« 熱中症再び | トップページ | ふじてんリゾートでジャンプ練習 »

2015年9月22日 (火)

あけぼの子どもの森公園&巾着田

あけぼの子どもの森公園は飯能(最寄り駅は元加治)にあるムーミンの公園ですが、R0013537

公的なものではなく、もしかしたら設立当初はムーミンと無関係だったのかもしれません。

しかし今はムーミン谷の水浴び小屋がそのまま再現されている他、

森の家というトーベ・ヤンソンの資料館も併設されています。

坂の下の売店ではムーミングッズも売っている。バッタ物臭いものもありましたが。

ムーミン屋敷と子ども劇場はいわゆるシュタイナー様式と呼ばれる建築物で、

日本でもこの様式に則った幼稚園が多く建てられています。

この公園の建物もかなり凝ったディテールを持っているので、建築好きにもお勧め。

全体の規模はさほどではなく、等高線に沿って薄い楕円形の小径がつくられ、

そこに大小4つの建物が接していて、1時間もあれば一通り見ることはできます。

交通の便はよくないですが、入場無料なので一回行ってみて損はないかも。

当初はここ以外の予定を考えていなかったのですが、行きの電車内でふと巾着田を思い出した。

たしか丁度彼岸花の季節なはず、ということで電車で高麗まで出て行ってきました。

シーズンなので案の定、結構な人出。しかも太陽光がこの日はきつかった。

彼岸花は丁度満開ですごかったけど、少し単調でもあり疲労のほうが強く出てきてしまった。

結局、彼岸花エリアは半分ほど進んだところで離脱。コスモスが見れるかと思ったが見えず、

牧場の方へ向かいます。いるのは主に馬、ポニーとヤギ2頭。が、この人出で馬も神経質に

なっているのか、身体を震わせたり前脚を蹴りこんだりして落ち着かない。

結局ふれあいもそこそこに帰路につきます。連れ合いの反応はムーミン>花、馬でした。

まあ人当たりしたって部分はあるかと思いますが。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 熱中症再び | トップページ | ふじてんリゾートでジャンプ練習 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/61710070

この記事へのトラックバック一覧です: あけぼの子どもの森公園&巾着田:

« 熱中症再び | トップページ | ふじてんリゾートでジャンプ練習 »