« 櫛形山トレイルより帰着 | トップページ | 天敵 »

2015年11月 9日 (月)

櫛形山トレイル

8時半に最初の送迎が出ますが、列車の接続上難しそうなので、9時半を目標に。R0013854

5:55の電車に乗って、竜王に着いて自転車組み上げたのは8:40。

駅前の道を南下し、右斜め前に折れて釜無川を渡ります。

川を渡ると若干の上り。さらに右斜め前の道路を進んでショートカット。

52号を越えて川を渡ると上りが始まります。ここで9:15、あれ時間がない。

GPS上ではもう目の前なのですが坂がきつい。結局バス発着場まで上りっぱなし。

9時半に着いてバスは10分ほど遅れていたのでセーフ。ここで標高440m。

バスは紅葉の観光客用のものをシェア。キャパはぎりぎりで満席になりました。

スタート地点までは結構な勾配の坂。標高870mまで上る。到着は10:05。

上った地点には池があり、紅葉が水面に反射して綺麗。

受付を済ませ、あとから来た搬送車から自転車を下ろし組み立てます。

もう既に1回走っている方がいて、早々とスタートしていきましたが間に合わず、

結局スタッフのhさんの先導で10名ほどの集団で下ります。

このなかにはXC界の著名なo夫妻がいらしてた。ことの重要さにあとから気づく始末。
なんだかんだでスタートは10:20。ここからしばらく林道の舗装路で後半は上り。

トレイル入口で後続を待ったこともあり、10時半は過ぎ去り次のバスはパスとなりました。

最初は手前のコース。途中までダブトラですが、シングルトラックが始まると

勾配はかなりきつくなり、木々の間をくねくねと走り抜けるテクニカルなコースでした。

つくりこまれていますが路面の土はもろく、ずるずるとずり下がってしまう。

乗車不可な場所はないですが、途中のラダー+ドロップには恐怖を感じ、緊張しました。

と、半分ほど進んだところでトラブル発生。これでさらに時間が費やされ、

結局バス発着場に着いたのは11:35でぎりぎりでした。

スタート地点に戻って12時。昼食タイムでなかなか豪華な弁当を頂きました。

近くにもう一つ池があるとのことで、そこで昼食を摂ることに。

が、これ60m近く下がったところにありました。途中で引き返したくなった。

湖は小ぶりでしたが紅葉は綺麗だった。池の水は白濁している。

食事を終え、スタート地点に戻るとスタート準備をしている人たちのなかに

kさん発見。コースを教えてもらい、2本目のあとで戻ってくるなら同行することに。

2
走目のスタートは13時。奥のコースに向かいますが、勘違いして林道終点まで行ってしまう。

これは違うと思い、戻ってみると奥のコースの入口発見。こちらのコースは使われなくなった

林道を細かく繋いでいく感じで、手前のコースほどの勾配はない。

道幅はあり両側がバンクになっているので、上手い人ならいろいろ遊べそう。

途中、ヤセ尾根的な高度感のある場所なんかもあり、飽きさせない。

ぼくはこちらの方が気に入りました。とてもゆっくりと下りましたが。

バス発着場には発車時刻の1340着。人気がないので行ってしまったかと思いましたが

自転車の搬送場所に人がいるのを発見。聞くところによるとどうやらバスは来たけど

満員で乗れなかった模様。次のバスは1時間後とのことで、ぼくはここで離脱。

土産物を買いに清月というお菓子屋さんに寄ります。ここでロールケーキとシュクレという

シュークリームを買い、後者はその場で食べました。注文を受けてからクリームを入れる

賞味期限1時間のシュクレは絶品でした。もう他に食べたいものがなくなるほど。

そこから行きに渡った橋を再度通りますが、遠い。往路は気が張っていて感じませんでしたが。

橋を渡り終えてから今度は川沿いの遊歩道を進みます。

多摩川なんかとまたちょっと違った雰囲気でお勧め。紅葉も綺麗でした。

竜王駅着は1450。が、帰路の中央線各停はとにかく時間調整が多く帰宅したのは

18時をまわっていました。面白いコースなのだけど輪行だとアクセスが辛いです。

でもまあ一日楽しかった。スタッフの皆さん、ありがとうございました。

にほんブログ村 MTB

« 櫛形山トレイルより帰着 | トップページ | 天敵 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/62415008

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛形山トレイル:

« 櫛形山トレイルより帰着 | トップページ | 天敵 »