« 東京メトロポリタンマウンテンミーティングレポ | トップページ | タイム依存症 »

2015年11月 6日 (金)

数は暴力

先日のハロウィーンでは渋谷は前年に増しての混雑となり、都はボランティア清掃のプランを

発表していましたが、結局はゴミが散らかり放題になり子どもが掃除しているとニュースになった。

日本人はマナーを守る人種じゃなかったのか?過去サッカーW杯にて自主的に掃除を

しているのを海外から賞賛され、ぼくが飛行機を利用しても、散らかり放題の中国人客席周りに

比べて日本人客の周りはとても綺麗で対照的です。

たぶん日本人といえども数が多すぎるとコントロールが効かず暴走してしまうのではないか。

別のニュースで京王電鉄のウォーキングイベントが突如として中止になったそうな。

どうやら近隣住民からクレームが入った様子。ぼくも1度、多摩湖自転車道でこうした

イベントに遭遇しましたが、道いっぱいに横並びで歩き、それが延々続く。

すいませんと言うとあらごめんなさいと道をあけてくれるので個人単位で悪意はないのですが

これが大集団になって誰も統率がとれないとなると、やはり一種の暴力となります。

山でも同じようなことが起き始めていて、登山者・ハイカーが爆発的に増えてきている所に

同じ道をトレイルランナーも使うようになって問題視されました。

ましてやMTBなどと非難の矛先はこちらにも向いてきました。

しかし山道を使うMTBer・山サイ屋は恐らく増えてはいない。また、基本的に使う道は

ハイカーと被らないようにしています。ハイカーが増えてきた道には自然と行かなくなる。

そして数が少ない分、統制は取れていると思いたい。ハイカーを確認したら下車し、

挨拶してすれ違う、もしくは抜かせてもらう。これはMTBerの基本中の基本です。

ただこれも数が増えてしまうとコントロールできなくなるので、新規参加者に対して

必ずしもウェルカムと言えない事情はわかっていただきたい。

にほんブログ村 MTB

« 東京メトロポリタンマウンテンミーティングレポ | トップページ | タイム依存症 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/62375364

この記事へのトラックバック一覧です: 数は暴力:

« 東京メトロポリタンマウンテンミーティングレポ | トップページ | タイム依存症 »