« フィンランド人と日本人 | トップページ | もみじの里MTBコース考察 »

2015年8月10日 (月)

もみじの里MTBコース整備スタートアップ作業&BBQ

本当はもうちょっと長い、表記のイベントに参加してきました。地名は一応伏せておきます。R0013340

奥多摩の払沢の滝から都民の森方面に半分くらい上がったところにある南斜面。

工事用の仮設道路が途中まで開かれ、麓部分は伐採してもみじの苗木を植え始めています。

そこにMTBのトレイルがつくれないかという構想。主催者は奥多摩ガイドのjinkenさん。

今回はその構想のお披露目と意見交換が主なイベントで20名ほどが参加しました。

8時に武蔵五日市駅に集合して、クルマに分乗し、早速現地を見に行きます。

伐採が進んだ部分は地形が読みやすいのですが、とにかく斜面が急。その分景色はいいのですが。

土地は今回見た範囲の数倍あるそうですが、道路に取り付いた斜面はどうにもならなそう。

今回そのいちばん下の部分を軽く伐採して手を入れてみたのですが、やはり急で足場がないし

地質も脆く、しっかりと土留を打って突き固めても、雪崩れる心配はあります。

そのあたりはあらためてまた書いてみようと思います。

見学、作業で午前を終え、午後からはバーベキューパーティ。今流行のアウトドアイベントに

ようやく参加した感じ。とはいえパーティというものは基本的に苦手なので、

頃合いを見計らって抜け出し、涼しい渓流のたもとで缶チューハイを傾けていました。

構想はともかく、この自然環境は魅力です。都民の森に来るローディや浅間尾根を行く

MTBerはおそらくそのほとんどが道と並走するこの川面まで降りてきたことはない。

素朴にもったいないと思います。補給で沢の水を汲んでもいいのではないか。

それでタイムロスになろうが、それはそんなに問題だろうか?

同じ自転車に乗ったからといって、同じ価値観に染まる必要はないのではないか。

にほんブログ村 MTB

« フィンランド人と日本人 | トップページ | もみじの里MTBコース考察 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/61100537

この記事へのトラックバック一覧です: もみじの里MTBコース整備スタートアップ作業&BBQ:

« フィンランド人と日本人 | トップページ | もみじの里MTBコース考察 »