« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

絶望感の話のその後

エアコン室内機、室外機は玄関にぽつんと置かれたまま。ぼくは自邸の工事を請け負ったR0013382

大工さんに電話して相談しました。電気屋さんに電話するよう言っておくとのことでしたが

大工さんは既に高齢で請負の仕事は辞めたので、直に話してほしいとのこと。

暫く待つも電話はないのでこちらから電話してみたところ、話は通っていたらしい。

ただ今は仕事が立て込んでいるから、調整がついたら電話するとのことでした。

が、それから4日経っても一向に連絡はありません。

一方エアコン本体の方は届いて8日までなら返品可能ですが、タイムリミットが近づいてきた。

そこでヨドバシにいつまでに連絡したら返品きくかメールを打ちましたが返答なし。

仕方なくヨドバシのサイトを見てお客さま窓口に電話しましたが、これは通販での窓口で

路面店で購入した場合、直接店舗へ連絡して欲しいとのことで、店舗からの電話待ち。

果たして電話をかけてきたのは工事代金の返金について機械的な電話をかけてきた例の人物。

嫌だと思いつつも返品の手続きをお願いする。もうこれ以上ヨドバシと関わりたくないので。

すると配送料はお客さまもちになりますがと抜かした。こっちは工事を拒否された立場で

勝手にものを置いて行かれて、持って返ってもらわないと困るのですがと半ギレすると、

その話はなくなった模様。返品は月曜の夜。例の業者ではない人に来てもらいます。

やれやれ、これでようやくチャラだ。電話した電気屋さんもやる気無いようだったので、

月曜までに連絡がなければ他の工務店の電気屋さんに頼もうかと思っています。

エアコンの発注からお願いしたほうが電気屋さんにもメリットはあるでしょう。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年8月30日 (日)

住宅の寿命

今回の件などで、空調機や屋外の木材はせいぜいもって15年だとわかりました。

あとは外壁がだいぶやつれています。汚れ、反り、シールの劣化。

即座に漏水等につながるものではありませんが、気にする人には交換時期かも。

ただ、この工事は外周全般に足場が必要になるので、結構な手間と額になります。

安価な硬質木片セメント板を選びましたが、アスロックにしておけばメンテフリーになったかも。

浴室でのフレキシブルボードはカビが発生したので、同様な可能性はありますが。

それ以外に関してはまだ全然いけると思います。死ぬ前、病院に入るまであと20数年。

実家は築48年ですが、軒の出が大きいのが幸いして目立った問題はないようです。

建具は木製なのですが、歪むことなく作動している。

これは人が住んでいるから、とも言えるでしょう。ぼくの祖父母の家は築60数年で

取り壊されましたが、最後の方は1階は無人な状態で、庭の手入れもしていなかった。

結果的に空気がよどみ、基礎が腐って建物が歪んで建具が動かなくなったりしました。

そういう住み手の事情により壊される住宅は多いと思います。

ぼくの実家も相続の段になったら恐らく売却され、更地になるでしょう。

あと、周囲の環境の変化によって住みづらくなるというのもある。

自宅の西側敷地は最近売却されたので、恐らく大きめなアパートが建つでしょう。

北側に関しても同様です。開放的に作られた住宅が陥りやすい落とし穴です。

それと、日本人全般が西欧と比べて長持ちする住宅を欲していない傾向はある。

もともと地震が多い国なので、壊れたら建て替えるという風習が残っている。

プリツカー賞をとった建築家の妹島さんも坂さんも、耐久性からは遠いところで評価されてる。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年8月29日 (土)

宇宙飛行士になりたかった

宇宙飛行士になりたかった〜夢への挑戦から6年〜というNHKのドキュメンタリーを見ました。B2921010_main

宇宙飛行士が教える地球の歩き方、でファンタジーのように描かれた選考試験の裏側。

JAXAが公募した宇宙飛行士枠の最終試験である密閉空間での集団生活に臨んだ10人。

合格者は油井さん大西さんと補欠合格の金井さんの3名。敗れた候補者のその後を追う。

補欠の2番だった海上保安官は職場に戻り、より厳しい環境にある沖縄基地へ配転を希望する。

緊張感のある職場環境にないと逆にダメになってしまうと思った印象。

試験を通じて高評価だった10名中唯一女性の産婦人科医はショックで家に引きこもってしまう。

その後は職場復帰し結婚して、それまで考えたこともなかった出産に踏み切る。

比較的試験の初期に落ちたと思われる油井さんの同僚の自衛官は退職し、数学教師になる。

そこで子供に宇宙への夢を語り、意欲のある子供の後押しをする。

後者の2名はストレスに弱いという点で、合格者よりは劣っていたのではないかと思います。

が、補欠の2番の男性にはそれもなく、もうひとりの落選者とのふたりは天才肌という印象。

(このふたりは6年前に密着取材を受けていた、と後で知る。可能性はあると感じます。)

いずれにせよ、人間的完璧さを究極に求められ、選ばれながらも最後に数値で示せない形で

落選を通達されるというのは、想像以上の辛い体験なのだろうと思います。

そこまですら行けないぼくら凡人はそういう意味で楽な人生を送っている。

もっとも生まれついて凡人と自覚する人はなく、幼少の頃は誰もが万能感を持っているものです。

ぼくの場合そういうのが完全に吹っ切れたのは40を過ぎてからです。

そんな遅い再スタートでも生きがいのようなものを得ることが出来たのは幸いだったかもしれない。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月28日 (金)

お金を払ったら絶望感が返ってきた話

エアコン故障の話。連絡してから3日後に来たPanasonicの人は案の定、基板が壊れていてR0013366

修理不可を言渡していきました。出張料3780円。すぐさま新宿のヨドバシカメラに向かう。

エアコン売り場は客がいなくてガラガラ。声をかけた店員も覇気がなく売ろうとする姿勢が見えず。

いろいろと状況を話すと本来であれば1回現場を見させてから見積もりという形になり

場合によっては追加工事料金も発生するとのこと。まあここで一応忠告はされてた。

しかし15年前に違う家電量販店で据付工事をお願いした時は問題なかった。

心配していた隠蔽配管についても付帯工事ということで対応可能となっていた。

その後、製品を選び、支払いを済ませ、工事は翌日の朝に連絡を入れるとのことでした。

その朝、電話をかけてきたのは素直そうな若者で、少し安心していました。

が、昼過ぎにやってきたのは何処かやさぐれたような業者2人組。

今ついている室内機を見た途端にこれは工事できないと言われました。

なんでもここ数年で変わったことで、予め施された電気配線を継ぎ足して延長する

という施工が製品に影響を与えるため、1年の保証が効かないので上から止められていると。

現状ではそういう施工になっていて15年間異常はありませんでした。製品本体の1年保証さえ

あれば、工事に関する保証はいらないと言ったのですが聞く耳持たず。

エアコンの室内機と室外機の箱を持ってきてどこに置きましょうって、帰る気まんまん。

その直後、ヨドバシから電話があり工事料金の払い戻しなどについて事務的に伝えられる。

要は金返すから来いと。工事に関する話は一切なし。

そもそもぼくがなんで家電量販店でエアコンを買ったかというと、建築工事の電気屋さんに

頼むより安くなるからでした。それが当時のコストカットのセオリーだった。製品価格はともかく

工事料金がその頃はただみたいなものでした。

が、このビジネスモデルは今や破綻をきたしているようです。工事料金は以前より

確実に上がったし、電線の継ぎ足しの件にしてもこれは施工不良が多発したからではないか。

家電量販店はそうしたリスクを回避する方向に大きくかじを切っている。

売り場が閑散としていた理由がわかった気がしました。時代はいつの間にか変わっていた。

もうお客さんに家電量販店のエアコンは勧めません。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年8月27日 (木)

結露受け

結露というのは冬の暖房使用時などで、室内外の気温差が発生した時、R0013363

屋内側で空気中の水蒸気が冷やされ、ガラス面やサッシュなどに水滴が発生することを指します。

そのままにしておくとカビが発生したりするので、サッシュには結露を排水するルートが有ります。

今回、意外な形でサッシュの結露受けに注目したのは、洗面所の窓の網戸でした。

今は折りたたみ式の網戸もありますが、当時は内開きのものが一般的でした。

開き方は左右で選べるのですが、特に指定はしませんでした。洗面所とトイレの2箇所。

この洗面所の方で使い方が明確になるに連れ、網戸の開きが邪魔になってきました。

当初、洗面所には鏡も棚もなく、住み始めてからなんとなく左手に付けるようになった。

これはコンセントを左に設けたからかもしれません。

しかし網戸は左開きで、コンセントに電源コードを差したままだと干渉します。

長いことその不自由を受入れてやり過ごしていたのですが、ふと網戸を180度回転させれば

開き勝手が逆になるのではないかと思いたち、実際にそれは可能でした。

ただ、上下で1点だけ違うプラスチックのパーツが有りました。それが結露受け。

網戸の手前側の結露を屋外まで流せるようになっていました。

さすが日本のメーカー、よく考えるわと思いましたが、網戸の両側で温度差は発生しません。

逆にそのためだけに網戸は単純に反転して付けることが難しくなっている。

まあ、結露受け部分の隙間をテープで塞げば済む話なのですが、優先順位が違う気がします。

それは、サッシュのはめ殺し窓部分には結露を流す仕組みが一切ない点にも言えます。

一生懸命考えているようでいて、実際は抜けが多い。今は排水弁が付いた製品もあるようですが。

にほんブログ村 MTB

2015年8月26日 (水)

グローブ補修

MTBで重宝している661のRajiグローブ。薄くてグリップが強くダイレクト感がR0013362

あるのですが、ぼくの乗り方に癖があるらしく、左手の親指部分がほつれてきました。

場所は親指の人差し指に面したあたり。よく使うリアシフトは右指なのになぜ?

とりあえずビニールテープやカッティングシートを巻いて応急処置をするも、

やはり結構な力がかかるらしく、ねじれてすぐに剥がれてきてしまいます。

そこで出てきたのが100均で買った軍手。主に草むしりに使っていて、

右手の人差し指や中指の先端に穴が開いてダメになったものが幾つかあり、

それの親指部分を切り取ってかぶせ、77のスプレーのりで接着しました。

近くで見ると違和感ありますが、遠目に見るぶんには問題なさそうです。

にほんブログ村 MTB

2015年8月25日 (火)

グリップ

2年前に購入したMTBのAnswerのハンドルバー。直後の山サイ下りで取り回しがR0013361

しんどく感じ、685mmのものをカットして650mmで使っていました。

最近になってトリックの基礎練習を始めてから、ハンドルを引き付けやすいように

ステムの長さを70mmから35mmに変更したところ、手元にゆとりができて、

バーのカットした部分を接着して、685mmに戻しています。その方が安定感も出る。

この接着というのはアロンアルファによるものです。接着面が薄いにもかかわらず、

結構長いこと持ちましたが、ドロップオフ練で落車した時に右側がもげてしまった。

グリップは内側のリングでも締め付けているので、突然抜けるような致命的な

問題は起きません。ただ握っていてグニグニするのが気持ち悪い程度。

もちろん再度接着は試みたのですが、グリップをはめる段でことごとく剥がれる。

接着部をヤスっても、加熱しても、1日放置してもダメ。テープを貼るとグリップが入らない。

で、最後の手段、FAXリボンの段ボールの芯に紙を巻き付け、系を調整して、

それをスリーブとして接続しています。これでダメならお手上げ。買い直すしかない。

にほんブログ村 MTB

2015年8月24日 (月)

エアコン故障

2階リビングのエアコンが故障しました。室内機は問題ないのですが室外機が作動せず

風は吹くものの冷風にならない。土曜の夜の7時過ぎでしたがメーカーに電話して修理は火曜に。

このエアコン、もう15年使っていますが初期の冬に1回故障していて、その時は室外機の

基板をそっくり入れ替えました。今回もそうなる可能性は高いですが部品がまだあるか。

Sanyo製なのでメーカー名からしてもうありません。修理はPanasonicが行います。

事務所のエアコンは富士通製ですが、5年前の冬に故障、修理しています。

こちらはまだ大丈夫そうですが、リビングのは見るからに満身創痍。買い替えもありか。

2階のエアコンが夏に駄目になると昼間の床の蓄熱が取れず、暑くて眠れません。

故障初日は連れ合いの部屋の細い通路で寝ました。日月からは暑さも一段落しそうですが。

思えば、昔からの4寸勾配の切妻や畳とかって日本の風土に馴染んでいる。

屋根と天井の間に屋根裏があることでそこがひとつの断熱層になり2階床まで輻射熱が届かない。

もし届いたとしても床の畳は空気層を多分に含んでおり、蓄熱せず快適です。

また昔の農村部は犯罪率が低く、始終窓を開け放しても問題なかった。

熱い飲み物の表面を吹くと冷めるように、常に空気が流動していれば蓄熱は防げる。

問題は都市の住宅密集地で、高さ制限から屋根が削られ、狭小の敷地が軒の出を小さくして

壁への蓄熱が増え、犯罪が多いから昼も夕も窓は閉めっぱなしになる。

もちろん完全空調をすれば環境は保たれますが、エコではないし自然との対話もない。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月23日 (日)

NANAからの10年

10年前にまさに1回限りのギグのような映画、NANAが公開されました。51skepxy7el

メインキャストは皆20歳前後で、世に出るパワーが炸裂して遂には分解してしまいました。

この1年後に続編が作られましたが、何人ものキャストが交代し、そうなるべく見えた。

大崎ナナ:中島美嘉(32)

この映画を決定づけたのは中島の歌唱力とステージング、hydeによる楽曲でしょう。

演技はうまくない。以降音楽に重きをおいたのは正解。ただこの主題歌GLAMOROUS SKYは

中島唯一のシングルチャート1位の曲。必ずしも中島らしくないこの曲は負の遺産の面もあるか。

小松奈々:宮崎あおい(29)

この映画は宮崎扮するハチが過去を振り返るという形になっていて、実質的には主役。

が、映画賞のほとんどが中島に与えられたことに納得していないのではないか。

キャリアもあり演技もうまいのでなおさら。wikiの中島の交友関係に宮崎の名はない。

本城蓮 :松田龍平(32)

デビュー以来常に注目されるもなかなかはまり役に巡り会えなかったが、蓮は当たりだったと思う。

しかし続編はなぜか降りてしまい、それがまた長い放浪につながってしまった。

高木泰士:丸山智己(40)

スキンヘッドにサングラスという扮装だったのでその後は全く知らず、wikiで引いてみると

結構最近のドラマに出ている。現在の髪のあるプロフィール写真はほとんど別人。

寺島伸夫:成宮寛貴(32)

それまですぐにキレる不良という役が多かったが、お調子もののこの役は当たり、続編にも出た。

その後も役の幅を広げていくことに成功している。

岡崎真一:松山ケンイチ(30)

実質的にこの映画がデビュー作のようなもの。いろんな役をそつなくこなして重宝されるが、

平清盛でどん底も味わう。今放送中のど根性ガエルも視聴率が下げ止まらない。

遠藤章司:平岡祐太(30)

さわやかなイケメンだが小泉孝太郎とイメージがかぶる。さらに本作での浮気の誘惑に負ける

弱い男のイメージが一般に定着してしまったかもしれない。

川村幸子:紗栄子(28)

ハチから男を奪い取る悪女の役。その後実生活でのトラブルが同様のイメージを引き起こし

特に女性からなにかと糾弾される存在になってしまった。

概してみんな見た目は10年経っても変わらない。20代というのはそういう時期なのか。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月22日 (土)

芸人デザイナー

デジタル化以前のデザイナーを職人とした上で、今のデザイナーをこう表現した文章。

https://note.mu/metakit/n/n91681cf9ae75

共感できるところは多々あります。ぼくが就職した時はまだ図面は手描きの時代でした。

今回の佐野研二郎さんは名前を初めて耳にしましたが、氏の後輩である森本千絵さんは

昨年末にたまたまEOS M2のCMの絵コンテをネットで見て存じ上げていました。

http://cweb.canon.jp/eos/special/m2sp/storyboard2/

驚くほど下手な絵ですが、映像化されたCMはこんなふうに仕上がってます。

https://youtu.be/RR0RXnNo_Ds

構成はコンテに沿っていますが、テイストは全くの別物。コピーは意味不明なまま。

せっかく起用した新垣結衣さんがきれいに撮れていないし、なにより製品の魅力が伝わらない。

森本さんは当時38歳(現在39歳)でムサビの客員教授。2011年には雑誌penが1冊かけて

特集を組んでいます。昨年はド派手な結婚式を挙げてその写真もネットで見ました。

なんというか、技術とか美的センス以前に人脈などで成功が約束された人なのでしょう。

字とかスケッチとかデッサンとかはうまくなるには地道な努力が必要です。

他の誰かに代わりにやってもらうことは出来ない。ヘタウマな絵を描く人だって

基礎はきちっと訓練している。それが以前はあたりまえのことでした。

今の人はそこがごっそり抜け落ちている。だから見たものを取り込んで自分なりに消化して

使うということが出来ず、そのまんま流用してしまうからパクリの問題が出てくるのかと推測。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年8月21日 (金)

facebookのパスワード漏洩

MBAを立ち上げると、facebookのパスワードというタイトルで、“システム環境設定”で

“taki@studio-blank.com”のパスワードを入力してください、というポップアップが出ました。

何も考えず、そのまま入力し、少ししてからfacebookにアクセスすると、台湾のあたりから

違法なアクセスがあったとのこと。案内に添ってパスワードを再設定します。

台湾からのアクセスは拒絶されたようで、これで一安心と思っていましたが、しばらくすると

また同じ内容がポップアップされる。キャンセルすれば無害なのですが気持ち悪い。

facebookのサイトに行ってウィルスチェックにかけると、マルウェアにかかっているとのこと。

しかし常駐させているAvastもその後ダウンロードした2つのアプリでも感染確認できない。

その後ネットで調べまわって、これはマルウェアではないというサイトを見つけ、

ライブラリ内のデータを削除してみましたが、まだ出る。Safariが起動してなくても出る。

もうひとつ、アップルのフォーラムのディスカッションを元に、システム環境設定から

パスワードを再入力。さらにfacebook登録時のメールのIDからログイン。今ここです。

これで解決してくれるといいのですが。今週はいろんなことが一段落して、気が抜けていました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月20日 (木)

ムーミングッズ

フィンランドに行ってひとつわかったのは、ムーミングッズが日本と全然違うこと。R0013356

同じなのはおそらくアラビア社のマグカップくらいで、日本に出回っている製品の

ほとんどは中国製で、それらはフィンランドでは見かけませんでした。

写真のバスタオルとトートバッグは現地で買ったもの。右下の青いハンカチは中国製。

ただ中国製と言っても企画デザインは丸眞という名古屋の会社が手がけている。

ハンカチは細やかで可愛らしくいかにも日本人好みな一方、

フィンランドの2点は色彩感覚が流石で、拍子抜けするほどシンプルです。

これは日本と違って日常での使用を考えているからかもしれません。

ここらへんは流石、北欧デザイン。列車に施された緑色のグラフィックもきれいでした。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月19日 (水)

外人さん?

最近はなにかと大人数のなかにほとんど初対面で入って行く機会が多く、

よくしゃべる社会的な人間ではないですから、ちょっと独特な視線を向けられます。

あれはなんなのかと考えてみましたが、恐らく日本人のコミュニティに紹介された

日本と自転車が好きな外人さん、のように見られているのではなかろうか。

共通の話題を見つけて仲良くなるというケースは少なく、ぼくは違いに目が行ってしまう。

で、自分の知らないことを教えてもらったり、逆に教えたりして関係をつくる事が多い。

そこでの関係性はほぼフラットです。社会的に切れているから上下をつけようがない。

と、なると女性のほうが話をしやすかったりもします。興味を持ってくれる方も多い。

一方、田舎の歳召した男性などだと、上下関係にこだわる上、閉鎖的なのでなかなかなじめない。

でもまあ外人さんでも悪くはない。そこに敵意さえなければ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月18日 (火)

興味ないスポーツ

ネタもないので。

親がゴルフ以外のスポーツを見ないので、ぼくがプロ野球やプロレスを

見ないのはその影響かと思っていました。時代劇なんかも同じ。

しかしぼくがツール・ド・フランスに興味が無いのは理由が見つかりません。

今でこそMTBばかりですが、2007年から2010年くらいまではロードがメインでした。

同じようなスポーツのF1は見るところから、想定外のアクシデントが少ないからかも。

アクシデントが起きても絶対的な速度が低いので、ダメージは少ないです。

その点、MTBのダウンヒルは落車が派手で、見ているぶんにはワクワクする。

ぼくはスリルがないものには面白さを感じないのかもしれません。

にほんブログ村 MTB

2015年8月17日 (月)

ワルナスビバスターズ

ワルナスビとは繁殖力の高い外来種植物で駆除の対象になっています。R0013351

都立六道山公園の草取りボランティアから西多摩MTB友の会に共同活動依頼がきました。

きれいな花を咲かせるのですが、茎には刺があり駆除を困難なものにしています。

当日はぼくらMTB部隊が10名ほど、総勢で30名ほどで公園内を手分けして作業しました。

午前の部では2時間ほどの作業。しかしこのところの猛暑で汗だくになりました。

駆除の対象植物は他にも幾つかあったのですが、知識に乏しいためぼくはワルナスビ専門に。

前半にこの辺りと言われたところで小さな個体を幾つかむしるも、移動すると発見できなくなる。

後半に入るところで再度、繁殖ポイントを教示いただき、藪を分け入って行くと、

徐々に個体の大きいものが見られるようになり、花を咲かせたものも。

次から次へと出現し、こりゃきりがないなと思ったところでタイムアップ。

最後はひろばでスイカやトマト、麦茶などをごちそうになり各グループの発表。

そのあとで記念撮影をして午前の部は終了となりました。ぼくはここで離脱。

ワルナスビは初めて聞き、目にしましたが、うちに自生している雑草にはない。

刈ると独特な香りがします。しかし真夏にあの作業は大変だ。

それもボランティアでやっているのだから恐れ入ります。六道山公園は愛されてるな。

友の会では作業前と作業後にライドイベントが催され、ぼくは前者に参加。

そのため出発は朝早く、5:50頃となりました。多摩湖の麓には7時着。集合時間の1時間前。

コンビニで休憩を入れ、その後はGPSにナビをさせたのですがダメダメ。

多摩湖、狭山湖周辺の小道は道路扱いされていないものが多いのが原因か。

途中迷ったりしながらも7:50になんとか集合場所の塔の公園に到着。

ライドは基本的に知っている道でしたが、向かいの山に登ったのは初めて。

結構景色の良いポイントが有りました。外周路で公園まで戻り、これも途中までは

知った道で、ボランティア作業のベースとなる里山民家まで下ります。

作業後の離脱は12時半。当初は武蔵野うどんのきくやに行くつもりでしたが、

どうも間に合わなそうなので、外周路を戻ってかたくりの湯へ。12:50着。

混んでました。レストランは満席。とりあえずトイレに行ってから温泉に入ります。

タオルとTシャツは汗だくになっていたので、ともに水で洗いました。

出た頃には1名であればなんとかレストランに座れ、かわりに村山かてうどんというのを食す。

田舎風肉汁うどんといった感じで、これはこれで美味しかった。

再出発は14時。17時には夕食に出ますがなんとか間に合いそう。

30分後に通ったきくやは案の定、暖簾が下げられていました。

さほど暑さは感じず、順調だと思っていたのですが、途中から妙な汗をかく。

それとメッセンジャーバッグと背中の間がすごい熱を持っていました。

14:50花小金井のコンビニでトイレ休憩&補給。トイレでは自らの熱でメガネが曇る。

結局30分近く休んで、その後は抑えて走るようにしました。買い出しをして帰着したのは

16:20。内臓が完全に熱中症状態でした。危ない危ない。

走行距離:76.7km

獲得標高差:530m

最高標高:209m

にほんブログ村 MTB

2015年8月16日 (日)

今年は鳥海山

5月頭に書いた今年の自転車の予定のうち、ふじてん、石尾根、三斗小屋の3つはクリア。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-5d3b.html

フリーライドアドベンチャーズは結局希望者がおらず、見送る可能性大。

で、レース系はADV富士見が今年は8月開催となり、もう一週間後なのですが、

いまだに続く猛暑でまともに走れていないのでパス。9月の王滝もどうかなと

思っていたところ、10月の鳥海山にお誘いいただきました。

鳥海山は60km、100km、160kmがあり、今考えている100kmだとダートは半分くらい。

獲得標高差は約1800mで2355mの王滝よりは幾分かマイルドです。CPでの補給も充実している。

ただ場所は遠く、鉄道で552km。新幹線でいうと丁度、東京−大阪間と同じです。

上越新幹線と特急を乗り継いで実に6時間。でも宿は1泊にして当日に帰ってくるつもり。

帰りの列車も気になるのですが、天候の方がさらに。去年の富士見は10月開催で、

台風が直撃したためDNSとなりました。9月よりはいいかと思いますが、交通費や

エントリーフィー、宿泊代などばかにならない額になるので出欠は早めに判断しようと思います。

−−
鶯川大橋が不通で10kmほど距離が伸びそうなのも心配。

にほんブログ村 MTB

2015年8月15日 (土)

20万円の写真集

建築家ペーター・ツムトアの洋書の写真集がAmazonで約20万円の価格がつけられています。71yt9hxnvkl

タイトルはPeter Zumthor WORKSで著者はラース・ミュラー。1997年発行。

なんでこんな高額がついているのかはわかりません。タイミングとしては

テルメルバード・ヴァルスが竣工した時で、収録作品はさほど多くないはず。

建築好きのお金持ちが買っているというのならわかります。しかし自らがクリエイター

だったり、それを目指したりしているのであれば、その投資は全く無駄だと思います。

何度も書いていますが建築と建築写真というのは全くの別物です。写真と図面を穴の

あくほど見つめても、到底実物の体験には及ばない。つまりそれが傑作であるかどうか

でさえ、実物を見ずしての判断は不可能です。

ぼくはツムトアの作品は見たことがないので、評価は保留となったままですが、

ツムトアのファンならそのカネでスイスに飛んで、実物を飽きるまで堪能すればいい。

これも前に書きましたが、写真は嘘つきです。見る者に違和感を与えないよう、

あおり補正をしているし、余計なものは画角から外している。場合によっては加工するケースも。

例えばこの前のフィンランド旅行でトゥルクの墓地礼拝堂とタンペレのカレヴァ教会は

雲泥の差があると思いましたが、写真ではわからない。もっともなテキストをつければなおさら。

写真は実物を見た上での記憶のための資料です。いいなと思ったり絵になるなと思ったシーンで

写真を撮っておくと、あとからその分析が可能です。スケッチもあるかと思いますが

効率が悪い上、空間を感じる距離感では構図を押さえるところから困難が生じます。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年8月14日 (金)

紙の月

昨日の日記でちょっと触れた角田光代の小説、紙の月の映画化。126分もあるのに71iglfo25ml_sl1132_

何を流していたのっていうくらい内容が薄く、原作の良さがかき消されてしまっている。

基本は不倫相手に貢ぐ女性銀行員による横領事件なのですが、作者はお金を介在してしか恋愛ができなかった

という能動的な女性を描きたいという思いがあった、とのこと。小説は読んでいませんが、

主人公が次々と犯罪に手を染め、変貌を遂げていく姿を疾走感を持って描いているらしい。

しかし映画版にはディテールの描写がほとんどなく、何の変哲もない横領事件にしか見えない。

久々に見た宮沢りえがどんな変化をするのかと思っていましたが、最後まで中年のおばさんだった。

浮気相手の大学生も気味の悪いストーカーにしか見えない。

消えたディテールを挙げるなら過去裕福だったという主人公の設定。最初に会った時、いいなと

思ったんだ、という大学生の台詞。夫のしらしめの言葉や態度も笑って流せるようになった

という主人公の変化。梨花さんとお金があるからいっしょにいるように見える?

僕は何を買ってほしいとか言ったことがある?という大学生の台詞。同じくお願い、

ここから出してと泣いた、という大学生からの別れ言葉。逃亡先のタイでパスポートの提示を

求められた時、つぶやいた最後の言葉、私をここから連れ出してください。

これらがないから主人公と大学生が何故惹かれ合って何故別れたのかがわからない。

主人公と大学生の関係がほとんど描かれない代わりに、映画版ではオリジナルで同僚銀行員

2人を登場させ、横領が発覚するまでのスリルを描いている。これではほとんど別物です。

更に納得いかないのは横領を罪と描かない場面展開。終盤で逃げる主人公が同僚に対し、

一緒に行きますか?と上から目線の台詞。子供の頃、募金をするために父親の財布から

5万円を抜いたという過去。逃亡先のタイで、募金をした子供が成長した姿と対面する救い。

観客をスカッとさせたかったのかもしれませんが、これはダメでしょう。犯罪者に共感は出来ない。

こんな映画が映画賞って、日本映画の評論は自己癒着でもおこしているようにしか見えない。

小林聡美については、かもめ食堂で選ばれず、本作で助演女優賞などどう考えてもおかしい。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月13日 (木)

沈まぬ太陽

たまたま航空機事故について検索していて丁度30年前の出来事だとわかった123便の事故。71ecvkdaul_sl1443_

山崎豊子による事実を元にした小説、沈まぬ太陽は5巻にも及ぶということで、かわりに

2009年に映画化されたDVDを借りてきて視聴しました。こちらも202分と長い。

その前に見た角田光代の紙の月のように原作がわからなくなるくらい薄まされる

ということもなく、少なくとも再現範囲は原作におおむね乗っているようです。

ただ、主人公とその家族、遺族、新たな会長以外は皆悪人という描き方はちょっと極端か。

大学病院の医局という制度悪を追求した白い巨塔と同じ手法は無理があるような気がします。

ぼくは123便の事故を引き起こした制度を問い詰めるのかと思っていましたが、

追求されるのは労働組合員に対する差別とか、粉飾決済だとか、投機的資金投入とか。

言ってしまえば企業のありがちなブラックな側面で、そこで正義を振りかざされても虚しい。

そうした汚職を虱潰しにすべく国有化した共産主義でも結局、それを上回る汚職、

しまいには粛清まで引き起こしたのはソ連、カンボジア、北朝鮮などが実証しています。

結局ぼくらは比較的ベターかと思われる今のこの社会でうまくやっていくしかない。

そこでの若干のグレーはそれこそ清濁合わせ呑まないとやってられません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月12日 (水)

GPSログと登山道表示のずれ

写真は三斗小屋温泉から大峠までのログ(ピンク)と登山道表示(点線)です。R0012969

上下端では合流していますが、途中はかなりずれたものとなっています。

地図はOSMですがUUDの地図でも同様なところを見ると、国土地理院の地図から

こうなっていたのかと想像します。間違った表記なのか登山道が付け変わったのか。

現地を歩いた感じからすると、後者の可能性は低そうです。

去年まごついた清水峠のログは登山道表記と合っていました。今回がたまたまなのか。

登山の本を読むと、地図は必携なるも携行品にGPSが挙げられる例は少ない。

緯度経度が表示され、現在地が数値で把握できるにも関わらず。

もしかしたらそれはこうした誤表記が起きる可能性があるからではないのか。

で、国土地理院の地図を実際に見に行ってみると、なんとこの誤表記部分の登山道が

削除されています。このルートはもう通るなということなのか?

にほんブログ村 MTB

2015年8月11日 (火)

もみじの里MTBコース考察

まずGPSを持って行かなかったのが大失敗。等高線図に林道のレイアウトがわかるだけでも。20150810_110407

で、参考に付けたのがクローズしたさがみ湖プレジャーフォレストのコースレイアウト。

あの高度感を活かすとなると、林道での搬送も含めたDH風なコースになるかと。

麓にパンプトラックや周回コースなどを設けてももちろんいいのですが。

ただ、さがみ湖は尾根まで上がっているので、今回のケースよりコース自由度は高い。

基本は等高線にほぼ合わせて、勾配の緩いところで折り返しのトラバースの連続になるか。

・必要なもの。水場、自販機?トイレ!、駐車場、日よけ休憩スペース。

・課題:交通の便が悪い。駅からバスで50分。それもこの登山ブームでハイカーで溢れる。

 自走するにしても高さにして320m上らねばならない。自走所要期間80分程度。

 これは河口湖駅−ふじてんとほぼ同程度。それだけしんどくても行くコースになるか?

 林道や39との差別化。専用コースならではの要高度テクニックのジャンプパートとか?

 さがみ湖で高度差120m程度。その倍はとれそうなのでそのスケール感をどう活かすか。

 逆にガイド必携で初心者向けに振ってしまうとか?もみじと絡めて。

 また、もみじも含めてメディアにどう売っていくか?

にほんブログ村 MTB

2015年8月10日 (月)

もみじの里MTBコース整備スタートアップ作業&BBQ

本当はもうちょっと長い、表記のイベントに参加してきました。地名は一応伏せておきます。R0013340

奥多摩の払沢の滝から都民の森方面に半分くらい上がったところにある南斜面。

工事用の仮設道路が途中まで開かれ、麓部分は伐採してもみじの苗木を植え始めています。

そこにMTBのトレイルがつくれないかという構想。主催者は奥多摩ガイドのjinkenさん。

今回はその構想のお披露目と意見交換が主なイベントで20名ほどが参加しました。

8時に武蔵五日市駅に集合して、クルマに分乗し、早速現地を見に行きます。

伐採が進んだ部分は地形が読みやすいのですが、とにかく斜面が急。その分景色はいいのですが。

土地は今回見た範囲の数倍あるそうですが、道路に取り付いた斜面はどうにもならなそう。

今回そのいちばん下の部分を軽く伐採して手を入れてみたのですが、やはり急で足場がないし

地質も脆く、しっかりと土留を打って突き固めても、雪崩れる心配はあります。

そのあたりはあらためてまた書いてみようと思います。

見学、作業で午前を終え、午後からはバーベキューパーティ。今流行のアウトドアイベントに

ようやく参加した感じ。とはいえパーティというものは基本的に苦手なので、

頃合いを見計らって抜け出し、涼しい渓流のたもとで缶チューハイを傾けていました。

構想はともかく、この自然環境は魅力です。都民の森に来るローディや浅間尾根を行く

MTBerはおそらくそのほとんどが道と並走するこの川面まで降りてきたことはない。

素朴にもったいないと思います。補給で沢の水を汲んでもいいのではないか。

それでタイムロスになろうが、それはそんなに問題だろうか?

同じ自転車に乗ったからといって、同じ価値観に染まる必要はないのではないか。

にほんブログ村 MTB

2015年8月 9日 (日)

フィンランド人と日本人

フィンランド人は無口で、話す時は独特の抑揚のない言語で不機嫌そうにしゃべるR0013309

という俗説があるそうですが、これはそのまま日本人にも当てはまります。

フィンランド人と日本人が似ているかはわかりませんが、旅しやすい国とは思いました。

街角や部屋は清潔で、水道水を飲むことができる。面倒なチップの習慣もなく、

勝手に荷物を運ばれるということもない。基本的にはとても親切で真面目。

大声もクラクションもなければ、極端に無愛想ということもない。英語も通じる。

しかし圧倒的に違うのは見た目。フィンランドにはアフリカ系やアラブ、中華系の移民を

ほとんど見ることがなかった。基本的にブロンドの髪に青い目の白人。人口は500万人しかいない。

一方で日本人は鼻も背も低い黄色人種で、実に1億人もいる。

一般的な美的基準から見ればフィンランド人の方が希少性も相まって圧倒的な高得点がつくはず。

さらに自分に関していうと、もう50であり、おじいちゃんおばあちゃんの団体旅行客と徐々に、

しかし確実に近づいていっている。

そこを見ずして同じだなどと言ったりするのは勘違いだと思うのです。

こちらが受け入れたら相手にも受け入れられる、というのも幻想だし、

かもめ食堂もお客が来ないという設定でした。それがたぶん現実。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 8日 (土)

フィンランド旅行最終日

さて旅も最終日ですが、ぼくはキアズマの最上階に行けたらな、くらいな要望しかない。R0013269

だいたい最近の旅の最終日は気力が切れて、早く帰りたいとそればかりになってしまう。

なのでこの日は連れ合いにアイデアを募りました。

まずは空港行きバスの時刻表をチェックしたあと、港にあるマーケットに行きました。

8時半頃でしたが丁度店が開き始めたところでした。いくつか土産物屋をまわりますが、

結果的にほとんどのものはほぼ同額で空港の免税品店においてありました。

続いてオールド・マーケットホールへ。こちらは9時の段階で開いている店はちらほら。

次に連れ合いが目をつけたのはクルーズ。1時間半ほどで主な観光スポットをまわる

船が出ています。しかし始発は10時半から。さすがに待てないので却下。

次案は本屋にムーミンの本を探しに行くというもの。本屋ならアカデミア書店でしょう。

10年ぶりに入ったそこはやはり美しかった。天井に切り込まれたトップライトは

かなり大きいはずですが、違和感がない。そして柱がない。アトリエと同様なロングスパン。

ここで美術館が開く時間になったので、キアズマに向かいます。ここも10年ぶり。

改装されたとガイドブックにありましたが、違いはわかりませんでした。

前回見逃した最上階だけ見られればと思っていましたが、共通チケットしかないので全体をまわる。

最上階から展示を見ながら降りていきますが、いちばん上の緩いヴォールトは良かった。

そのスタッコのようなざらついた質感の陰影のグラデーションがなんとも言えません。

動線まわりのスロープや螺旋階段はことごとく絵になってるし、さすがだわスティーブン・ホール。

今回、企画展の一部でロバート・メイプルソープがピックアップされていましたが、

連れ合いには生理的に無理なようでした。まあ、そうだろうなあ。

その後、キアズマから見えていたヘルシンキ・ミュージックセンターを見に行きました。

2011年竣工。キアズマからフィンランディアにかけては近年建設ラッシュとなっている様子。

駅まで戻ったところで、Robert’sでお茶したいというリクエストが。が、見当たるのは

オープンテラスの席ばかりで、大回りして中央バスターミナル隣のカンピ店に向かう。

途中で前回の宿だったスカンディック・シモンケンタを発見。こんなところだったか?

ロバーツが入るビルにはアアルトの把手とアアルトのトップライトが設けられていましたが

名称は不明。ぼくはコーヒーとラズベリーのデニッシュを頼みました。

ここを出たのが12時半過ぎ。17:50発の飛行機にはまだ早いが、もういいや。

で、ホテルに戻って預けていた荷物を引き取り、空港へ。

が、このバスが往路を超える激混みで、空港まで辿りつけたのは奇跡のようでした。

その後も妙な座席指定やら、眠れないやらで神経質になったりしましたが、

飛行時間9時間半で無事帰着しました。日本は暑かったけど安心したのか爆睡した次第。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

フィンランド旅行5日目

最後のヘルシンキでの1日半は行ってみて考えようと思っていました。R0013208

ロイヤル・ラインというフェリーで灯台のある島へ行くというツアーが有り、

ムーミンの話の舞台らしいですが、まる1日ががりでさして見るものもないのでパス。

結局、ヘルシンキの北西郊外にあるアアルトのアトリエと自邸を見に行くことに。

アトリエのツアーが11時半からなので、9時半頃にホテルを出て、トラムに乗ります。

チケットは行きは自販機が使えましたが、帰りはキオスクで販売を拒否られ、運転手から購入。

少し迷いましたが、10時半過ぎに無事にアトリエ到着。するとなかから人が出てきて、

ツアー開始まで時間を潰せるカフェなどを教えてもらいました。結局海のほとりの

ベンチで時間をつぶしました。あとはアトリエの外回りを見て回ったり。

ツアーには日本人もいて10数人の規模でした。ガイドは英語。このアトリエについてだけの

ものではなく、アアルトの作品全般の解説が入りました。基礎知識がないと辛いかも。

1階の食堂から2階の所員とアアルトのアトリエへとまわります。

傾いた白い門形が連続するアトリエが気持ち良い空間でした。セイナッツァロの図書館と似てる。

気持ちの良さは部屋の幅からきているようです。結構なスパンで飛ばしていますが、

中央でさりげなく支柱を立てています。この処理はうまい。

一方アアルトのアトリエの方は壁面がカーブして天井がせり上がっていくダイナミックなものを

予想していましたが、静的なものになってしまっているのが意外。なぜか類似した平面の

キアズマの吹抜ホールのような動きが生まれていない。採光方法が問題なのか。

アトリエのツアーが終わると引き続き自邸のツアーにも参加できるスケジュールになっています。

両方見ると割引があってひとり30ユーロでした。こちらも先に外回りを見てからツアーへの

参加という順番になります。13時から。

自邸の方はアトリエの20年前に建てられ、アアルトのキャリアのなかでも初期に属する。

外部は木と白く塗装されたレンガの部分がオーバーラップしていて、やや複雑な様相を呈する。

なかに入ってみると暖かな質感に包まれる感じ。アアルトによる家具や照明もその役を担っている。

ただプランや構造的にはどうということもなく、通路が少ないくらいで作品性は高くない。

14時前に自邸を出て、トラム駅近くの売店でシナモンロールを買って食べます。

連れ合いの要望で、イヴァナ・ヘルシンキという店に寄ってからホテルに戻ります。

時間が余ったのでホテル内を探索。屋上階にバーのようなものがあり、そのテラスからは

ヘルシンキのスカイラインを一望出来ました。いや絶景なり。

夕食はフィンランド料理のラヴィントン・コスモスを考えていたのですが、行ってみると

何と休業中。少し迷いましたが、翌日行くつもりだったカハヴィラ・スオミまで歩くことに。

この店はかもめ食堂という映画のロケ地としてよく知られています。実際訪れてみると

次から次へと日本人客が到着し、あっという間に満席に。まだ18時位でしたが。

店員さんには日本人の方がいて日本語が通じます。ミートボールとトナカイの肉をシェアして

あとはフリードリンクであるローアルコールのやや甘いビールなどを飲みます。

最初に会計するというシステムで、サラダバーやパンも無料となっています。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 7日 (金)

フィンランド旅行4日目

この日はかなり移動があり不安でしたが、ここさえクリアすればあとは楽です。R0013139

ナーンタリのホテルもwi-fiは無料で朝方にいつものようにブログ更新。

7時からのビュッフェをかきこんで、準備をし7時半にはチェックアウト。8時のバスに乗る。

バスは無事定刻にマーケットに到着し、鉄道駅まで歩き9:05の列車に乗り込みます。

タンペレ到着は10:47。日曜の朝のせいか、街に人数は少なく閑散としています。

まず目指すのはタンペレ市立美術館の地下にあるムーミン谷博物館。

ここではムーミンの原画のほかトゥーリッキらによるムーミン屋敷などの多くの

模型を見ることが出来ます。原画は去年、銀座にも来ましたがゆっくり見られるのは嬉しい。

11時半頃に着いて30分もあれば見て回ることが出来ます。日本語の解説書あり。

やはり圧巻はムーミン屋敷の模型で実に3年がかりで完成させたそうです。

絵本の家とはつくりが全く違いますが、その細部に至るまでの造形力にはただただ脱帽。

帰路では途中にある市立図書館地下のムーミンショップに寄ります。

ここには密かにムーミンの銅像があります。連れ合いは感動していました。

ピングヴィーニでアイスクリームを買って食べたりしながら、駅に戻ったのは13時。

まだ時間に余裕があったので、駅の反対方向にあるカレヴァ教会を見に行きます。徒歩10分。

設計はライリ、レイマ・ピエティラで竣工は1966年。外壁のタイルを見て失望、さらに

鐘塔を兼ねたペントハウスを見て失望。なかに入ると空間は垂直方向にただ高く変化がない。

丹下さんの東京カテドラルが比較的似ていると思いますが、期待はずれでした。

駅に戻って13時半過ぎ。ヘルシンキ行き14:07発のICのチケットを買うとまだ少し

時間があったので、単独でタンペレ大聖堂を往復。劇場のような構成の2階手摺壁にフレスコ画、

ずんぐりした石柱に彫刻と面白いものではありましたが、必見というほどのものでもない。

列車は15:52にヘルシンキ到着。ようやく戻ってきました。前と同じ宿にチェックイン。

今回は3階でした。この日はいろいろと忙しかったので、夕食はホテルの1階に併設された

イタリアンのトスカニーニに。デザートを含んだコースを頼みました。値段はちょっと高めか。

写真はタンメルコスキ川沿いの製紙工場。M-real Tako。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

フィンランド旅行3日目

前の晩は22時過ぎに一度目を覚ましましたが、ひどい下痢に襲われました。R0013100

原因は恐らく初日からのオーバーペースによるストレス。

トゥルクでは翌々日のICチケットも購入したし、市バスをめぐる混乱ももう少し複雑でした。

飲み物を買いに部屋を出ましたが、レストランは盛況なるも売店は閉まっていた。

仕方なく部屋のミニバーのムーミン柄のファンタを飲みましたが、やはり有料。

ベッドメイクも水回りのゴミ捨てしか入らなかったし、サービスはいまいち。

朝食はやはりビュッフェで、これは料金に含まれています。クラウス・クルキ程ではないものの

種類は豊富で美味しかった。これが7時から。ムーミンワールドは10時開園なのでまったりします。

が、手持ち無沙汰で8時半頃ホテルを出るも9時には到着していました。この日はいい天気。

ムーミンワールドは小さな島にあり、橋を渡っていきますが、テニスコートなんかもある。

橋のたもとやゲートの前などで開園を待ちます。チケットはホテルで買っておきました。

さて1時間ほど待ってようやく開園。メインストリートを上って行くとムーミンとミイがいた。

早速記念撮影をしてムーミン屋敷まで行くとムーミンママとパパ登場。ここでまたパチリ。

着ぐるみだったのは他にスニフ、ヘムレン、スティンキー、お嬢さん。

生身の人間が仮装していたのはミイとスナフキンでした。スナフキンはやっぱりイケメン。

ムーミン屋敷に入ってみますが、思ったより広い。豪邸でした。島には結構起伏があり

建物配置は複雑になっていて、ひと通り見て回るだけでも大変な感じ。

昼は売店にあった揚げドーナツで適当に済ませました。グッズ売り場ではぼくはトートバッグと

バスタオルを購入。ぼくのムーミン関係の買い物は結局これで全てでした。

13時からはエンマ劇場でスニフらによるミュージカル。内容はよくわからず。

これを見終わって13時半には園を出ました。見尽くしたというよりは疲れた。

橋の袂のムーミンショップを覗いたあと、停まっていたトロッコ路面列車に乗って宿に戻る。

それから前日行けなかったスパへ。まずはアロママッサージの予約。運よく取れました。

男女に分かれて更衣室からサウナへ。最初の男女共用のサウナはそれほど強くなかった。

熱を持った身体を冷ましに共用のプールへ。久しぶりに泳いだ気がして気持ちよかった。

今度は専用の強烈なサウナに入ったあとは屋外に通じるプールへ。寒いかと思いましたが

水温が高めなこともあって気持ちよかった。なんとも贅沢な時間。

ただ、右肘の擦り傷は悪化。結局、帰国するまで回復しませんでした。

いったん部屋に戻ってからマッサージを受けに行きます。約45分のコース。

最初にアロマオイルを選んでから背中、脚、腕と全身に渡る入念な施術が続きます。

これもまた贅沢なり。

18時から館内にあるレストランTK'sに行って夕食。メニューはどうやらアメリカ風。

2皿頼んでシェアし、デザートは別々に頼みます。魚料理はなぜかハンバーガー状に

なっていました。アルコールを初めて飲んだのはここ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 6日 (木)

フィンランド旅行2日目

朝食は6時半からでビュッフェ、料金に含まれています。ちなみにwi-fiも無料。R0013020

フィンランドの料理には概してハズレがなく美味しい。特に朝食のチーズケーキなどが絶品。

ICはトゥルク行きが9:02発。少しのんびりしてヘルシンキ駅構内を散策したりします。

列車は2階建てで景色はいいものの、スーツケースを置く場所がないのが困る。

車内は清潔で静寂。新幹線並み。

トゥルクには11時着。フィンランド第3の都市だというのに駅前には何もない。

途方に暮れ、とりあえずバスのルートマップを見つけ、ターミナルらしき方向へ歩く。

果たしてそこにあったのは高速バスターミナルでしたが、時刻表は確認できた。

しかし目当ての墓地礼拝堂行きの12番バスは見当たらず。すると近くにいたおじさまが61番バス

でも行けると言う。ありがたくアドバイスに従うも、61番の運転手にはマーケットで9番に

乗り換えろと言われる。9番の運転手に降車場所を教えてもらい、なんとか礼拝堂到着。

このとき12:20頃。墓地内を歩いて行くと程なくして礼拝堂の裏面が見えてきます。

十字架の通路をくぐり、玄関へまわってなかへ入ると、別世界が待ち構えていました。

建築家のエリック・ブリュグマンは聞いたことがありませんでしたが、アアルトと同年代の

作家だそうな。しかしこれが1941年の竣工だというから恐れ入る。後期モダニズムの

教会建築として、コルビュジェのロンシャンの教会と双璧をなすのではないか。14年も早く。

左右対象は大胆に放棄され、右側壁が大きなはめ殺し窓になることで、閉鎖性もなくなり

視線はきれいに整備された墓地の森へ吸い込まれていきます。要所で使われる装飾金属は真鍮。

照明や把手はもちろん、床に開けられた通風用の穴にまで徹底されています。

他にも講壇の寄木細工やガラス扉の植物をモチーフとした金属彫刻など、見てると気が遠くなる。

アスプルンドの森の火葬場もほぼ同時期の作品ですが、北欧の人はこういうのやらせたら

本当にうまい。最初に通った通路が霊柩車の車寄せだったように機能的である点も同様。

9番のバスでマーケットまで戻ったところで昼食を取ることに。情報はありませんでしたが

ムーミンママの看板が出ている店に入りました。メニューもよくわからないのでランチコース

を2つ。大きめのプレート2皿にサラダバーがついてきました。独特な味でしたが美味しかった。

ナーンタリへ行く6、7番のバスはマーケット発だということがわかったので、駅まで

コインロッカーに預けたスーツケースを取りに行って戻ります。片道10数分くらい。

その前にアアルトによるトゥルン・サノマ新聞社も見ましたが、こちらは期待はずれ。色がね。

ここからナーンタリまでのバスの途中にこの日の宿のナーンタリ・スパ・ホテルがあります。

そこまで40分位。16時前にチェックインを済ませた頃にはほとんど力尽きていました。

ムーミン・ストーリー・ルームという特別室だったので写真は撮りましたが倒れこむように就寝。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

フィンランド旅行初日

今回はチケットが割安になる関係で、行きは羽田から中部国際空港経由でした。帰路は成田直行。

始発電車に乗り、国際線ターミナルで降りるもこちらではなかったようで、バスで国内線へ。

長い列の後ろに並んでようやくチェックイン。っとこの列R0013002 は中部空港だったか?

いずれかでチェックイン後、ゲートに向かって歩いていたところ館内放送で呼ばれました。

慌ててゲートに駆けつけます。朝方だったせいかよく覚えていませんが。

フィンエアーの機内は清潔で、毛布や枕、紙コップやナフキンなどはマリメッコデザイン。

モニターは各座席についていて、現在位置表示や前方、下方カメラの映像も見られます。

食事は行きは日本料理、帰りはフィンランド料理をベースに、両方とも蕎麦がついてきました。

デザートや帰路ではアイスクリームの配布などもあり、味、量ともに問題なし。

映画は寄生獣を見てあとは眠っていました。寄生獣はTVで見ていたのですが、

完全版はまるで違った印象を受けました。あそこまでのものをつくられたら文句はない。

ヘルシンキ国際空港ではムーミン柄の飛行機を探すも見当たらず、マリメッコのはありました。

無事入国して両替し、満員の市バスでヘルシンキ中央駅に降り立つ頃はもう16時過ぎ。

その足で今回のヘルシンキの宿であるクラウス・クルキにチェックイン。

狭めながらも駅から近く、内装が洒落たデザインホテルで2階の道路側の部屋でした。

この日の部屋にはバスタブがありませんでしたが、再び泊まった時にはついていました。

17時位にホテルを出て、まずは2012年にできたというカンピ礼拝堂へ。

ミサや洗礼は行われず、静寂と出会いのための施設だそうな。

外形内形ともお椀のような形で仕上げはともに木、構造も木造だそうです。

その後、翌日のICのチケットを苦労して購入後、カール・ファッツェル・カフェへ。

セルフ形式のカフェで、サンドイッチとベリーのタルトを頼みました。

さらにその後、マリメッコのショップに寄ったり、ムーミンショップへ行って、

品揃えの下調べなどをしました。この時既に21時近く。日没が遅い北欧ならではですね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 5日 (水)

フィンランドより帰着

10年ぶりにフィンランドへ5泊7日の旅に行ってきました。R0013135

今回の旅の主な目的は、家ブームであるムーミンです。

ヘルシンキ近郊のナーンタリという街に夏季限定でムーミンワールドというリゾートがあり

そこを含めたムーミン縁の地を巡ってきました。すべて個人手配。

ホテルはヘルシンキはHotels.comで、ナーンタリはホテルのサイトで予約しておきました。

Finnairの航空券はH.I.Sのサイトにて、鉄道のICは現地で手配しました。

Finnairは食事も映画もサービスもグレード高かった。

7月下旬から8月上旬のヘルシンキは気温20度程度で東京より10度は低く肌寒い時も多い。

長袖はあったほうがいいでしょう。治安はおおむね良好。

現地の物価はとても高いですが、ほとんどの場所でカード決済が出来ます。

5万円(315ユーロ)を両替していきましたが、最終的に230ユーロ余りました。

再両替すると著しく目減りするのでユーロのまま保管しています。

初日:羽田−名古屋-ヘルシンキ クラウスクルキ泊

2日目:ヘルシンキ−トゥルク-ナーンタリ ナーンタリスパホテル泊

3日目:ナーンタリ-ムーミンワールド-ナーンタリ ナーンタリスパホテル泊

4日目:ナーンタリ−トゥルク-タンペレ-ヘルシンキ クラウスクルキ泊

5日目:ヘルシンキ クラウスクルキ泊

6日目:ヘルシンキ− 機中泊

7日目:-成田

詳細はまた明日。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 4日 (火)

フィンランド最終日

昨日は結局かもめ食堂まで行きました。超満席。今日はキアズマくらいかな。さらばフィンランド。楽しかった。R0013204

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 3日 (月)

ヘルシンキに帰還

ムーミン詣でが無事終了し、あと1日半はヘルシンキでのんびり。とりあえずアアルト自邸とアトリエには行くつもり。R0013147

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 2日 (日)

スパ&リゾート

サウナにプール、アロママッサージと贅沢三昧です。今日はタンペレ経由でヘルシンキに戻ります。R0013083

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年8月 1日 (土)

ナーンタリにて

なんとかナーンタリに到着しましたがお腹壊してダウン。トゥルクの墓地礼拝堂は傑作だった。R0013019

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »