« 今年は鳥海山 | トップページ | 興味ないスポーツ »

2015年8月17日 (月)

ワルナスビバスターズ

ワルナスビとは繁殖力の高い外来種植物で駆除の対象になっています。R0013351

都立六道山公園の草取りボランティアから西多摩MTB友の会に共同活動依頼がきました。

きれいな花を咲かせるのですが、茎には刺があり駆除を困難なものにしています。

当日はぼくらMTB部隊が10名ほど、総勢で30名ほどで公園内を手分けして作業しました。

午前の部では2時間ほどの作業。しかしこのところの猛暑で汗だくになりました。

駆除の対象植物は他にも幾つかあったのですが、知識に乏しいためぼくはワルナスビ専門に。

前半にこの辺りと言われたところで小さな個体を幾つかむしるも、移動すると発見できなくなる。

後半に入るところで再度、繁殖ポイントを教示いただき、藪を分け入って行くと、

徐々に個体の大きいものが見られるようになり、花を咲かせたものも。

次から次へと出現し、こりゃきりがないなと思ったところでタイムアップ。

最後はひろばでスイカやトマト、麦茶などをごちそうになり各グループの発表。

そのあとで記念撮影をして午前の部は終了となりました。ぼくはここで離脱。

ワルナスビは初めて聞き、目にしましたが、うちに自生している雑草にはない。

刈ると独特な香りがします。しかし真夏にあの作業は大変だ。

それもボランティアでやっているのだから恐れ入ります。六道山公園は愛されてるな。

友の会では作業前と作業後にライドイベントが催され、ぼくは前者に参加。

そのため出発は朝早く、5:50頃となりました。多摩湖の麓には7時着。集合時間の1時間前。

コンビニで休憩を入れ、その後はGPSにナビをさせたのですがダメダメ。

多摩湖、狭山湖周辺の小道は道路扱いされていないものが多いのが原因か。

途中迷ったりしながらも7:50になんとか集合場所の塔の公園に到着。

ライドは基本的に知っている道でしたが、向かいの山に登ったのは初めて。

結構景色の良いポイントが有りました。外周路で公園まで戻り、これも途中までは

知った道で、ボランティア作業のベースとなる里山民家まで下ります。

作業後の離脱は12時半。当初は武蔵野うどんのきくやに行くつもりでしたが、

どうも間に合わなそうなので、外周路を戻ってかたくりの湯へ。12:50着。

混んでました。レストランは満席。とりあえずトイレに行ってから温泉に入ります。

タオルとTシャツは汗だくになっていたので、ともに水で洗いました。

出た頃には1名であればなんとかレストランに座れ、かわりに村山かてうどんというのを食す。

田舎風肉汁うどんといった感じで、これはこれで美味しかった。

再出発は14時。17時には夕食に出ますがなんとか間に合いそう。

30分後に通ったきくやは案の定、暖簾が下げられていました。

さほど暑さは感じず、順調だと思っていたのですが、途中から妙な汗をかく。

それとメッセンジャーバッグと背中の間がすごい熱を持っていました。

14:50花小金井のコンビニでトイレ休憩&補給。トイレでは自らの熱でメガネが曇る。

結局30分近く休んで、その後は抑えて走るようにしました。買い出しをして帰着したのは

16:20。内臓が完全に熱中症状態でした。危ない危ない。

走行距離:76.7km

獲得標高差:530m

最高標高:209m

にほんブログ村 MTB

« 今年は鳥海山 | トップページ | 興味ないスポーツ »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/61206818

この記事へのトラックバック一覧です: ワルナスビバスターズ:

« 今年は鳥海山 | トップページ | 興味ないスポーツ »