« 雁坂峠より帰着 | トップページ | 雁坂峠2日目 »

2015年10月18日 (日)

雁坂峠1日目

当初、塩山から走りだして日帰りというのも考えましたが、日が短い今の季節と R0013699

自分の体力を考えるとあまりにリスキーだと思い、12日に変更しました。

塩山から広瀬湖へのバスが最も早くて8時半発だったので、中央線各停で

まったりアプローチ。早めに着きましたが、高校へのバスに間違えて乗りそうになった。

バスが西沢渓谷入口終点に着いたのが930。そこから直接山に入る予定でしたが、

天気がよく、人気もあるので行程に楽観的になり、せっかくなので西沢渓谷を覗く。

まだほとんど人がいなかったので、行けそうなところまで行って引き返すことに。

結局、最初の見せ場である三重の滝まで見られました。直前に延々と続く木製の

階段もあってなかなかのハードコース。紅葉がまだということもあってか、

滝自体は普通な感じでした。水の色はディープグリーンで綺麗。人はまばら。

広瀬湖に戻って、丁度食堂が開いたので稲荷寿し2個と前回のリベンジで巨峰の

ムースソフトを頼みました。美味なり。トイレに行ってから今度は本当に出発。1045

峠へはしばらくちゃんとした看板が続き、迷うことはない。基本は舗装路だが

高架の車道をくぐってから越えるため勾配は結構ある。30分ほど走るとこの道が

登山道に変わるが、幅はあり路面は整備されていて不安はない。基本は押し。

12
時に最初の渡渉に遭遇。ここらへんは渓流が滝になって紅葉も進んでいて綺麗。

暑いのでヘルメットとグローブを脱ぎ半袖で進む。ここから道は河原になり

ルートが不明瞭で一時的にロストすることも。足場もガレていて進みづらい。

岩場のようなところでロープがある場面もあるが、片手でつかめば大丈夫なので

さほどの難所ではない。13時前にようやく沢から離れるが、ここから先はさらにきつい。

落葉樹がまばらに植わった綺麗な傾斜地を延々、つづら折れで登っていく。

やがて森林限界を越え、まわりが低木の笹に変わっても急勾配が続く。

一方で標高で1700mを越えたあたりからどうにも身体に力が入らなくなっていく。

水も補給食も摂っていたので原因は高度か。頭がふらついて景色を楽しむ余裕も

失っていく。自転車はなるべく押すが担ぐ場面も多くなっていった。

地を這うような速度で進み、峠に着いたのは14時半でした。景色は山梨方向に

おおきく開けています。正面に黒金山。登攀途中には左端に富士山も薄く見えた。

しかしこれだけメジャーな峠だというのに整地されている部分はほんの僅かで

両側が切り立った本当の峠、もしくは稜線といったほうが近いかもしれません。

ここでGPS台座がもげるというアクシデント発生。後に宿で応急処置をしました。

この日の宿泊地の雁坂小屋には峠から埼玉側に下ります。乗車できるところも

あるのですが、ふらついて危険なので自重しました。1450小屋着。

この時間だと日が落ちる前に下りきれません。宿泊は正解でした。

雁坂小屋は基本、土日に小屋番が入り、それ以外は部分的に開放しているとのこと。

この部分的がどの程度かわかりませんでしたが、2段のベッドスペースは閉鎖され

ストーブのある共用部のみ開放されていました。たぶん泊まれても10人ぐらい。

おまけに布団と枕はなく毛布のみ。シュラフ持参が前提のようです。小屋に断熱もなく

翌朝、屋外気温が5度のところ、屋内でも同じ気温でした。水は1キロ先から引かれ

ふんだんにあり。トイレも問題なし。宿泊者はテント場含めてぼくひとりだけ。

夕食はフリーズドライのご飯物に、同様のシチューをかけたもの。翌朝も同じ。

初めて食べてみましたが、ふたつ合わさると結構食べた感じがありました。

日没が近いので16時には早々と食べ終わり、寝床につきました。

にほんブログ村 MTB

« 雁坂峠より帰着 | トップページ | 雁坂峠2日目 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/62086093

この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠1日目:

« 雁坂峠より帰着 | トップページ | 雁坂峠2日目 »