち。

ここ最近になってようやく車速が遅くとも、きちんと踏み切れるようになりました。

課題だった35センチのドロップオフもクリア。

ある帰り道。久しぶりにクイックな動作のフロントアップをしてみて、

これに踏切を付け加えると、あ、できたんじゃない?バニーホップ。刺し抜きで。

で、久々にビデオを撮ってみましたが、全然前輪が上がっていない。。(映像なし)

兎にも角にもフロントアップからバニホ練を再開しました。ハンドルの引きつけが難しい。




(音が出ます)
がむしゃらにチャレンジしていたら、ペダルを2度ほど踏み外し、

すねを削ってしまいました。傷口2箇所。コブあり。痛た。。

にほんブログ村 MTB

2015年7月14日 (火)

善福寺川公園

MTBの技練では4つの公園を使わせてもらっていますが、そのなかでも規模が大きく、150712_125601

人口密度も低く、重宝しているのが善福寺川公園。サッカーやバスケ、陸上の練習を

しているひとや、散歩する人休む人、音楽を奏でる人などが違和感なく混在しています。

居住環境的にも魅力的で、最近の猛暑でも木陰に入れば汗がすっと引いていきます。

樹木による陰、蓄熱しづらい土や水、植物、川を流れる水がもたらす涼しさなどなど。

ただデメリットもあって、最も注意すべきは川の氾濫であっという間に水位が上がります。

1階部分はRCでつくって、できればピロティにしておいた方が安心。

意外と見落としがちなのは公園からの歓声。特に子供の。あとは虫。池があるのでボウフラはいる。

屋外デッキなどを設けるときに気になってきます。木製デッキも日本だとすぐに腐ります。

少なくとも支柱や梁は鉄骨でつくっておいた方が無難です。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月13日 (月)

教職と僧侶

ともに人格としての適正を問われる職業という認識で、30年前からそう思っています。

昨日、ドトールが教職試験を受けるスーツ姿の学生で埋まっていましたが、

あの子どもたちが1年後には先生と呼ばれる職業に就くのですよ。考えられない。

医者や弁護士だって研修期間はあるし、一級建築士でさえ2年間の実務が必要です。

教育実習というのもありますが2−4週間と短い上、子供側もこれは模擬として捉えている。

だいたい教職に就きたいという人は、学校が楽しかったひとがほとんどでしょう。

学校嫌いやいじめられた生徒の感情なんて理解できるわけがない。

実際ぼくの知人で教職の道に進んだひとは、鈍感、単純というイメージが強い。

今はモンスターペアレントとかいますから、鈍感でもないとやってられないのかもしれませんが。

ぼくにとって学校は動物園のようなものでした。しかもライオンとシマウマが同じ檻にいる。

先生なんて何もしてくれないし、好かれてると思わないからハナから何も期待していない。

多くの人がネットで発信していますが、自殺するくらいなら学校に行かなくても良い。

公的なシステムもそれを許容するものになるべきだと思っています。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月12日 (日)

OSX 10.11パブリックベータ

OSX 10.11El Capitanのパブリックベータ版が配布されて好評のようです。20150711_165712

グラフィックはサクサク動くし、日本語入力は自動で変換されるし、

Yosemiteってなんだったの?という感じらしい。

ぼくがeMacを買ったのが10年前の年末。それがOSXとの初めての出会いでした。

その1、2年前に勤め先でillustratorを使っていた時はまだOS9で、

頻繁に出てくる爆弾マークやフリーズ、保存不可が恐怖でした。

あの頃に比べるとOSXは驚くほど安定しています。TimeMachineも出来たし

今の人には数時間かけた作業が一瞬にしてパーになるというイメージも湧かないのではないか。

OSもeMacの10.4と比べるとかなり速くなってる。特にプレビュー機能はもう手放せない。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月11日 (土)

気になるロックドラマー

ネタもないのでこんなお題で。
生年齢順、★は特に創造性を感じるドラマー。Bonzo

大御所

ニック・メイスン(1944−)

キース・ムーン(1946−1978)

ジョン・ボーナム(1948−1980)★

ビル・ブルーフォード(1949−)★

ベテラン

スチュワート・コープランド(1952−)★

ジェフ・ポーカロ(1954−1992)★

現役

チャド・スミス(1961−)

デイヴ・グロール(1969−)

テイラー・ホーキンス(1972ー)

ニックからジェフまで10歳差に収まっているのが意外。

ロックムーヴメントと丁度重なっていたからか。

ニックはもっと若いイメージだった。スチュワートが表に出てこないのは残念。

最も若いテイラーでさえもう43歳。ロックドラマーの系譜は風前の灯火。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月10日 (金)

ママチャリの世界

今、日本の自転車はスポーツバイクと廉価なママチャリに2極化していると思います。51mut3442dl

ただ前者が専門雑誌も専門店もあるのに対し、街の自転車店が淘汰された今、

ママチャリを買える場所というのは限られていて、専門知識のある店員もいない状態。

先日、マツコ・デラックスのマツコの知らない世界でママチャリが取り上げられていて

疋田さんや絹代さんが出演して、今どきのママチャリについて解説されていました。

その内容をまとめたサイトがこちら。

ママチャリは1万円ほどから購入できてそのほとんどが中国、台湾からの輸入品で

品質は必ずしも高くない。その点、この番組では丸石、ブリジストン、パナソニックと

日本のメーカーを推奨していて好感が持てました。最低3万円というのも納得。

特に子供ふたり乗せ自転車となると、フレームとシートの強度が求められる他、

ブレーキもそれなりのものをつけないと危険です。自転車の死亡事故を減らすには

ママチャリダーへの啓蒙活動も必要ではないかと思います。

にほんブログ村 MTB

2015年7月 9日 (木)

画像データ

このブログを開設してからは9年目ですが、本体のHPは実に17年前からあります。

過去のHPの沿革などについてはこの記事で触れています。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/hp-824e.html

事務所の営業補助が主目的だったので、最初から作品写真は掲載しています。

書式はそれ以降、何度も変わっているのですが、画像データは同じものを使っています。

当時はフィルムカメラだったのでポジを現像してスキャンするというやり方。

ただ当時は回線がISDNで遅く、PCの処理速度も遅かったので、

データは出来る限り軽いものが求められました。今の基準からすると寸法が小さい。

徐々に大きくはしていきましたが、あまり変えると統一感が失われます。

一方、最近は住宅作品の画像を無料で掲載できるサイトが増えてきていて、

そのうちのひとつから画像データが小さいとクレームがきました。

仕方なく昔のCD−Rから再度データを起こし直しましたが、これは最近の作品だから。

フィルムカメラの時代の作品となるとプリントから掘り起こさなくてはならない。

それもきれいな状態で残っているかは疑問。でもここらで一回、更新してもいいのかも。

時間はありますし、スキャンの性能も上がっています。.jpgもコピーで劣化するって言うし。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月 8日 (水)

S,M,L,XL+:現代都市をめぐるエッセイ

レム・コールハースによる20年前の著作の待望の和訳。このタイトルに+と付いているのに71v8ioeqz1l

読み終わってから気づきました。つまり原本以降の著作物も追加で収録されている。

それはいいのですが、引かれている部分もかなりあり、具体的なプロジェクトに言及する部分。

そうでないところでも図表や写真はほとんど省かれています。もはや別物と言っていい。

文章は象徴的で抽象的な語句で埋め尽くされ、翻訳によるニュアンスの脱落もあってか、

具体的イメージの喚起に乏しく、これはもう詩や預言の域にある。

錯乱のニューヨークの続編を期待するなら肩透かしを食らうでしょう。

同書が過去の分析であるのに対し、本書は現在と未来に言及したもので、

消費されるのを懸命に抗うかのように、その全体像はおぼろげです。

結局のところ、本書は魅力的なキーワードを提示するに留まっています。

ビッグネス、基準階平面、ジェネリックシティ?、ジャンクスペース?。

こうした語句がポストモダンのように共有化されれば様々な議論が期待できるのかもしれない。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月 7日 (火)

カナダ女子W杯決勝戦

美しく負けるというのは結果としてそうなることもあるが、それを目指すと不可能に近くなる。

日本は観客やメディアも含めて決勝進出で満足してしまったところはあったのではないか。

前回のW杯で優勝を経験した選手が多かった日本。アメリカは1999年以降優勝しておらず

特に前回大会では日本にPK戦に持ち込まれて敗北している。その雪辱を果たそうとする

選手は多かっただろうし、特にワンバックは最後のW杯になるのでなおさら。

日本と違ってアメリカは最後まで練習を公開することをせず、本気度が違った。

さらにスタジアムの9割はアメリカのサポーターに埋め尽くされほとんどホーム。

またラッキーな事に前半の大事な序盤で、日本陣営のゴールまわりが逆光になっていた。

そして立て続けの4ゴールのうち、たった16分でのロイドのハットトリック。

明らかにマークが甘かったし、そう気づいたら即座に補強すべきでした。

日本は対アメリカで何か策を持っていたようには見えなかった。

勝負というのは残酷なものです。その力の差は得点として明確に刻まれてしまうし、

90分を途中で放棄するということもできない。澤を安藤を決勝に連れて行くという美談も

大敗という現実にさらされ、色を失っていきます。

満足するというのは負けの始まりなのかもしれません。そういう意味では今年の

アルガルヴェ杯の9位というどん底はいい経験だったのかもしれない。

ただ最後のところで勝っても負けてもという日本独特の価値意識が出てしまった。

返す返すも残念です。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月 6日 (月)

GARMIN地図比較検討

UUDにアップデートを依頼したmicroSDの地図がようやく帰ってきました。R0012877_3

microSDの容量は2GBで時代を感じました。地図データは800MB弱でOSMと大差なし。

今までの走行ログも.gpxでここに保存されていました。写真は左がOSM、右がUUD。

で、UUDとOSMを比較してみたのですが、上の市街地ではUUDはバージョンが古いせいか、

300m単位の表示にズームアウトするだけで小道が表示されなくなる。細かな道路の間違いもあり、

また鉄道の表記は相変わらず見づらく、特にズームアウトすると場所がわからなくなる。

一方で下の山岳部はあまり差がありません。OSMの方が等高線はアバウトですが気にならない。

UUDでは登山道が実線になっています。これは読みやすいですが誤解もしやすい。

おそらくUUDの地図も最新のv5.0にすればデータもも966MBに増えるので改善している点も

多いのでしょうが、それに1万円をかける気にはなれません。10mの等高線もいらないし。

v5.0でさえも3年前の地図であることも気になりました。バージョンアップでまた出費する。

その点ではOSMの方が頻繁に無料でアップデートされているので安心感があります。

結論としてはせっかくアップデートして頂いたのですが、このmicroSDは使わず、

別途16GBのカードをポチりました。OSMのデータはここに格納します。

--
最新のOSMだと九州南端部から奄美大島までのエリアが欠けています。
バージョンをひとつ戻したものに差し替えました。

にほんブログ村 MTB

2015年7月 5日 (日)

長生きした建築家

50も越えるとどうしても早逝した建築家に目が行き、何度か記事にしていますが、

巨匠でもエーロ・サーリネンやエル・リシツキーも51歳で亡くなっています。
しかしこうした例は全体からすると少数です。

先日は東孝光さんが亡くなられました。順番が違うだろうと思いましたが81歳でした。

建築家というのは現役の長生きが多くて、普通の感覚とはちょっと違っています。

日本では槇文彦さんが86歳でまだばりばりの現役。村野藤吾は93まで生きた。

ぼくの知る最も長生きした建築家はオスカー・ニーマイヤー。104歳で最後まで現役。

他に100歳を越えた建築家は知りませんが、98歳まで生きたのがフィリップ・ジョンソン。

イオ・ミン・ペイは今98歳ですが健在のようです。

フランク・ロイド・ライトは91まで生きた。フランク・ゲーリーは今86歳で世界の最先端。

時代を変えたロバート・ヴェンチューリも90歳で健在のようです。

アーコサンティを率いたパオロ・ソレリは93、構造家のオヴ・アラップは92まで生きました。

みんな一種の宗教の教祖やマフィアのボスのような存在ですから、

ストレスを感じることが少ないんでしょうね。

ぼくはそこまで生きる自信はない。っていうか生きても時間が余りそう。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年7月 4日 (土)

信じる?

左目は開くのにどうしても右目だけ開かないという夢を見ました。

それは両目は開くのに身体がどうしても動かない、いわゆる金縛りに近い感じでした。

しかしこれは両者とも本当に目覚めた時に夢だったという感覚はある。不思議なものではない。

いつのまにかぼくは、霊もUFOも超能力もネッシーも信じない平凡な大人になっていました。

今でも信じている人というのはいるのだろうか?月探査をしたアメリカの宇宙飛行士には
神を見たひとがいるそうですが、これは想定外のストレスを受けた脳のエラーかと推測します。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年7月 3日 (金)

金のかからない趣味

仕事は実質的に引退状態。子供はなく、連れ合いも働いている。充分ではないかもしれないが
一応蓄えもある。到達していない目標もなく、あとは余生を穏やかに暮らしたい。
すると連れ合いと共有する時間や家事などを差し引いたところには趣味が当てられます。

穏やかに過ごすには一定のお金が要ります。また身体が健康であるというのは大事。
健全な精神は健全な肉体に必ずしも宿るとは思いませんが、病んだ身体は病んだ精神を引き込む。
病気になるとお金もかかるし。

つまるところ、趣味にはできるだけお金をかけずに、3食はちゃんと摂ってさらに運動も
加われば申し分ない。個人的欲求としては、今まで行ったことのないようなところに行きたい。
海外はカネがかかるし、海は船酔いするから、やはり山ということになる。

で、自転車なのは、バイクやクルマは税金やらガス代やら車検やらでカネを食うから。
最近良く見かける公園でのキャンプやバーベキューなんかはクルマが必須でしょうが、
大勢の人とワイワイやるというのがもともと好きではない。だから自転車というのもある。

知人の自転車店オーナーには済まなく思いますが、上記理由から自転車はほとんど自力でいじる。
パーツの購入も万を超える額ならまず精査して、最も安いところを選びます。
円安で国内の市場は活発化してきていると思いますが、まだ高額品は海外通販に頼っている次第。

にほんブログ村 MTB

2015年7月 2日 (木)

宇宙飛行士が教える地球の歩き方

著者のクリス・ハドフィールドはカナダの宇宙飛行士。3度の宇宙飛行の経験があり
今は引退して講演活動などを行ってるようです。現在56歳。

TEDでの講演のヴィデオがあります。この本からの抜粋になりますがシンプルで良い。
https://www.ted.com/talks/chris_hadfield_what_i_learned_from_going_blind_in_space?language=ja#t-636747

書籍の方は9歳で宇宙飛行士を目指してから引退まで、膨大な量の情報が詰まっています。81qlna1cnel_2
特にプロローグは宇宙飛行士として選ばれるまでの努力と結果が凝縮していて、
まるでシンデレラ・ストーリーです。本当に事実なの?と疑ったくらい。

それ以降は宇宙飛行士としての地上と宇宙での生活、トレーニングや事件事故など、
とにかくあらゆるものが饒舌に語られています。ページにして実に362ページ分。

少し躁が入っているのでは?と思うくらい常に前向きな思考で、
出来る人ゆえの性か、読者を置いてけぼりにするところもある。愚痴や弱音は一切なし。
そのせいかコロンビア号の事故についてはほとんど触れられていない。

まあ、物語の最後の長期宇宙生活からのリハビリでは人間的な面も見えては来ますが、
こんなあらゆる能力の天才の語る教訓など僕らの役に立つか、というのが正直なところ。

それより謎に包まれていた宇宙飛行の詳細な実態が記されているのが参考になった。
フリーフォールでもダメなぼくのような人間はソユーズの帰還カプセルには乗れない。
船酔いもしやすいので、おそらく無重力の生活も苦痛でしょう。

宇宙飛行のハイライトである船外活動の魅力もわかったような気がしました。
それは言ってみれば壮大な空間体験で、地球上で全く味わえないというわけでもない。

宇宙空間のきれいな風景をを埋め込んだ著者によるMTVがあります。自分好きなんだろうな。

2015年7月 1日 (水)

GARMINその後

UUDからまだmicroSDは帰ってきていませんが、ひと通りのことはできるようになりました。R0012873
GARMIN StorageにてGPSデータのアップロードもダウンロードも動作チェック済。

まずマウントアダプタ。旧タイプと比べるといかにも脆く、結束力も不足しているも
本体がだいぶ軽くなったので、まあなんとか我慢できるレベル。本体との脱着は
とても硬くて、仕方なく爪を削るも今度はかっちりとまらなくなった。あああ。

地図は無料のOpenStreetMapというものをダウンロードして使ってみています。
地名はローマ字表記。20mのラフな等高線あり。登山道もズームすると発見。

マップデザインは以前のUUDのものより洗練されていて見やすい。
特に鉄道がはっきり見えるのが嬉しいが、駅名がなかなか拾えないのが難点。

明日か明後日にはUUDからアップデートされたマップが届くと思うので、
切り替えてみて使いやすそうな方を選ぼうと思います。

あと、本体の表示は日本語化しました。ネットから2つのデータを見つけてきて
少し加工して本体にコピーするだけ。英文で慣れたつもりでいましたがやはり日本語はいい。
マップもUTF-8仕様のものなら日本語表記にできるそうです。

−−
GARMINをロードにも付け替えられるように、ボトルケージ用アダプタを噛ませました。

にほんブログ村 MTB

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »