« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

歴史の発掘

最近の日曜美術館を見ていると、知られざる過去の美術家が取り上げられることが多い。

西欧絵画や日本画、もちろん建築にも20世紀までは共有するひとつの歴史観がありました。

建築で言えば、ざっくり新古典アールヌーボー、アールデコモダニズムポストモダニズム。

基本は学者によってつくられましたが、ポストモダンに関してはメディアの影響が大きい。

ここにきて、メディアは紙媒体からネットへ大きく変貌を遂げつつあります。

それと同時に歴史の解釈も変わってきていて、具体的にはネット上でポストモダンは

ほとんどなかったものとされている状態です。確かに今の建築はポストモダンと接点が薄い。

かといって、今の建築が何らかの明確な指針を持っているわけではありません。

そこで常に最新の状況を追っていたメディアも過去を振り返り、

歴史からこぼれ落ちた存在を、拾って回るように転換したと見受けられます。

実際そのほうがリスクも少ない。埋もれた作家は全作品を把握できますが、

期待の新人はその能力が判断しづらく、一発屋で終わる可能性も高い。

またネットの時代になって、これまで検索が難しかった情報が次々と

アップされているという状況も、こうした流れを後押ししていると思われます。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年10月30日 (金)

PCの不具合

OSX10.11.1にバージョンアップされていますが、ネット上には10.11になった時の20151029_131253

多くの賞賛が影を潜め、様々な不具合が指摘されています。

うちのMacBookAir 2013Midは大きな不具合は出ていません。逆に10.10で発生した

Wi-Fiのぶつ切れは解消されています。これはやはりシステムの不具合だったようで、

ネット上で同様の症状を幾つも発見。にも関わらずサポートは金取ろうとしたんだよな。

写真.appiPhotoから受け継いだ写真が拡大表示できなくなっています。これは改善せず、

あらためてiPhoto Libraryを写真.appで開け写真Libraryとして保存。加えてeMacで保存されていた

iPhotoのデータもアップグレードしてから同様に保存し、計3つのアルバムに10年分の写真あり。

10.11.1とほぼ同時にルートラボにJava Script版が公開されました。従来のSilverlight版も

使えるのですが、将来的にはJavaの方に移行するらしい。が、このJava版とSilverlight版で

同じルートで高低図が異なって表示されます。恐らく後者が正しいのですが原因は不明。

GarminBaseCampも
ほぼ同時にバージョンアップしたのですが、不安定ですぐ落ちる。

アイコンの色が変えられるLiteIconはフォルダの色が変えられなくなって削除しました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月29日 (木)

久々なオークション

1年半振りにヤフーオークションに出品しました。その前はさらに1年前。R0013797

eMacからMBAに引っ越してからは2回めとなります。

出品したのは先日の関戸橋で売れ残った品のうち、ブルムースバー、MTBホイールペア

半袖ジャージ上下の3点。ジャージは結果的に入札がなく諦めました。

関戸橋と通して感じたのは、ニーズのないものはいくら安くても売れない、

衣類は一部ブランド物を除いて基本的には消耗品、といったあたりでしょうか。

グラファイトデザインのジャージなどレアだと思ったのですが見向きもされなかった。

前者2点はともにかなりのアクセスがあり、ウォッチリストにも910人が入れていましたが

ブルムースバーが即決価格で決まったのに対し、MTBホイールは最後の5分まで動かなかった。

結局、入札は1名のみで開始価格で決まりました。

大変だったのはここから先の梱包で、ブルムースバーで小さな段ボールのストックがなくなり

辛うじて残されていたオーガニックチェアの入っていた段ボールをホイールにまわします。

バーの方は小さな段ボールの細切れからなんとか組み立てるも、ホイールの方は

自分の身体が半分入るくらい大きな段ボールとの格闘となりました。

このくらいの大きさになると、作業場が狭いこともあり、いちいち寸法をとっていくより

片っ端からアバウトにとにかく刻んで小さくしていくことが優先される。

で、いったんおおまかな形ができたのですが、寸法をあたってみると、ゆうパックの

上限である3方向の寸法の計の170センチを僅かながらオーバーしていました。

この状態で再度内部の荷物の収まりを確認すると、一方向に傾けた荷物をさらに90

振って傾けることで、隙間ができていることを確認。ここを潰してなんとか170センチに

収めることが出来ました。ヤマト運輸だと160センチまでだったので厳しかった。

が、このあとでもうひとつトラブルが。郵便局の20144月からの郵便料金表を元に

送料計算をしていたのですが、このデータが古かった。この8月にに値上がりがあった

なんて知りませんでした。今はなんでもネットで確認すべき時代なのですね。

にほんブログ村 MTB

2015年10月28日 (水)

利き足とか

利き手と同じように利き足というのもあるらしい。立っている状態から最初に踏み出す足、

走り幅跳びで踏み切る足、あぐらを組んだ時に上に来る足などで判別できるそうな。

ぼくは右足でした。すると軸足は左足となり、左足のほうが筋力がついて、

幅跳びで踏み切りそうですが、タイミングやコントロールの方が重要なのか。

自転車でいうとペダルを水平にした時、利き足が前に来るようです。自分の場合。

で、スタンディングをする際は前に来た足の方にハンドルを切るのがセオリーだそうな。

これは今回初耳でした。トラックのバンクは左下がりなので右の切っているのかとばかり。

このスタンディング、地味な技なのでなかなかトレーニングしませんが、

完全に止まるのではなく、小刻みに前進後退を繰り返すところがミソです。

この後退するところでバランスをキープできるかがポイント。

ギアは固定のほうがスタンディングしやすいと思われていますが必ずしもそうではない。

後退の時に固定車がバックを踏む代わりに、フリーギアでは坂道での重力を使ったり

前輪をリリースする際の反動を利用する違いがあるだけです。

自転車の左右の話では、欧米の自転車のブレーキは右後、左前が多い。日本と逆です。

自転車の場合、自動車の通行区分ような制度の違いはありません。欧州も右利きが多いし。

昔のブレーキアウターが露出している自転車の場合、欧州タイプの方が綺麗に見える。

なんでそうなっているのか長年、疑問でしたが持続的に均一に力をかけるのが前輪で

利き手の逆=左手で、パニックの時に咄嗟に引いても大丈夫なブレーキは後輪

利き手=右手と考えると案外西欧のほうが合理的だと言えるかもしれません。

にほんブログ村 MTB

2015年10月27日 (火)

冬目景原画展

漫画作品、イエスタデイをうたっての完結記念で、日本橋のギャラリーでR0013794_2

冬目景さんによる原画展が催されていて、足を運んできました。

12
時からのところ、前の用事の関係で5分前に着くと78人の行列が。

なにかと思ったらじゃんけん大会の整理券目当てだった様子。

てっきり前日で終わっているとばかり思っていましたが、せっかくなので参加。

が、これが4時からだったので、時間を潰すのが大変でした。

原画展はコミックの表紙とかに使われた、ペンを併用した水彩が主で、

さすが美大を出ているだけあって上手い。パステルっぽいので

ザラッと質感を出すあたりが個人的には好きです。

じゃんけん大会に参加するのになにか買わねばならないのでクリアファイルを購入。

高品質出力画というのにも惹かれましたが、ちょっと値段が張ります。

じゃんけん大会は50人ほどの規模で開催。20点ほど景品はあったらしいですが

結局勝ち抜けず。ただ、景品も最初の5点ほど以外はそんなに欲しいものではなかった。

それよりチケットの裏面にあったイラスト(写真)の方が良かったかも。

漫画というのはやはり小さなモノクロ画、線画で最適化されている。

大きい方が、描き込まれたほうが価値が上がるかというとそうでもありません。

サインが欲しいとかっていう気持ちもないですし。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月26日 (月)

ボランティア

ボランティアというと女性が主導するものというイメージがあります。

その事自体が好きであれば基本的にコミュニケーション能力に長けているので

和やかな活動をイメージすることができます。

一方男性はというと、競争社会で勝ち残っていくことを価値基準の中心に

教育されているためか、金の絡まないボランティアは女子供の遊びなどと、

その存在を軽視する傾向がある。競争がない中でのつながり方がわからない人もいる。

そうした男性らを活動に巻き込むのもやはり女性にしかできません。

特に魅力的な女性はひとりで10人以上の男性を引き込むことができる。

この場合男性女性ともに未婚既婚を問いません。男性は自分に自信がある人ほど

女性に惹かれてしまう。例え家族が一緒にいても。オトコなんて単純なものです。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月25日 (日)

関戸橋フリーマーケット

5年半振りに関戸橋で店を開いてきました。出品リストはこちらR0013778

当日は天候には恵まれましたが、1週間の順延と京王閣と被ってしまったこともあり

例年ほどの人出ではなかった様子。現地でsさんと遭遇して並んで店を開けました。

現地に7時頃着いて、yさんとご挨拶。品物を広げ始めるとわらわらと人が集まる。

が、この時は売り上げなし。結局8時台を中心にぱらぱらと売れた感じ。

9
時ころになるとまた売り上げはなくなり、ただブルムースバーとMTBホイールは

引き合いはあったので様子見。sさんは10時に引き上げ、ぼくも1015には店を畳む。

売れたのは、スポーツフルのジャージ、アヴェディオのウィンドブレーカ、CCPのサコッシュ

アンサーのハンドルバー、ビットリアのタイヤ、ファニアーのアウターカバーでした。

反応があったフェアウェザーのブルムースバーとMTBホイールペア、

オーストラリアンジャージ上下の3点はオークションに回します。

それ以外のもので欲しいものがある方は知人限定で差し上げますので、その旨お伝え下さい。

にほんブログ村 MTB

2015年10月24日 (土)

補給食実食

以前に購入した補給食の実食レポです。R0013706

・ハニースティンガー エナジージェル

 王滝でも購入したが、やはり効いている感じがしない。強い栄養ドリンクのような

 胃がカッとする感じが欲しいのだが、これなら塩飴と効果は変わらないし、

 食べた感はカロリーメイトのほうが強い。重いがゼリー飲料のほうがいいかも。

・サタケ マジックライス

 保存食としてはまあ美味しいが単品だと物足りなく、シチューとの組み合わせは良かった。

 が、2食続けてみるとカップラーメンより腹持ちが悪い感じはする。

 高所に持って行くと袋が膨れて結構かさばる。

・アマノフーズ フリーズドライ シチュー

 ライス単体と同量の水を使うのでボリュームはあるが所詮は水。固形物を検討したい。

にほんブログ村 MTB

2015年10月23日 (金)

2つのフランク・ゲーリー展

*建築家フランク・ゲーリー展/21_21 DESIGN SIGHTR0013761

 160207まで/1000−1900/火休、年末年始休/1100

*パリ - フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展/エスパス ルイ・ヴィトン東京

 160131まで/1200−2000/160101/無料

前者で取り上げるのは、ルマ財団、ルイ・ヴィトン財団、メイク・イット・ライト、

ル・ルポ脳研究所、Facebook本社、シドニー工科大学、エイト・スプルース・ストリート

後者はパリのルイ・ヴィトン財団オンリーです。

ともにスタディを含む模型が主となっており、デザインの変遷がわかるようになっているが、

実物の写真や動画はほとんどなし。唯一の現場写真は展示室奥のスライドで、結局ずっと

ここに張り付いていました。Facebook本社は竣工しているはずですが、現場の写真は1枚もない。

建築は言うまでもなく実物が一番大事です。この展示の中でゲーリーは建築が

内部空間を持つ重要さを強調していますが、ルイ・ヴィトン財団の半屋外空間を除けば

内部の様子がわかる展示はほぼないと言っていい。主張と展示がちぐはぐです。

今回の展示でわかるのは執拗なまでの模型スタディ、CATIAを使った設計手法、

コストコントロールくらいか。いずれも既知のものでいまさらという感じです。

もっともらしい解説をしていますが、MITの建物で漏水が発生したのはどう説明するのか。

またこの展示ではカタログはおろかチケットすら作られていません。とりあえずあるもので

間に合わせた感が強い。果たして本当に開催する意味はあったのだろうか?

今回の展示のベストは写真のエクスペリメンタル・エッジズという家具でしょう。

1979−82年と彼の経歴の初期に登場しています。今回の展示で、家具を作っていたら

家具デザイナーだと見られるようになったことに危機感を抱き制作を止めたとある。

が、これは嘘もしくはジョークでしょう。彼の家具は決して量産に向かないし、

それで食べていくこともできない。エクスペリメンタル・エッジズに関して言えば

ものすごく手間がかかっていて、にも関わらず制作を途中で放棄したような形に見える。

初期のゲーリーの作品はこうした未完成感や投げやり、一種の挑発などが特徴でした。

彼はわかっているはずです。あの時が最高でもうそこへは戻れないということを。

だから展示の文脈を無視してでもあの椅子を展示したのではないのか。そう推測します。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年10月22日 (木)

トラバース

トラバースとは斜面を横切るという意味の登山用語です。R0013714

岩場について示すこともありますが、ここでは一般的な登山道について述べます。

トラバース自体は短い範囲のものなら近場のトレイルにも見ることができます。

斜面なので崩落を起こしていることが多く、路面の状態は概して良くない。

沢を巻き込むところで木の橋が渡されているところもありますが、

ない場合は水で侵食されて下がっている沢まで岩場を降りて渡渉しなければならない。

山深いところにある場合はたいがい押すことになります。しかし道幅が人がひとり

通れるくらいしかないこともあり、その場合は自転車を持ち上げてクリアします。

山地図で2時間以上のタイムを書かれたトラバースは個人的には地獄です。

具体的には清水峠手前や雁坂小屋から先(写真)が挙げられます。

登りなら自転車が重い分遅いというのは想像がつくのですが、

トラバースで遅くなるというのは原因が理解できずに絶望的になります。

今回写真を見返して気付きましたが、左端に鎖が写っています。踏み幅は狭く斜度もきつい。

これが現地では意識化されず、本能的に歩みが遅くなったのだと思われます。

にほんブログ村 MTB

2015年10月21日 (水)

シングルスピード

日本で初開催されたシングルスピードMTBの世界的祭典、SSWCが終わりました。

場所は白馬岩岳で、上りも下りもドギツイコースをなんと仮装をして走ります。

シクロワイヤードの記事はこちら


レース自体はガチなのですが、優勝者には有無を言わせずタトゥーが入れられたり

途中でゲームがあって、成功するとショートカットが許されたり本気なのか遊びなのか。

六道山でご一緒したhさんは29erフルリジッドシングルのMTBSSWCを完走しました。

裏山ナイトライドでjinkenさんが乗っていたのも24インチフルリジッドシングルだった。
気づくとリジッドシングルMTBに乗っている方って結構身近に多い。

jinken
さんはフルサスのMTBを借りて乗っていたこともあるとのことですが、

やることがなくて退屈に感じたそうな。テクニックがあることが前提な話ですが。

でもまあミースじゃないけどLess is moreというのはあるかもしれません。

うちの固定車のgazettaも乗る度に発見があるので楽しい。バックも踏めるし。

ギア比は3MTBに比べると重いですが、都心の坂くらいならなんとか乗車できます。

数台持つならシングルスピードはありだと思います。

ただMTBでフロントリジッドはなあ。FサスがMTBの入口だっただけに難しいかも。

前輪が滑るのを極度に恐れているし。

にほんブログ村 MTB

2015年10月20日 (火)

山小屋

今までいろんな山小屋に泊まりました。どこも何かしらの特徴を持っているのですがR0013702_2

よくあるのが水関係の制限。水の確保の難しい山小屋では風呂無しはもちろん、

歯磨き粉禁止やトイレの紙は別箱に入れるなど、下水関係の制約も見られます。

他に男女同室で雑魚寝やトイレは別棟なども比較的多いかもしれません。

今回泊まった雁坂小屋は小屋番さんがいる時でも食事提供なしでした。

小屋番がいない時は暖房や電気も使用できません。

ちょっと怖かったのは、入口扉に鍵がかけられないところ。重りで閉まる引戸だったので

動物は入れないでしょうが、悪意を持った人間に侵入されたら何もできない。

ここまでくると、水とトイレの使える避難小屋と言ったほうが近いかもしれません。

ただ、実際に行ってみた感じでは建物や周囲が人工的に造りこまれているので、

テント泊で感じるであろう自然との距離感のなさはなく、布団枕がないなかでも

一応ちゃんと眠ることはでき、安心感はあった。不思議なものですが。

写真は雁坂小屋の通称、便所国道。旧国道上に堂々と建てられたトイレです。

にほんブログ村 MTB

2015年10月19日 (月)

里山秋祭りイベント協力

西多摩MTB友の会は毎年、野山北・六道山公園ボランティアと里山秋祭りR0013736

というイベントで協同しています。ぼくが同ボランティアと協同するのは

8月のワルスナビバスターズに続いて2度め。このイベント協力は初参加です。

六道山公園で行われる秋祭りは、里山ガイドウォーク、マキ割り体験、昔のあそび

森のクラフト、葉っぱの写し絵、里のお土産、里山ぬりえ、ヤギさんとのふれあい

など、多彩で参加型イベントが多いです。

MTB
は直接関わらないのですが、駐輪場の管理や園内を自転車で回ってイベント広報

また、隣のブースの昔の農具体験のヘルプやテントの設置作業など結構忙しかった。

例年ほどではないものの、主に家族連れで賑わっていて、足踏式脱穀機の

体験フォローでは次々と子どもが来て目が回るほどでした。

往復は片道2時間の自走で、ダートを走らないとフラストレーションが溜まりそうでしたが

hさんと広報活動で外周路をぐるっとまわって、満足しました。

昼は賄いで、赤飯の握り飯2つ、けんちん汁2杯、漬物、ふかし芋と十分お腹いっぱいに。

田植え、稲刈りなどはさすがに敷居が高いですが、こうしたイベントにはまた

参加協力したく思います。楽しかった!

・走行距離:61.3km(イベント広報除く)

にほんブログ村 MTB

2015年10月18日 (日)

雁坂峠2日目

前日18時位には入眠していたので、午前2時頃目が覚めました。R0013720

当然まだ真っ暗なのですが、することもないので3時位から朝食をとります。

食べ終えてもやはりすることはなく寒く、ヘッドランプの電池が無駄に

減っていくばかりだったので、415に暗闇のなか、早々と出発することに。

曇り予報でしたが、まだこの頃には星空が広がっていた。

乗車できるパートではないので問題ないかと思っていましたが、歩行速度は

1キロ台前半とやはり遅くなっていました。ガレが多く踏み幅の狭いトラバースも多い。

それとやはり前日同様、高度の影響が残っていたのだと思います。まだ高度は2000m前後。

最初の沢の手前で休憩。5時過ぎでしたがようやく空が白み始め雲海が姿を見せる。

途中でリアのチェーンが外側に外れ、脱落防止ピンを越えてしまうというアクシデント発生。

工具でスポークとの隙間をこじ開けてなんとか修理するも手はオイルで真っ黒に。

ここらへんは余り記憶が残っていません。なかなか進まない苛立ちはありました。

この間にカロリーメイト14本平らげているので、エネルギーも足りなかったのかも。

6
45にようやく展望の良いという地蔵岩入口に到着。自転車を置いて往復します。

ここは絶景でした。稜線の向こうの西側の景色が一気に開け、甲武信ヶ岳の山々が

一面に広がる雲海から頭を覗かせていました。北に遠く冠雪した山が見えたのは浅間山か?

ここは紅葉も綺麗でした。しばし見とれたあと、復路では道を見失い自転車を探す。

リスタートは7時。ここからは下りと標識にも書いてありました。ガイドブックにも

乗れるとあり、期待していましたが実際しばらくは乗車不可な下りでした。

無理して乗っていたら、前輪を載せた石が滑落し前方に派手に落車。

無傷で済みましたが危うく斜面を滑落するところでした。

本当に乗れるのは標高が1800mを切ってから。緩勾配の極上のシングルトラック。

しかし長すぎて脚が悲鳴をあげます。突出峠からは路面が荒れ、勾配が急になり

テクニカルになりますが、それでも9割は乗車できます。

水元あたりで一回休憩を入れ、登山口で国道と合流したのは840でした。

地蔵岩往復やアクシデントがあったにせよ、これはかかりすぎですが結果的には良かった。

ここから秩父滝沢サイクルパークに寄るか迷ったのですが、9時から営業とのことでGo

パーク入口には9時過ぎに着きますが、ここからつづら折れを70mほど上ります。

しかし受付には人がおらず、閑散としている。どうやら雨予報に変わって休みモードに

入っていた様子。一応受付はできてBMXとダートジャンプコースを独り占め。

ダートジャンプを主に走りましたが、4連コブの最初でどうしても後輪が引っかかる。

さらに3つ目で力尽きて最後のコブは飛べない。何回やってもこれは同じでした。

BMXコースの方は大きなコブのプッシュの感覚が掴みやすい。あっているかは不明ですが。

10
時過ぎにはパークをあとにしますが、気になっていたのはMTBコースと練習コース

というものが見当たらなかったこと。帰宅してネットで聞いたら坂の途中に入口が

あったらしい。あー、やっぱり受付で聞いておけばよかった。

そこから下って大滝温泉には1025着。食事をとろうと思ったら11時からだったので

温泉を先にします。上に檜風呂で下に岩風呂。岩風呂のほうが露天風になっています。

前日風呂に入れていないので、ここは外せない。荷物の整理もまとめてします。

温泉を出てから食堂で手打ちそばを食す。付いてきた味噌風味のこんにゃくが美味。

結局温泉と合わせて1時間ほどまったりしてから帰路へ。

ここから西武秩父駅まで1時間程度ですが、最後の30分で小雨に降られました。

やれやれですが、2日間無事にフィニッシュできてなによりです。

にほんブログ村 MTB

雁坂峠1日目

当初、塩山から走りだして日帰りというのも考えましたが、日が短い今の季節と R0013699

自分の体力を考えるとあまりにリスキーだと思い、12日に変更しました。

塩山から広瀬湖へのバスが最も早くて8時半発だったので、中央線各停で

まったりアプローチ。早めに着きましたが、高校へのバスに間違えて乗りそうになった。

バスが西沢渓谷入口終点に着いたのが930。そこから直接山に入る予定でしたが、

天気がよく、人気もあるので行程に楽観的になり、せっかくなので西沢渓谷を覗く。

まだほとんど人がいなかったので、行けそうなところまで行って引き返すことに。

結局、最初の見せ場である三重の滝まで見られました。直前に延々と続く木製の

階段もあってなかなかのハードコース。紅葉がまだということもあってか、

滝自体は普通な感じでした。水の色はディープグリーンで綺麗。人はまばら。

広瀬湖に戻って、丁度食堂が開いたので稲荷寿し2個と前回のリベンジで巨峰の

ムースソフトを頼みました。美味なり。トイレに行ってから今度は本当に出発。1045

峠へはしばらくちゃんとした看板が続き、迷うことはない。基本は舗装路だが

高架の車道をくぐってから越えるため勾配は結構ある。30分ほど走るとこの道が

登山道に変わるが、幅はあり路面は整備されていて不安はない。基本は押し。

12
時に最初の渡渉に遭遇。ここらへんは渓流が滝になって紅葉も進んでいて綺麗。

暑いのでヘルメットとグローブを脱ぎ半袖で進む。ここから道は河原になり

ルートが不明瞭で一時的にロストすることも。足場もガレていて進みづらい。

岩場のようなところでロープがある場面もあるが、片手でつかめば大丈夫なので

さほどの難所ではない。13時前にようやく沢から離れるが、ここから先はさらにきつい。

落葉樹がまばらに植わった綺麗な傾斜地を延々、つづら折れで登っていく。

やがて森林限界を越え、まわりが低木の笹に変わっても急勾配が続く。

一方で標高で1700mを越えたあたりからどうにも身体に力が入らなくなっていく。

水も補給食も摂っていたので原因は高度か。頭がふらついて景色を楽しむ余裕も

失っていく。自転車はなるべく押すが担ぐ場面も多くなっていった。

地を這うような速度で進み、峠に着いたのは14時半でした。景色は山梨方向に

おおきく開けています。正面に黒金山。登攀途中には左端に富士山も薄く見えた。

しかしこれだけメジャーな峠だというのに整地されている部分はほんの僅かで

両側が切り立った本当の峠、もしくは稜線といったほうが近いかもしれません。

ここでGPS台座がもげるというアクシデント発生。後に宿で応急処置をしました。

この日の宿泊地の雁坂小屋には峠から埼玉側に下ります。乗車できるところも

あるのですが、ふらついて危険なので自重しました。1450小屋着。

この時間だと日が落ちる前に下りきれません。宿泊は正解でした。

雁坂小屋は基本、土日に小屋番が入り、それ以外は部分的に開放しているとのこと。

この部分的がどの程度かわかりませんでしたが、2段のベッドスペースは閉鎖され

ストーブのある共用部のみ開放されていました。たぶん泊まれても10人ぐらい。

おまけに布団と枕はなく毛布のみ。シュラフ持参が前提のようです。小屋に断熱もなく

翌朝、屋外気温が5度のところ、屋内でも同じ気温でした。水は1キロ先から引かれ

ふんだんにあり。トイレも問題なし。宿泊者はテント場含めてぼくひとりだけ。

夕食はフリーズドライのご飯物に、同様のシチューをかけたもの。翌朝も同じ。

初めて食べてみましたが、ふたつ合わさると結構食べた感じがありました。

日没が近いので16時には早々と食べ終わり、寝床につきました。

にほんブログ村 MTB

2015年10月17日 (土)

雁坂峠より帰着

山梨埼玉県境の雁坂峠に山小屋1泊で行ってきました。R0013696

危険なコースではないですが、とにかく全体とひとつひとつのエリアが長すぎ、

日帰りできなくはないですが、無理して事故ったりするのは避けたほうがいいでしょう。

季節的にいろんなところで紅葉が、2日目の朝は深い雲海が見られました。

一方で布団枕なし、毛布のみで一晩過ごすことになったり。

行くのは大変でしたが、下りは最高でした。

詳細はまた明日に。

1
日目

・走行距離:14.5km

・獲得標高差:1069m

・最高標高:2080m

2
日目

・走行距離:49.3km

・獲得標高差:427m

・最高標高:2011m

にほんブログ村 MTB

2015年10月16日 (金)

優先事項

ぼくの今の最優先事項は連れ合いとの時間です。コミュニケーション能力がLogo

あるほうではないため、必ずしもそれが双方にとって楽しい物にはならないのですが、

絶対的な時間はできるだけ確保するようにしています。

自転車で泊まりがけがある場合は連れ合いのスケジュールに合ったものに参加し、

過去、草津や富士スバルラインでヒルクライムに参加した時は、

宿は二人で泊まり、二人の旅行にイベントを付ける形をとっていました。

なので今年の鳥海山はイベント当日に帰ることに固執し、2連泊は避けました。

結果的に終盤に悪天候に見まわれ、参加していたら列車に乗るのに苦悩したでしょう。

今回の雁坂峠の平日設定も同様な理由から来ています。

この世界で最も評価を気にするのは連れ合いのものです。いくら社会で評価されようが

連れ合いから認められなければ意味が無い。そして一般に女性は男性に精神的に

護ってくれる存在でなければ評価しない。それは極めて個人レベルの話です。

実際はぼくがいなくても連れ合いは平気で生きていくでしょうから気の持ち方ですけどね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月15日 (木)

エアコン取り付け工事

電気屋さんの都合で工事日が延び延びになっていて、108日にようやく工事。R0013674

1ヶ月近く待っている間に暑さは去ってしまっていた。電気代は安く済みましたが。

当日は3人の職人さんがいらしてお二方が外で2時間、若い方が屋内で3時間超かかりました。

当初、ヨドバシで見積もられた工事費は25千円ほど。とてもそんなのじゃ足りない。

結局、工事費は税込みで8万円を超えましたが、工務店通したし、まあそれぐらいかかるわな。

これで夏冬と問題なく作動してくれたら安いものでしょう。手抜きされるよりはいい。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月14日 (水)

ライト

今週の1516日と雁坂峠に行く予定。気温が下がり日も短くなってきたので。Img01_l

寝床と水、食料は恐らく問題ないのですが、平日なので小屋番がおらず、

電気が使えないのが不安です。基本的に日没前にすべてを終えねばならない。

もちろん自転車のライトとヘッドランプは持っていくのですが、ちょっと頼りない。

先日のライドでレンタルしたブラックバーンのセントラルフロントライトは500ルーメンと、

MTBについているGentos閃の5倍の明るさがあり、夜間走行に不安はなかった。

ただこの製品、自動で照度が変わるなど多機能なため値段も高く16500円。

しかし検索してみるとGentosからもNEXERA 979Rという700ルーメンのライトもある。

こちらは実売価格6900円とそこそこお手頃。夜間走行が多いなら買うけどどうだろ。

にほんブログ村 MTB

2015年10月13日 (火)

掃除機購入

5年半使った掃除機が故障し、買い換えました。前にその経緯は書きましたがR0013640

シャープに修理を出しても結局同じ診断でした。できればモーターも交換って

言ってましたが、23週間に一度狭い家で使うぐらいで5年でダメになるものなの?

ともあれ買い替えです。今回はヨドバシまで行く気が起こらなかったので、

価格コム経由で通販購入しました。しかしスティック型サイクロンというのが

ほとんどヒットせず、あるのは4万円以上するダイソンの製品ばかりでした。

スティック型サイクロンは今まで2台使っていて、もう紙パックやキャスターには戻れない。

仕方なく数少ない選択肢から、パナソニックの製品をポチりました。

価格は前回のシャープのものとほぼ同じ。性能や重量も同様。サイズはちょっと大きめ。

さてモノが届いてみると、基本的な操作はシャープのとほとんど一緒。

まるでアンドロイドに模倣されたiPhoneです。大元はダイソンのDC07なのかな?

ただ、まるっとコピーしているのではなく、一部で変更あり。これが改悪。

・幅広のハンディーブラシがついていない。不便。

・ノズルの先端にブラシが付いておらず、ものを傷つけてしまう。

・ホースの取り外しボタンが手前側にあり、把手を持ったまま操作できない。

・電源ボタンが左側にある。利き手が右なら右手で操作するのだが。

これらがパクリをバレないためのものならあまりに稚拙です。

ゴミ捨ても下蓋が開くダイソン方式ですが、ホコリがそれ以外の場所に

広範囲にこびりついていて、毎度の掃除が面倒くさい。

まあ操作はいずれ慣れるのでしょうが、5年は最低持って欲しい。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月12日 (月)

裏山ナイトライド

土曜日は予定が空いてしまったので、急遽檜原村在住のMTBガイド、R0013668

ジンケンさんの裏山ナイトライドという企画に参加してきました。

ブラックバーンという強力なライトの力を借りて、暗闇のトレイル下りをします。

さて当日は集合時間まで予定が空いていたこともあり、まずは39ひろばへ。

11時半頃到着しましたがまだ誰もおらず、とりあえず箒でコースの清掃をする。

20
分ほどして徹さん到着。その後ジンケンさんらも加わり三内ハウスでランチ。

ぼくは昼食をとっていたのでコーヒーを頼みました。パウンドケーキが美味しかった。

コース整備は今回は主に銀杏拾い。悪臭を発するので厄介な仕事です。

ジンケンさんがYamadoriのバイクに乗られてきたので試乗させてもらう。

24インチのややファットのタイヤを履かせたフルリジッド。ブレーキは機械式。

フロントフォークが立っていてクイックな上にサスの遊びもなくブレーキもガツンと効く。

とにかくフロント周りの操作が難しく、恐怖感さえありました。

トリックはしやすいのかと思いきや、やはりFサスがないので反動がつけられず

テクニックのない者には辛い。ただちょっと漕いでやるとフロントはすっと上がった。

コースではジャンプの練習をしようと思っていたのですが、ここのコブは単発で

かつリップが立っている。飛んでもその先はフラットな地面なので躊躇します。

飛ぶメリットもないし、やはりテーブルトップか2連コブで練習したい。

39
ひろばを御暇し、ライドがスタートしたのは3時。まずは川沿いの道を走り

舗装路を上ります。雰囲気のいいピークで少し休んでからトレイルを下る。

お寺を参拝してから川面におりて、おやきを買ってリゾート風テラスでまったり。

ここからさらに移動して、ダートの林道を上ります。本来はここは下るルートでしたが

参加者がぼくだけだったのでオプショナルルートを組んでいただきました。

このダートの上り途中で日没。お借りしたブラックバーン製のライトはフロントも

リアも照度が強力で、少なくとも閃の倍以上は明るい。おかげで不安感はなし。

ただ荷物のせいか腰痛が出ていてこの上りはしんどかった。

ダートを上りきって展望台を兼ねた東屋で夕食休憩。コーヒーを頂きました。

ここからの眺めは昼は見たことありましたが、夜景もまた素晴らしい。

やや曇り気味で遠望がきかなかったのは残念でしたが。時刻は18時過ぎ。

30
分ほど休んで出発。いよいよここから暗闇のなかのシングルトラック下りです。

そんなことできるのか?と思いましたが、ジンケンさんのテールライトと

後輪を見ていれば状況はつかめました。先頭を走るのは無理かもしれません。

マニアックな小径を繋いで降り立った先は駅の裏でした。19時前に帰着。

いや面白かった。機材とガイドがいてこそ成り立つライドでした。お薦めです。

・走行距離:
19.1km

・獲得標高差:541m

・最高標高:445m

にほんブログ村 MTB

2015年10月11日 (日)

単独行動

今回はグループで誘われたにもかかわらず、単独で不参加を決めました。

まあアクセスが自分だけ輪行で他の人はクルマに乗り合わせ、

他の人が2泊のところ1泊だったり、条件は違っていました。

でも、みんなで楽しもうとしているのに白けるじゃんという意見もあろうかと。

昔、青森県の白神ラインへ行くというプランが有り同様のことが起きました。

結局豪雨で白神ラインは撤退したのですが、ぼく以外は参加した。

走れなくても思い出を共有できるからいいのかもしれません。

でもぼくは自転車には全く個人的な理由から乗っています。

故に他のひとと比べて単独行動の比率が大きい。

この前のふじてんでも思いました。みんなグループで独りで来ているのは自分くらい。

でもぼくは純粋に技術を磨きに行っている。その体験は別に共有されなくても構わない。

逆に集団で行動するとペースを乱され、置いて行かれたりするとフラストレーションになる。

盛り上がるのは自分の内面だけで十分です。

やっぱりぼくは社会とか組織とかから最も遠いところにいると再認識。

それだけそれらから恩恵を受けてこなかったわけですが。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月10日 (土)

鳥海山DNS

悪天候予報につき、昨年のアドベンチャーin富士見に続き、今年は鳥海山をDNSです。

スタート時に降っていれば出走しないぼくは雨具を買ったのも山サイを始めてからと遅く

それ以降も雨具を上下着込んで走ったことはありません。清水峠では雨中で押しましたが。

雨天強行というのは本当に例が少なく、一昨年の9月王滝がそうでしたが結局DNF

雨だと眼鏡の自分は視界が効かず、辛いという記憶以外何も残っていません。

輪行参加の自分には泥だらけの状態で特急に乗るという高いハードルもあります。

特急券を含め、交通費が3万円近くかかるのも大きなリスクでした。

今回は特急券の払い戻しの関係から大会3日前での判断となりましたが、

日本気象協会などのページでは当日の予想天気図すら見あたらない。

そこで参考にしたのがGPV気象予報Accu Weather です。

前者は広範囲での雨雲の動き、後者では長期での詳細な予報がわかります。

鳥海山は来年リベンジ!

にほんブログ村 MTB

2015年10月 9日 (金)

作品写真復刻

2005年にeMacG4を買い、ADSLで常時接続を始めてから写真をめぐる環境が変わった。

それまではPowerPC7200/90にISDNという原始的な構成で7年ほど仕事をしましたが

ワープロ、表計算、作図はともかく、画像を扱うにはあまりに非力でメモリもなかった。

ホームページに少し大きな画像があると読み込みで停まってしまうような時代だったので

必然的に画像データは軽くなり、別途サムネールをつくるなどの面倒も多かった。

その制限が2005年に撤廃され、ホームページの写真は以前の小さなものと、

以降の大きなものが混在する、ちぐはぐな感じが残ったままでいました。

今回、事務所を引っ越して15年近く手付かずだった、昔の写真がつめ込まれた段ボールを

ようやく開けて、以前の作品画像の元になった写真プリントを発掘しました。

意外にすんなりと写真は見つかりましたが、Projectのhigashi projectの写真だけない。

仕方なく7200/90に残された画像データをフロッピーでeMacに移そうとするも、認識しない。

ダメ元でフロッピードライブをMBAに直接繋いだところしばらく認識しませんでしたが、

やがて動作が始まり、無事データを移せました。2代分のMacが繋がった瞬間は感動した。

その後作業は無事完了し、FlickrのアルバムのCompetition、Project、s-residenceと

n-residence、t-residenceの一部の写真が差し替えられました。こちらです。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年10月 8日 (木)

関戸橋フリマ出品予告

1017日は5年半振り2度めの関戸橋フリマに出店するつもりです。→24日に延期。

時間はおそらく7時から9時ころまで。雨天DNS

放出する品は以下のとおり。事前に声がけしてもらえば取り置きしておきます。

・サンティーニ オーストラリアナショナルジャージ半袖上下 6000

 サイズMやや大きめ、数回着用、中古美品

・グラファイトデザイン半袖ジャージ 3000

 サイズM小さめ、1回着用、中古美品

・サンティーニ半袖ジャージ 2000

 サイズM、中古

・スポーツフル半袖ジャージ 1200

 サイズMやや小さめ、一部擦り切れあり、中古

・アヴェディオ ウィンドブレーカー 800

 サイズM1回着用、やや黄ばみあり、中古

・カペルミュール バンダナ 500

 未使用、やや白っぽい汚れ?あり

・カリマー ネッククーラー 800

 未使用、白っぽい汚れ?あり

GUTR スウェットバンド 1000

 サイズ調整可、未使用

ccp サコッシュ 1000

 未使用

MTBホイール前後ペア、26インチ、フリー9速対応、中古 9800

 リム マビックXM-317ディスク32HFハブ スコット、Rハブ シマノFH-M525、QR
 →スペーサーを噛ませれば10速用のスプロケットが入るようですが自己責任でお願いします。

・フェアウェザーb903ブルムースバー w=665650ミリにカット 5000

 ステム長90ミリ相当、一度取り付けたのみ、中古美品

・アンサー プロテーパー685XCトレイルライザーバー w=685650ミリにカット 1200

 クランプ系OS、使用感あり、中古

・ビットリア ザフィーロ700×23cタイヤ 1000

 未使用

・ファーニアー アウターケーブル保護カバー4 300

 未使用

にほんブログ村 MTB

2015年10月 7日 (水)

鳥海山向けポジション調整

・ステム長3570ミリに交換R0013631

・コラムスペーサー移動でステム20ミリ下へ

・ステムの上下反転

今うちのMTBは下りやトリックに向いたセッティングにしているのですが、

100kmのロングライドの半分近くが舗装路となると

いろいろ変えた方がいいように、土曜日の試走で感じました。

MTB
の絶対的スピードがロードより遅いのは太いタイヤにもよりますが、

身体の空気抵抗が増えることが無視できない。で、ハンドルは出来る限り低く。

オンロードだと体重をかけたペダリングが有効なのでハンドルは遠く。

またステムを伸ばすと高速域で直進安定性が増すというメリットもある。

ヘルメットもジャージもロード用のものを使い、放熱性を高め、空気抵抗も減らします。

一度取り付けたフェンダー類も、空気抵抗を考え今回は外しました。

−−
レポート見るとONGRに近いコンディションのようなのでFガードは復活。

にほんブログ村 MTB

2015年10月 6日 (火)

BROMPTON

ブロンプトンの直営店であるBrompton Junction Tokyoが代官山にオープンしました。R0013630

自転車人ならみんな知ってる、モールトンと双璧をなす英国の小径車ビルダー。

折りたたみ方に特徴があって、2-3のアクションでスツールサイズくらいまで小さくなる。

そのスタイルは頑なに変わらず、カラーで限定生産モデルを出しています。

今回発売されたのはブラックエディションで、パーツのほとんどが黒ななか、

フレームはビビッドな色を採用し、鮮烈なイメージを出すことに成功している。

もともとブロンプトンはすぐには気づかれない地味なデザインなのでこれくらいが丁度いいか。

ブロンプトンのもう一つの特徴はその輪行スタイルにあり、サドルを伸ばして取手とし

車体に付いたローラーで転がすスーツケースのようなスタイルがとれる。

しかし今は鉄道の輪行規則が詳細まで規定され、ローラーもサドルも露出不可となっている。

転がせないなら持つしかないのですが、ブロンプトンの車重は12kg弱と決して軽くない。

特に駅の階段を上り下りするのは難儀です。ぼくの知人でも持っている人は結構いますが

実際乗っている人が少ないのはこうした日本の事情があるからかもしれません。

ぼくはどうかというとミニベロ9の代わりにはなるかもしれません。

特に最近は西多摩方面に移動のために輪行することが多く、それなら小径車でもいい。

しかし用途としてはポタ車にしかならない。16インチのタイヤは20インチでも不安定なのに。

何より小径車に16万円というのもね。円高の時はもっと手頃だったのかもしれませんが、

価格を知っている人はいるだろうし、そうなると街中に駐輪する気にもならない。

ブラックエディションのラグーンブルーにはだいぶ心揺らがされたのですが。

にほんブログ村 MTB

2015年10月 5日 (月)

鳥海山想定練

レースの想定練習で毎年行っている林道に今年も行ってきました。R0013626

去年のレポートはこちら

去年より
1時間45分早く出発するも、最終的なアドバンテージは1時間にまで減った。

ここのところ林道を走ってなかったし、体力の衰えもあるのかと。

730駅発

トイレでボトルをすすぎ、コンビニでポカリ1L補給。パンとサンドイッチはその場で食べた。

昼過ぎにターニップに入る予定なため、行動食は購入しなかった。

835林道1始点

林道1は最初のピークまでがほとんど舗装された。ピークまでのタイムは昨年と一緒。

下ったベンチのある広場の沢でボトル1本分補給。が、これが原因でお腹壊した。

9301

路面は前日の雨で湿っていて砂にタイヤが沈む。大きな水たまりも多くあり下りで

スピードが出せない。ダートでの均一トルクのペダリングもできずタイムロス。

10452

ここでも水を補給したのでこちらを飲むべきでした。当初のポカリはここで飲み干す。

ここから水分を摂るタイミングを逸して走り続けるが、下りで頭がふらつくように。

恐らく脱水。慌ててボトルの水を飲む。精神的にも辛くタイムロス。左膝に違和感あり。

1210林道1終点

倒れこむように休む。タオルは必携。途中水たまりの泥を巻き込んでしまい車体は泥だらけ。

この時点でアドバンテージ1時間。ターニップの2時までのランチが心配。

1225林道2始点

しばらくは見覚えのある道が続くが、突如道の真中に深い溝が現れる。水が侵食した

窪みなのだが50センチほどと深く、地震で起きた地割れのような印象。4輪車は通れない。

メンテナンスは全く入ってなく倒木もそのまま。道がないじゃんと感じた風景も。

1245分岐

タイムを重視し、砂の路面と急勾配が揃った一番きつい上りは最初から押すことに。

下りで道路の深い溝が復活し、これは終点まで続いた。大規模な崩落箇所もあり。

崩落は応急処置はしているものの、根本的な工事をする気配はなく殆ど廃道。

1335林道2終点

林道2は去年と同タイムだったがランチを急ぐ。

1345ターニップ着

なんとか間に合った。ランチセットで焼きカレーをオーダー。ようやく一息。

1420ターニップ発

左膝が怖くてスピードが出せない。途中トイレとコンビニ、土産物屋に立ち寄る。

1535駅着

帰宅は17時半過ぎとなりました。山手線のホームを上る時、左膝が痛んだ。

飲料は結局1.5L消費。行動食はあるにこしたことはないと思いました。

来週に本番を控え、ちょっと不安の残る練習となりました。

・走行距離:
73.6km

・獲得標高差:1300m

・最高標高:933m

にほんブログ村 MTB

2015年10月 4日 (日)

Mac OSX El Capitan

毎年秋の恒例行事となりつつあるMac OSの新バージョンリリース。20151001_182259

今回は前回のYosemiteと比べると地味なバージョンアップでした。

・文字のライブ変換:文字を打った側から変換されていく。スペースキーを押さないので

 ワンアクション減り、長文を書く人には嬉しいかも。ただ誤変換もあり。

・スプリットビュー

 フルスクリーンを縦に2分割して2つのアプリが同時に見える。大画面ならともかく

 11インチのMBAでは画面が小さくなりすぎて、あまり実用的ではない。

Safariのよく行くサイトはタブをピン留め→まあ便利。

Mapの経路で交通機関検索→日本は対応せず。

・カーソルを振ると大きくなる→なかなか出現しない。まあいらない機能だが。

あとはフォントが変わったくらいで、インターフェイスはYosemiteとほとんど同じ。

処理速度は若干アップ。Liteiconβ版のみ対応でフォルダは対象外なので手貼り。

もうひとつ前から気になっていたLibre Officeのアイコンが浮いているので、

全体に明るく加工したのち、9度傾けて貼り直しました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月 3日 (土)

痛み

前に熱中症にかかってから左耳が外耳炎になり、それが耳の付け根の痛みを引き起こしていた。

先週の土曜日に耳鼻科にかかりステロイドが処方され、数日後に痛みは消えました。

驚いたのはそれと同時に眠りが明らかに深くなったこと。

あまり気にならないと感じていましたが、痛みは結構なストレスになっていた模様。

自転車だと腰はともかく膝の痛みは致命的で、以前東京軽井沢のブルベの試走をした時に

最初の3つのアップダウンで両膝を壊し、以降は自転車の乗り降りも不自由になったのを思い出す。

やはり最初の無理は禁物です。鳥海山は序盤のロスは後半で取り返すつもりで、

スロースタートにするつもり。予防としてストレッチも有効です。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年10月 2日 (金)

ショップレポ更新

久しぶりにスポーツ自転車ショップレポの情報を更新しました。

ロードバイクとかMTBの専門店はメンテナンスというニーズがあるので強い。

あとは老舗も基本的に強いですが、アルプスや東京サイクリングセンターのような例外もある。

ファッションに重きをおいた店の閉店が多いですが、同業で発展しているところもある。

前者はF.I.G Bikeやローテイトストア、後者はパンダーニ、ブルーラグ、Tokyo Wheelsなど。

あえて共通項を見つけるとしたら、立地か。特に渋谷、代官山中目黒、二子玉川は厳しい。

恐らく賃料が高くて続けられないケースが多いのでは。カペルミュールもどうなるか。

にほんブログ村 MTB

2015年10月 1日 (木)

ハンドルバー交換

もともとはブロンプトンに黒ずくめのバージョンが出ているというので見に出かけた。R0013614

小径車店は休みだったので新宿ワイズの本店とビギナー店へ。

結局なかったのですが、翌日二子玉川店で発見しました。

安っぽく見えるという予想は当たっていましたが、個人的には後三角の黒もないかと。

モールトンと同じで、後ろ三角が立体的に見えるのが魅力であると思うので。

さてビギナー店には特売品コーナーがあり、ここにメタリックシルバーのMTB用バーを発見。

EastonのHaven Riserの型落ち品で幅は711mm、価格は定価の1/3程度。

メタリックシルバーのバーはChromagから出ていて欲しいと思っていました。

かなり逡巡しましたが、結局購入しました。家に帰って取り付けてみると正解。

端の部分を継ぎ足して使っていたAnswerのバーは、既に随分とやつれていました。
ハンドル幅は微増しましたが、重量はほぼ同じで変わらず。

サーベロはバーテープとステムで、SILKはインフレータでメタリックシルバーを使い

全体の印象が決まりました。MTBもこれで一つの完成形になるのかもしれません。

にほんブログ村 MTB

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »