« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

フロントフォークの亀裂

土曜日はMTB後輪のエア漏れ、デジカメのレンズ外側のシャッターが閉じなくなる、R0013956_2

フロントフォークアウターレッグのブリッジ部分にクラック発見と凹むことの連続。

ヘルメットにも傷がつきましたが、これは補修しました。タイヤはその後再発してないので

輪行時にストラップで横方向に長時間力をかけていたせいだと推測。カメラは力技で解決。

最大の問題はフロントフォークの亀裂です。ブリッジの根元付近に縦に2センチ強。

塗装のクラックなら問題ないのですが判別不能。この裏面には傷は見えない。

クイックリリースだと亀裂が入りやすいそうですが、ほとんどの場合、横方向に走っている。

アウターレッグのみだと送料を入れて2万円ほどで調達できます。ただ、自分では組めないので

工賃やメンテによるダストシールの交換など、結果的に高く付きそう。

Rockshoxの商品は種類が多いので、下手すると互換性のないものを買ってしまう可能性もある。

で、あれば以前検討したSRサンツアーのEpiconあたりを買ってしまう手はある。

ホイールは15mmスルーアクスル対応なので、そちらに変更すると強度の確保もできる。

価格は送料込みで25千円。シャフトの交換を含めると約3万円。

いずれにせよぱっと買える値段ではないので、じっくり考えようと思います。

にほんブログ村 MTB

2015年11月29日 (日)

39ひろば秋のわいわい祭り

表題のイベントに参加してきました。ざっくり言うと路整備+BBQ+ライドの一日。R0013955

出発は余裕かなと思っていましたが寒さで起きれず、ばたばたに。

新聞とか前日の掃除のゴミ捨てとか予定をバッサリ捨ててとにかく家を出ます。

武蔵五日市駅には10時頃到着。が、自転車を組み立てる段で後輪タイヤがまたペタンコに

なっているのに気づく。原因不明。とにかくポンプで空気を入れようとするも、

長らく使っていなかったので固着していて、これを引き抜くだけでも一苦労。

集合場所へはなんとか10時半の予定に間に合った。39ひろばに移動してまずは物資運搬。

折りたたみ式のトーマステントを立て、折りたたみの椅子を並べ、ガスコンロが2つ。

参加人数は最初15名でしたがどんどん増えて最大20名は超えていた。

ここで買い出し部隊と路整備部隊に分かれ、後者のぼくは落ち葉清掃と、細かな枝切り。

さらにラダーの奥のヘアピン部から上に、直線状に路を開拓します。結構な勾配。

路は奥の方にどんどん延びているけど、結局ほとんど走られてないんだよなあ。

買い出し部隊が戻ってBBQタイム。豚、鶏、牛肉にさつまいも、玉ねぎ、ピーマン、

エビ、餃子!といろんなものが焼かれていました。肉に一瞬興奮するも、意外とすぐに

飽きてしまう。それより早く走りたいな。歓談とかって苦手だし。

日が傾いてきた頃にようやくライド開始。メインはやはりいちばん下の周回。

上に登ってもラダーの始点から周回コースの1本上に出て合流するというルートくらい。

周回ではコブで飛ぼうと思うも、やはりそう簡単にできるものではない。

踏み切りより前輪のプッシュのほうが大事な感じ。ロールもやろうとしましたが難しい。

日没とともにバタバタと片付けて終了。やあ、でも結構汗かいた。お世話様でした。

帰路の途中でフロントサスのブリッジ部にクラックを発見。どうしたものかな、これは。

にほんブログ村 MTB

2015年11月28日 (土)

ジャンプ練

ふじてんでの大きなコブはタイミングをつかみやすかった。これが小さくなるほど

難しくなり前輪への荷重も必要となる。究極がバニーホップなのかもしれません。

ランプを購入して2回めのジャンプ練習です。音が出ます。


後輪はだいぶ上がるようになりましたが、まだ少し伸び上がるタイミングが早いのかも。

後輪が台に引っかかって距離が伸びていないケースが多い。

ランプの裏面にCEマーク発見。ある程度は信頼できるのだろうか。

にほんブログ村 MTB

2015年11月27日 (金)

ジャンプ用ランプ購入

この前のジャンプ講習でジャンプ台が欲しくなり、ネットを検索してみたのですがR0013940

同様の30センチほどの高さがあり下向きの弧を描く製品は日本での入手が難しい。

唯一使えそうなのは、悪名高きドッペルギャンガー製の高さ15センチの直線台。

この製品、上り下りと頭のつなぎの3点セットで5000円以下とお買い得。

まあ、その分、強度とかに不安はあったのですが。DSR-188BKという製品です。

しかし届いてみると意外としっかりしている。上に体重をかけるとたわみますが、

壊れる気配はなく、反りがつくことでむしろ望み通りの性能があると言える。

早速近所の河川敷で上りの1ピースのみ使ってジャンプ練習をしてみました。

一応固定用のペグも別途購入したのですが、なくても無問題。

落ち葉が積もったやや前下りの土面にセッティング。

ハンドルをランプ手前でプッシュした直後に前斜め前方へ伸び上がり。

何度も繰り返してなんとなくわかったような気がしていたのですが、

携帯で動画を撮ってみると、やはり後輪が浮いてこない。前輪は問題ないのですが。

恐らく踏み切るタイミングが早過ぎるのだと思います。

ここらへんは動画で随時チェックしながら修正していくしかない。

にほんブログ村 MTB

2015年11月26日 (木)

携帯用簡易三角巾

西多摩MTB友の会の会員で消防隊員でもあるnさんが友の会だよりに寄せた文章で20151124_1820

里山ライドの時に持つべきものを挙げています。

最優先はペットボトルの水、三角巾、エマージェンシーブランケット。

続いてゴム手袋、笛、身分証明証。

意外だったのが三角巾ですが、ぼくは過去、ライド中にメンバーの怪我を3

経験していて、そのうち2件は肩、鎖骨周りで痛みでほとんど動けないような状態だった。

自転車すら押せなくなるので三角巾があると随分違うかも。

で、ネットで調べてみましたが、三角巾の布というのは意外と大きく、普通のタオルや

バンダナなどでは全然足りない。バスタオルであればなんとかなりそうですがかさばる。

そこでネットで見つけたスーパーのレジ袋で代用する方法でつくってみました。

袋はかなり大きいものでないと難しいです。

http://ne-stra.jp/2514.htm

これならかなり小さく、軽くなるのでいいかと思います。次回から装備に含めよう。

にほんブログ村 MTB 

2015年11月25日 (水)

鮭の燻製パスタ

2回に渡る試行錯誤の結果のレシピです。2人分。

・パスタ250g(大盛り)。普通であれば180g

・鮭の燻製半分。

・しめじ半株。

・玉ねぎ1個半。

・鷹の爪(赤唐辛子)3本。

・オリーブオイル大さじ2杯。

・塩、黒胡椒少々。

・日本酒180ml

・大根半切り。

・昆布1枚。

・はちみつれんげ150g

鮭の燻製を軟らかくするのが最大の課題。短冊切りにして紙パックの日本酒をタッパに開けて

小さく切った昆布と一緒に燻製を2日半浸すも変化なく、結局出汁と一緒に煮詰める。

鮭の燻製を避けて出汁を水で薄め、サイコロ状に切った大根の半分を煮て小鉢に。

残った大根はやはりサイコロ状に切り、はちみつを開けた小さなタッパに浸す。

23時間で大根は引き上げ、湯のみ2杯分のハチミツ大根の出来上がり。

同量のお湯で割って飲む。賞味期限は23日。引き上げた大根も食べられる。

薄切りにした玉ねぎと石づきをとったしめじはオリーブオイルで炒めて、

最後に煮詰めた燻製を合わせて別皿へ。

再度フライパンでオリーブオイルを熱し、種を取り輪切りにした鷹の爪を炒める。

パスタは塩を加えた十分な熱湯で所定の時間茹で、湯切りをする。

上記フライパンに入れ和えて、さらに別皿の具も投入して塩、胡椒で味付け。

これで鮭の燻製パスタ、大根の小鉢、ハチミツ大根の出来上がり。

燻製は硬いままだが、ポロポロと崩れ食べやすくはなります。塩気も抜けます。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月24日 (火)

すき焼き会

土曜日はめずらしく用事が2件入っていて、4時からのところ5時くらいから参加可能

と言っていたのですが、秋ヶ瀬から帰着したのが5時。急いで着替えて20分で出ます。

2
つめの用事は事務所の先輩で協働したこともあるtさんが代々木の事務所を畳み

八王子の実家に引き上げるというので、事務所のお別れのすき焼き会でした。

基本的に2番めに務めた事務所つながりで、元ボスも含めて参加者は5名。

昔は忘年会とかやっていましたが、この面子で集まるのは本当に久しぶり。

ぼくはしばらく実務から遠のいていることもあり、何を話すのだろう?という感じで

あまり乗り気ではなく、それで遅れた部分はあったと思いますが、

550分頃に着くまですき焼きは待っていていただいていて恐縮する。

果たして行ってみると普通に建築の話はできました。もう身体に染み付いているんでしょうか。

怖かった元ボスも御年60となり、さすがに幾分かまるくなられて話しやすかった。

そこのスタッフのその後を10名ほど把握していますが、元ボスを含めて大学教員に

なったのが2名。一級建築士事務所を構えているのはtさんが撤退してたぶん2名。

あとのほとんどが勤め人です。やはり今は経済的に厳しい。家族がいると特に。

結局9時くらいまでいて御暇しました。すき焼きもtさん手製の海鮮丼も美味しかった。

ごちそうさまでした。海鮮丼はtさんの分も食べてしまったようで失礼しました。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年11月23日 (月)

秋ヶ瀬の森バイクロア5

TUBAGRAがデモンストレーションを行うとのことで3年ぶり二度目のバイクロアへ。R0013924

だらだらしていたらいつの間にかもう11時前。慌てて出発します。

荒川CRに入ったのはちょうど12時。が、向かい風が強く荒川峠になってた。

会場に着いたのが1235。秋ヶ瀬公園に来るのも随分久しぶり。

バイクロアは人が多く、出展ブースも多かった。

とりあえずざっと一通り見て自販機で水分補給。

TUBAGRA
のショーは13時から。jinkenさんとトライアラーのセイヤくん。

ストリートライダーのAKIRAさんの3名による実演でした。

最初の丸太超えのあたりは人が多く、よく見えませんでしたが、

技は徐々に高い方へ移動していく。トラックの荷台やらトラクターのタイヤやら。

基本はダニエルでそのまま飛ぶか、刺して飛び移るか。どれも神業。

最後は恒例になっているらしい、jinkenさんによる高所からの飛び降り。

3m近くあったのではないか。自転車無しで飛び降りても怪我するレベルですが

さすが無事クリア。会場は沸いていました。

流れでTUBAGRAによるジャンプ講習にも参加しました。

大小3つのジャンブ台が横に並べられ、キッズもシニアも混ぜこぜで順番に

好きなジャンプ台を飛び、随時指導が入るというもの。

参加者は10数人。結構多かったですがあっという間に順番がやってきて

30本くらいは飛んだのではなかろうか。途中疲れて2度ほど休憩。

で、肝心のジャンプの方はうまくいかない。腕でハンドルを引き上げるようになっていて

ジャンプでなくポゴになっているとのこと。前輪をジャンプ台の上を

走らせる感じとアドバイス頂き、前輪は上がるようにはなった。

ただできない時も多く、アプローチ速度を落とすように言われる。

うまくいったときは身体から自転車が遠く、ペダルは前方に押す感じか。

あとはここから刺しを入れていくとステップになりますが、撮影された写真を見ると

それ以前に後輪が浮いていない。技練での課題がやはりまだ克服されていなかった。

45
分の予定のところ1時間半やっていて、終わったのは1515

次の予定があるので急いで戻ります。帰路の荒川CRは追い風で楽ちん。

ただ最後はやはりナイトランになってしまいました。環七の夜は緊張する。

にほんブログ村 MTB

2015年11月22日 (日)

MTB後輪スローパンク

いつ頃からかMTBの後輪から徐々にエアが抜ける現象が続いていました。

チューブレスによくあるビード部からの漏れだろうと放置していましたが、

木曜日にタイヤを一回外して点検し、再装着しました。

点検では目視と触診では穴や傷は見つからず、再装着で解決すると思っていましたが

翌日の夜には後輪のエアが完全に抜けきってしまっていました。悪化した。なぜ?

仕方なくスポンジに水と洗剤を含ませて、タイヤ外周を水分で浸します。

チューブレスはこの穴特定作業がめんどくさい。で、ようやく小さな穴発見。

タイヤの中央部付近で何かが刺さって抜けたらしい。パッチ処理をします。

再び空気を入れると、またエアが抜けていくような音が。確認すると

ビード部から漏れている。もう一度タイヤを外してみるも損傷や異物はない。

再び空気入れ。今度はビードを上げるべく3barまで。一晩様子を見た限りでは

治っている様子。やれやれ、チューブレスも意外と繊細だ。

にほんブログ村 MTB

2015年11月21日 (土)

今年の自転車的買物

ちょっと早いですが今年の10k以上の自転車的買い物まとめ。

ともに海外通販で国内にお金落としていません。申し訳ない。

30k以上:RockShox ドロッパーポスト

 一種の躁状態の時に衝動的に購入。さほど操作する場面は多くないが

 これがなければMTBの技練習を始めることはなかった。

 http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-4023.html

20k以上:Garmin GPS

 以前のGPSが故障し修理不可だったので後継機種を即買い替え。

 受信感度が弱くなった気がする。あと静止しててもログが動くようになった。

 http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/garmin-etrex30-.html

今年は結局タイムを測る、いわゆるレースにはひとつも出走しなかった。

実に8年ぶりなことです。ロードバイクも乗らなかった。50を越えたし転機なのかも。

--
・20k以上:SRサンツアーフォーク
12月に入ってMTBフロントフォークロワーレッグに亀裂発見。
コスパ最高と謳われるEpiconを購入。

にほんブログ村 MTB

2015年11月20日 (金)

愛玩動物を殺すこと

ブタがいた教室って映画をDVDで見た記憶があるのですが印象に残っていない。71gexirquhl_sl1181_

大阪の小学校で実際に行われた授業の映画化。1年後に食べるという約束でブタを飼い始めた

先生と6年生の生徒たち。だがアダ名を付けて世話をするうち、生徒たちはブタに感情移入していく。

結局生徒は屠殺場にブタを送り出すのですが、これでは保健所に犬猫を引き渡すのと同じ。

大学の教育学部の同級生がなにかの合宿で鶏を締めるのに号泣したという話を思い出しました。

そもそも現代の人間の精神は愛着が湧いたものを殺害することに抵抗があるようにできている。

それは極めて健全な精神であり、安定した社会を築くには必要なものです。

逆に犬や猫や鳥などを無意味に殺戮する少年少女は深い沼から抜けられず殺人を起こす。

サカキバラ少年にせよタリウム名大生にせよおなじことで、もう元には戻れない。

彼、彼女らは一生社会に放つべきではなかった。

牛や豚や鶏を殺すなとは言わない。ただそれらはお互いのためにも家畜として扱うべきです。

子供の頃から愛玩動物のように育てられたブタは自分を人間だと思っているかもしれない。
子供らは1年間一緒に過ごしたクラスメートを死刑台に送ったようなものだ。

感情移入したものを殺せという命令はまるでカンボジアや中国で暴走した共産主義のようだ。

そうした行為を強要する日本の教員養成課程は狂っている。むしろそれが職業でもないのに

こうしたことを平然とやってのける人物のほうが危険なのに。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月19日 (木)

年賀状廃止正式通知(個人法人共通)

ブログの読者と年賀状の交換相手はおそらく重複は少なく効果はわかりませんが、162

来年度以降の年賀状廃止を正式に通知いたします。ぼくからも事務所からも同じです。

来年の正月以降に年賀状を頂いた場合は、添付画像を印刷したハガキをお送りします。

当方から先に賀状を出すということはありません。よろしくご了承ください。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月18日 (水)

舌を縫った話

食事の時に舌を切ってしまい、結局大学病院で縫合手術を受けた顛末です。R0013899

日曜日の夕食はめずらしく自炊し、頂いた鮭の燻製を入れたパスタを食べました。

ワインを飲みながらだったので、酔いは回っていたと思います。

恐らく硬い燻製を噛み切ろうとして、誤って舌を噛んでしまった。

やっちゃったという意識はありましたが、舌を噛むこと自体はめずらしくないので、

食事を続け、ただデザートの時に舌に違和感があったのは覚えています。

その後、DVDで映画を見たのですが、出血していることがわかったのでティッシュを詰めるも

一向に止血する様子がない。映画を見終わった後、ティッシュをガーゼに替えて

舌に固定を試みるも失敗。仕方なく指で患部を上から圧迫する。

この時既に指などが血まみれでベッドに行くことは断念。長くなりそうだったので

連れ合いには先に休んでもらう。しかし依然出血は止まず、ガーゼも残りがなくなる。

上を向いて舌を縮まらせ、乾燥させる方法に変更すると舌表面の血液が固まり、

とりあえず出血は見られなくなったのでベッドへ。この時夜中の12時半。

しかし舌からは膿のようなものが出てきて溜まって気持ち悪くなり、吐き出す。

これを繰り返していたため結局朝の4時半位まで一睡もできず、朝食はストローで飲物のみ。

この後、さすがに眠くなってベッドで眠ってしまったら、掛け布団に大量の血しぶきが。

しかしこの時は悪寒もしていて体調が悪く、昼の11時位までは眠っていた。

起きてからシーツの洗濯。干してからコンビニへ買い出し。リポDとゼリー飲料を購入。

この間、出血と止血の繰り返し。が、傷口は一向に塞がる気配がない。

さすがに医療機関にかからないといけないと思うも、どこに行けばいいのか。

ネットで口腔外科と謳っている永福町の歯医者を検索し、午後の診察の始まる

2時に電話を入れるも、4時に来てくれとのこと。

日が傾いてきていて早めの340くらいに着くも、患者は見あたらないのに4時まで待たされる。

ようやく診察となって、口の中を見せるとこれは大学病院に見てもらったほうがいいと言われ

紹介状を書いてもらい、新宿の東京医大病院に転院。

このとき既に暗くなってきていて、自転車でそのまま新宿まで急ぎます。

5時前に到着して受付を済ませたので一応時間内診療となりましたが、

外来受付は終わっているので、時間外外来に回されます。

看護婦さんに状況を伝えると、なんでそんなに放っておいたのと言われる。

ちょっとベッドに横にならされ待っていると口腔外科の先生登場。

テキパキと問診が進み2階の外来診察室へ。

と、そこにはいわゆる歯医者さんの椅子が一面にずらっと並んでいました。

口内を洗浄、出血部位を特定した後、局所麻酔をし、縫合が行われました。

するとそれまで口を濯ぐ度に大量に見られた出血がピタリと止まった。流石だ。

その日のうちは麻酔も残っていて疲れもあり、しんどかったですが、

翌日にはほぼ回復。ただ大きな食べ物は舌に負荷を与えるのでちょびちょび食べている次第。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月17日 (火)

バニホ練再開

夏が終わってしばらくは技練のリハビリを続けていましたが、今回ようやく次の段階へ。

バニーホップで固定物を越える練習です。最初は10cmもない公園の縁石からスタート。

音が出ます。


この映像の前日にも練習したのですが、その時のほうが後輪が上がっていた感じ。
映像の13本目は縁石の角に落ち、2本めがなんとか縁石上部まで飛べています。

フォームは前回のバニホ画像に比べるとスマートな感じ。ただ踏み切った後の動作は

全然足らない。前輪は上がっているから後輪を徐々に上げていきましょう。

にほんブログ村 MTB

2015年11月16日 (月)

シェア

今の建築界の若手の掲げるテーマはシェアみたい。青山ブックセンターでもR0013894

シェアをタイトルに持ってきた書籍がいきなり多数発行されている。

先日見に行った403architecture[dajiba]による住宅のリノベーションもまさにこれ。

南側前面道路の狭小敷地。1階にリビングとその脇に玄関。奥に進んでトイレと階段のコア、

キッチンを経て、洗面室と浴室。階段を上がって両手方向に1室ずつの2LDKはそのまま。

2
階の和室を洋室に、天井を剥いで小屋裏表しなども行っているのですが、

最大の変更はリビングルームを玄関と合体させ、シェアスペースにしたところでしょう。

このスペースは床を抜いて土間になっており、引戸で外部と連続できるようになっている。

家族の中ではもちろん、知人友人や近隣住民に対してもオープンな半外部スペース。

食べ物持ち寄ってパーティーしたり、週末に小規模なバザーをしたりとイメージが湧きます。

これには先例があって、篠原+内村によるシェア矢来町というシェアハウスがあるし、

理論としては山本理顕さんが地域社会圏 シェアリングコミュニティと名づけている。

これは未来予測なのかあるいは目指すべきモデルなのか、そこら辺は知りませんが。

ぼくの自邸も道路に面する南端部をぶち抜いて引戸を設ければシェアスペースはできる。

でもぼくは出向くのは一向に構わないのですが、ひとを招くというのは大の苦手。

そういう人間もいる、人間の多様性というのも念頭に入れていただきたい。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年11月15日 (日)

屋島山上拠点施設プロポーザルコンペ

一昨日提出締め切りだったコンペです。時間はあったのですが長いこと放置していて、R0013872

締め切り間際に数日間スタディしてみたのですが、納得する案ができなかった。

要項を見る限り自由度は高いのですが、自然公園法や文化財保護法がかかり、

あまり派手なことはできない。一方でかなりスカスカなボリューム設定でも

60%の建ぺい率に引っかかり、敷地境界が合っているのか不安もあった。

写真はスケッチの一部です。ロの字型のガラスの回廊が3つのマッスにより

支えられ上空に浮いています。西側の展望の開けた面は木のルーバーを立て

遠望では光のストライプが山上に浮いているように見えます。

3
つのマッスは十字型、円形、三角形の平面となっており、それぞれインフォメーション

飲食物販、ホールが割り当てられます。ガラスの回廊は展望と展示を兼ねていて、

1階からスロープでアプローチ可能です。

結局提出していません。最近のコンペはほとんど結果に納得していないというのもある。

個人的には藤本さんあたりにうならせる案を出してもらってスッキリしたい。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年11月14日 (土)

マイライフ・アズ・ア・ドッグ

1988年の公開時に見て以来の再視聴。スウェーデンの少年はその落ち着きのなさゆえC0035838_17174211

精神的に苦しい環境で育った。彼はいつも意に反して死んでいった者たちを想い、

彼らの人生よりはましだと自分を慰めるように言い聞かせる。

ある日彼の母親が病気で亡くなり、彼と兄は別々に親類のもとに引き取られる。

当初はその環境にお互い戸惑っていたが、街全体が家族ぐるみのようにガラス工場に

勤める温かな世界でやがて信頼できる友達や異性と出会っていく。

この映画で謳われているのは決して愛してくれない存在からは決別し、

自力で自分を受け入れてくれる環境を見つけ、飛び込んでいくことの大切さ。

彼が決別したのは母親。浜辺でふたりで笑い合うシーンが流れますが、これは少年の幻想。

実際の母親は子どもより本が好きで、日常的に癇癪を起こしていた。

親に愛されていないと自覚するのはとても辛いことですが、乗り越えねばならないことでもある。

子供の頃は学校でも馴染めなかったりいじめを受けたりということは日常茶飯事です。

辛いことですが、これは時間制限のあるコミュニティで、終われば完全な自由が待っている。

世の中には数えきれないほどのコミュニティがあって、居心地が悪く呆然と立ち尽くしたり、

申し訳なくて苦笑いを浮かべるしかないような場にはいるべきではない。

世界には自分をそのまま受け入れてくれるコミュニティは必ずあります。

ただ、異性関係もコミュニティも永遠ではない。常に変化していて終わることもある。

その時はまた流浪する。人間は本来、流浪する動物なのかもしれません。

アフリカから追われた人間は欧州に定着して白人となり、欧州を追われた人間は

アジアに移ってモンゴロイドとなる。日本人も恐らく多数は大陸から追われたモンゴロイド。

そして自分の居場所を見つけるべく流浪することそのものが人生なのかもしれません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月13日 (金)

鳥海山の参加記念品

自転車イベントの参加記念品といえば、よくあるのがTシャツとタオル。Crg5redukaae8k_jpglarge_2

記憶にあるのでは、ボトル、キャップ、コラムスペーサーなんてのもありました。

普通DNSだと会場に行かないかぎりもらえないのですが、今年DNSだった鳥海山の

記念品は郵送で送ってもらいました。少し前の話ですが好印象ですね。

ただこうしたイベントがたいがい地元のPR目的であるので、無駄に捨てるよりは

若干の送料を払ってもそれでアピールできるならメリットが見込めるのかもしれません。

で、送ってもらったのは鮭の燻製、Tシャツ、スポーツドリンクの粉末、ゼッケンなど。

この他に観光パンフレットのたぐいが多数。結構もらえたとお得感があったのですが。

T
シャツは速乾性素材でないのが残念。スポーツドリンクは人工甘味料が摂れない。

最も悩んでいるのは鮭の燻製で酒のツマミになるなるようですが、そういうのは苦手。

パスタに入れるという手もあるようですが、上手い活用法はないものだろうか。

にほんブログ村 MTB

2015年11月12日 (木)

ヘルメット塗装後編

今回使った塗料は以下のとおり。R0013881

・タミヤ ファインサーフェイサーL

・アサヒペン クリエイティブカラー ブルーつや消し

・アサヒペン クリエイティブライフ マットクリア

下地がつや消しだったのと仕上げも同様なため、磨きの工程は省いています。

クリアはウレタン2液がいいそうですが2600円と高いため、アクリルに。

ロゴは白のカッティングシートを手で切り抜きましたが、ギザギザになってしまった。

こだわるのであればロゴを下に敷いて.aiデータをつくって出力は店に依頼したほうがいい。

今回はクリアまで吹いてからマスキングを外し、あご紐など一部塗料が付いてしまっている

ところをシンナーで拭き取りました。最後にもう一度クリアを吹いて完成。

のはずが、このクリアに塗装クズをつけてしまい、最後にドタバタ。順調だったのに。
仕上がりにはまあ満足してます。手軽にできるイメチェンですね。

にほんブログ村 MTB

2015年11月11日 (水)

ヘルメット塗装前編

今手元にあるヘルメットはロード用のBell VoltMTB用のFox Racing StrikerRimg0004

それに街乗り用のOGKカブトMaxityがあります。Maxityは技練に使っている。

ここでMTBのヘルメット欲しくなりました。きっかけはSpecialized Tactic2を見たこと。

現行ではないのですが、ブルーのモデルがPocTrabecみたいでかっこいい。

が、それならあまり使っていないMaxityを塗装するという手もあるのではないか。

ただヘルメットの塗装は昔持っていたOGK W-3Rで白く塗装しようとして失敗してる。

でも被らないヘルメットを持っていても仕方ないので、再度塗装にチャレンジ。

まずはカスタマイズした白と青のカッティングシートを外し、洗剤で洗います。

その後、パッドやあご紐をカバーして各所にマスキングを施します。

今回は塗装ののりを良くするために下地にサーフェイサーを吹くことに。

これ初めて使ってみましたが、白色なのですが薄っすら下地が見えて乳白ガラスのよう。

これで終わらせてもいいレベルでしたが、まあ汚れるだろうし、翌日水色に塗装。

スプレーはパウダー状に広がり以前より格段に進化しているようです。今のところタレ無し。

前編はここまで。後編ではクリアを吹いてマスキングを外し、手製のロゴを貼る予定。

にほんブログ村 MTB

2015年11月10日 (火)

天敵

人間、合わない人というのはどうしても出てくるものですが、長く生きていると、

いわゆる天敵は見かけからでもだいたい区別できるようになります。

ぼくの場合逆三角形の頭形でつり上がった細い目、にやけた口元。

俳優の要潤や芸人の千原ジュニアなどが相当する。もちろんこれ以外にも天敵はいますが。

たいがいグループにひとりいるかいないかの頻度で、問題が起きるときは、

天敵が周りを巻き込んでいるというケースが多い。この前は同時に二人いてびっくりした。

たぶんそれは商売の匂いのするイベントだったからでしょう。天敵は金を稼ぐことを

第一義とする。金にならないと思った相手は無視するか嘲る。金のためなら

媚びへつらうことも辞さない。でもぼくはそうした接待の類が嫌い。

どこまで行っても水と油の存在です。なるべく関わらないようにはしていますが。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月 9日 (月)

櫛形山トレイル

8時半に最初の送迎が出ますが、列車の接続上難しそうなので、9時半を目標に。R0013854

5:55の電車に乗って、竜王に着いて自転車組み上げたのは8:40。

駅前の道を南下し、右斜め前に折れて釜無川を渡ります。

川を渡ると若干の上り。さらに右斜め前の道路を進んでショートカット。

52号を越えて川を渡ると上りが始まります。ここで9:15、あれ時間がない。

GPS上ではもう目の前なのですが坂がきつい。結局バス発着場まで上りっぱなし。

9時半に着いてバスは10分ほど遅れていたのでセーフ。ここで標高440m。

バスは紅葉の観光客用のものをシェア。キャパはぎりぎりで満席になりました。

スタート地点までは結構な勾配の坂。標高870mまで上る。到着は10:05。

上った地点には池があり、紅葉が水面に反射して綺麗。

受付を済ませ、あとから来た搬送車から自転車を下ろし組み立てます。

もう既に1回走っている方がいて、早々とスタートしていきましたが間に合わず、

結局スタッフのhさんの先導で10名ほどの集団で下ります。

このなかにはXC界の著名なo夫妻がいらしてた。ことの重要さにあとから気づく始末。
なんだかんだでスタートは10:20。ここからしばらく林道の舗装路で後半は上り。

トレイル入口で後続を待ったこともあり、10時半は過ぎ去り次のバスはパスとなりました。

最初は手前のコース。途中までダブトラですが、シングルトラックが始まると

勾配はかなりきつくなり、木々の間をくねくねと走り抜けるテクニカルなコースでした。

つくりこまれていますが路面の土はもろく、ずるずるとずり下がってしまう。

乗車不可な場所はないですが、途中のラダー+ドロップには恐怖を感じ、緊張しました。

と、半分ほど進んだところでトラブル発生。これでさらに時間が費やされ、

結局バス発着場に着いたのは11:35でぎりぎりでした。

スタート地点に戻って12時。昼食タイムでなかなか豪華な弁当を頂きました。

近くにもう一つ池があるとのことで、そこで昼食を摂ることに。

が、これ60m近く下がったところにありました。途中で引き返したくなった。

湖は小ぶりでしたが紅葉は綺麗だった。池の水は白濁している。

食事を終え、スタート地点に戻るとスタート準備をしている人たちのなかに

kさん発見。コースを教えてもらい、2本目のあとで戻ってくるなら同行することに。

2
走目のスタートは13時。奥のコースに向かいますが、勘違いして林道終点まで行ってしまう。

これは違うと思い、戻ってみると奥のコースの入口発見。こちらのコースは使われなくなった

林道を細かく繋いでいく感じで、手前のコースほどの勾配はない。

道幅はあり両側がバンクになっているので、上手い人ならいろいろ遊べそう。

途中、ヤセ尾根的な高度感のある場所なんかもあり、飽きさせない。

ぼくはこちらの方が気に入りました。とてもゆっくりと下りましたが。

バス発着場には発車時刻の1340着。人気がないので行ってしまったかと思いましたが

自転車の搬送場所に人がいるのを発見。聞くところによるとどうやらバスは来たけど

満員で乗れなかった模様。次のバスは1時間後とのことで、ぼくはここで離脱。

土産物を買いに清月というお菓子屋さんに寄ります。ここでロールケーキとシュクレという

シュークリームを買い、後者はその場で食べました。注文を受けてからクリームを入れる

賞味期限1時間のシュクレは絶品でした。もう他に食べたいものがなくなるほど。

そこから行きに渡った橋を再度通りますが、遠い。往路は気が張っていて感じませんでしたが。

橋を渡り終えてから今度は川沿いの遊歩道を進みます。

多摩川なんかとまたちょっと違った雰囲気でお勧め。紅葉も綺麗でした。

竜王駅着は1450。が、帰路の中央線各停はとにかく時間調整が多く帰宅したのは

18時をまわっていました。面白いコースなのだけど輪行だとアクセスが辛いです。

でもまあ一日楽しかった。スタッフの皆さん、ありがとうございました。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 8日 (日)

櫛形山トレイルより帰着

南アルプスMTB愛好会の方たちが2年かけて整備してきたトレイルが限定オープンしR0013842

参加してきました。標高差400mで今回は2本のトレイルが公開されました。

標高差400mというと結構ある。斜度も通常のトレイルの最後の急坂がずっと続く感じで

お腹いっぱいになり、それぞれ1本ずつ計2本走って離脱しました。

お昼は弁当が出て近くの湖まで降りていって紅葉を眺めながら食べました。

帰路に寄った清月のシュクレは絶品シュークリーム。ぜひ一度お試しを。

しかしなんせ各駅停車の輪行往復なので、行き帰りだけでも疲れきりました。

詳細はまた明日。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 7日 (土)

タイム依存症

少し前にネット上に山行きのログを載せてそのタイムを競うことが行われていて

問題になっていました。テレビ番組で見ましたが、良いタイムを載せると賞賛の

コメントが付いて止められなくなるそうな。まさに依存症。

ロードバイクではヒルクライムという同様なものがあります。こちらは公的なもので

富士スバルラインとか乗鞍エコーラインとか普段でもノンストップで上れるところを、

高いエントリーフィーを払って遠くから多くの人が参加しています。

やはり皆さん気にするのはタイムなのですが、これは大雑把に言って体力と練習量で

決まってくる。前者は年齢とともに衰え後者でカバーしようとしてもいつか限界はくる。

つまり最後は絶望することがわかっていてやっているように見えるのですがどうなのか。

前者の例で問題になったのは、それが事故遭難を引き起こすおそれがあるからです。

当人だけでなく、それを真似した第3者が死傷する可能性だってある。

自転車の場合、MTBを例に取ればハイカーもいる山道の下りでタイムは意識すべきでない。

たとえ事故らなくともその速度はハイカーに恐怖心を与えます。

どうしてもスピードを出したければ富士見やふじてんなどの常設コースに行くべきです。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 6日 (金)

数は暴力

先日のハロウィーンでは渋谷は前年に増しての混雑となり、都はボランティア清掃のプランを

発表していましたが、結局はゴミが散らかり放題になり子どもが掃除しているとニュースになった。

日本人はマナーを守る人種じゃなかったのか?過去サッカーW杯にて自主的に掃除を

しているのを海外から賞賛され、ぼくが飛行機を利用しても、散らかり放題の中国人客席周りに

比べて日本人客の周りはとても綺麗で対照的です。

たぶん日本人といえども数が多すぎるとコントロールが効かず暴走してしまうのではないか。

別のニュースで京王電鉄のウォーキングイベントが突如として中止になったそうな。

どうやら近隣住民からクレームが入った様子。ぼくも1度、多摩湖自転車道でこうした

イベントに遭遇しましたが、道いっぱいに横並びで歩き、それが延々続く。

すいませんと言うとあらごめんなさいと道をあけてくれるので個人単位で悪意はないのですが

これが大集団になって誰も統率がとれないとなると、やはり一種の暴力となります。

山でも同じようなことが起き始めていて、登山者・ハイカーが爆発的に増えてきている所に

同じ道をトレイルランナーも使うようになって問題視されました。

ましてやMTBなどと非難の矛先はこちらにも向いてきました。

しかし山道を使うMTBer・山サイ屋は恐らく増えてはいない。また、基本的に使う道は

ハイカーと被らないようにしています。ハイカーが増えてきた道には自然と行かなくなる。

そして数が少ない分、統制は取れていると思いたい。ハイカーを確認したら下車し、

挨拶してすれ違う、もしくは抜かせてもらう。これはMTBerの基本中の基本です。

ただこれも数が増えてしまうとコントロールできなくなるので、新規参加者に対して

必ずしもウェルカムと言えない事情はわかっていただきたい。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 5日 (木)

東京メトロポリタンマウンテンミーティングレポ

朝、8時半から9時集合とのことで、都庁の来客用駐輪場にミニベロを停め、R0013820

都庁前広場に着いたのは丁度8時半でしたが、既に多くのメンバーが作業中で、

テントが設けられ、テーブルも出ていたので商品の飾り付けなどを手伝う。

9時半から全体ミーティング。ブースはMTB体験エリアと友の会紹介エリアに分かれ

ぼくは後者に配属。この日は風が強く、しばらくはパネル類の固定に奔走する。

ブースはずっと日陰にあり、寒さがじわじわと体力を奪っていく。

イベント開始は11時だがそれより前からお客さんはぱらぱらやってきました。

いきなりの客対応で戸惑ったが、周囲のフォローもありなんとか乗り切る。

ただどこまで話すべきか線引が難しい。以降は店番的な仕事を自ら規定する。

昼食は弁当を提供して頂いたので、地下の吹き抜けの下で食す。

食後には他のブースも見て回る。檜原村のブースにはジンケンさんがいてご挨拶。

ひのじゃがくんのクッキーを購入。山のブースも充実していて1日かけて回りたくなる。

友の会ブースにはメンバーの他に、nさんも来訪。お会いするのは久方ぶり。

ブースでの会話はMTBに乗っている人のどこで乗っているのかという質問と、

ハイカーらしき方のMTBでトレイルを走るのは危ないのではという話が多い。

気を使う話なので瞬時のジャッジに神経を使う。

2
時を過ぎたあたりから精神力と体力が削られてしんどくなってきて、

来展者に不親切となるジャッジミスを連発してしまい、休んでる?との声がけもあり

地下の食事場所でパンと飲料を補給してリセットすることに。

復帰してからは体験エリアに移ろうかなとも思いましたが、こちらはジャッジミスが

落車とかにつながりかねないので自重。結局最後まで紹介エリアにいた。

今回は西多摩MTB友の会のコアメンバーが主に運営を担っていたが、

とにかく手が動くし口もまわる。オープンな形での試乗会は初めてとのことでしたが

とてもスムーズな運営でそうとは思えない。MTB試乗は結局80数名が参加した模様。

日が傾き、客が減ってきた4時過ぎから徐々に撤収開始。当初はパネルディスカッションが

終わるまで、テントやバナーは残す方針でしたが、急速に暗くなってきて全バラシ。

中沢さんらがパネルディスカッションから戻ったところで記念撮影。5時半頃。

皆様お疲れさまでした。コアメンバーでもないのにお気遣い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 4日 (水)

東京メトロポリタンマウンテンミーティング

昨日、11月3日に新宿都庁前広場で開催された東京メトロポリタンマウンテンミーティングにR0013822

西多摩MTB友の会にも声がかかり、出展することになったので是非ともとお手伝いに。

http://ymm.yamakei.co.jp/tmmm/

基本はハイカーやトレイルランナー向けの専門的な催しです。そこから東京都自然公園

MTB利用自主ルールを都とともにつくりあげた縁で声がかかりました。

中沢さんにはパネリストとしてシンポジウム参加の打診があるなど、ほとんど奇跡。

それは実際の場に立ってみて、あらためて強く思いました。周りは山好きな自分の好物だらけ。

好日山荘。ヤマケイ。イワタニ。キーン。jRO。動植物に関する展示もありました。

個人的にはすぐにでも飛び込んでいきたい世界。

ただ、違和感というのはやっぱりあって、ぼくも感じたし他にも感じられた来場者は

いらっしゃったようです。やはりマウンテンバイクのブースは浮いて見える。

でもそれは現状を考えれば当たり前のことで、まずは仲間と見てもらえる機会を設けて

もらったというのがとても大切。ぼくらはせっかく頂いたスタートの種を、

枯らさないように大事に大事に育て上げなくてはならない。

詳細はまた明日に。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 3日 (火)

靴底に穴が空いた

以前、異臭を発したと書いたアディダスの革のスニーカーの右足、朝に雨の中をR0013814

歩いていたら水が入り込んで、駅往復するだけで水浸しになってしまった。

靴底を見てみると、表面のパターンの下のワッフルのような構造の表皮が削られ、

何箇所か穴が空いていました。この空間はソールに直に接しているのでここからの漏水。

前回、靴が臭った時、両足ともぐっしょりしていましたが、右だけ匂いが残ったのは

おそらくこのワッフル状の空間に水が溜まってしまっていたと思われます。

いずれにせよこの靴はもう使えません。なんと僅か1年と10ヶ月の寿命でした。やわだな。

笹塚のABCマートに行ってきましたが、6500円も出せばそこそこ見られるものは買えそう。

ただこれから寒くなるのでハーフブーツの出番だし、スニーカーはTevaMTBシューズでも

代用できるので、当面は様子を見ることにします。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年11月 2日 (月)

自転車日和

結局自転車日和誌の取材は掲載されました。ただまあ自分で見ても地味だわ。R0013804

一方取材された他の自転車を見ると、blue lug率が高い。今やお洒落自転車の牽引役。

その行動力たるや凄まじく、今まで日東やWTBといった大手ブランドともコラボしてきた。

そんなblue lugも幡ヶ谷の裏通りに小さな店を出していた頃はストリート一色で

ローディではないぼくでもその敷居は高く感じました。今でも多段スプロケットや

変速機の商品は見られませんが、完成車ではギアードも多く扱ってないわけではない。

http://bluelug.com/contents/bike-catalog/

たぶん今の
blue lugはロードバイクとMTBの専門店が定型的に扱う品以外で、なんでも

面白いと思ったものは積極的に扱っている。ロードならシマノかカンパ、後11速、電動、

カーボンパーツ以外。MTBならフルサス、ダブルクラウン、フルヘル、プロテクター以外。

自転車日和誌は今のところ、小径車をメインに据えて試行錯誤をしていますが、

小径車のショップも寡占状態で先が見えない。で、それ以外の部分に目を向けると、

案外目指す方向性はblue lugと近似しているのではなかろうか。

blue lug
もカフェを展開したりファットバイクでキャンピングしたりと、

親しみやすい方向でシフトしてきている。一度正式に組んでみると面白いかもしれない。

にほんブログ村 MTB

2015年11月 1日 (日)

オリジナル

冬目景原画展のじゃんけん大会の時に抽選で応募したサイン入りポスターが当選しR0013799

取りに行ってきました。サインいらないとか言っておきながらこれはこれで嬉しい。

B1サイズとかなり大きかったので、ロフトに飾っています。

さてサインの何がそんなにありがたいかというと、本人の直筆だから。

それくらいぼくらは複製文化のなかで生きています。漫画も本も家具や衣類、

食事なんかも今は殆ど大量生産され、コスト削減が求められています。

レストランのシェフはレシピを考え仕上げをチェックするくらいか。建築家はアイデア

スケッチをして膨大な模型を作らせ、おおまかなデザインが決まって以降は所員任せ。

ファッションデザイナーも布地を扱う実務的なところは基本ノータッチだろうし、

場合によってはブランド名を使い分けてデザインから弟子にやらせるところもある。

最もオリジナリティを求められるアートでさえ、デュシャン以降はレディメイドや複製が増えた。

ウォーホルによるシルクスクリーンがわかりやすいですが、ジャッドのミニマルな彫刻も

自分で手がけているわけではない。

最後の手描き画家に分類されるであろうクレーの線描画は、オリジナルが今、

200万円くらい、ものによっては1000万円以上だそうな。これを安いと見るか高いと見るか。

にほんブログ村 建築・建築物

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »