« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

待ち疲れ

これまでの海外通販で配達に時間がかかったのはMTBのホイールとサドルで、R0014173

ともに2012年の年末に発注して届くまで2週間かかりました。

サドルはCRCだったので遅れは珍しかったですが、ホイールはアメリカの業者だった。

今回なかなか届かない、MTBの安いステムもアメリカのeBayで購入しています。

アメリカは概して送料が高く、ケチろうとするとFirst-Class Mail Internationalという

激遅の郵便にされてしまいます。今回も送料500円台だったので、これ。

一応途中までは追跡できるのですが、まあいろんなところで停まってばかり。

ポチったのは16日で29日の日が暮れてからようやく到着。

12/25/2015 16:17 Arrived in destination country Japan

12/24/2015 05:15 Departed from USA Los Angles, CA

12/23/2015 05:15 Accepted by US Post Office Los Angles, CA

12/22/2015 08:12 In Transit to Post Office/Delivery Agent - For export Bell, CA

12/22/2015 05:56 Processed by US Carrier Bell, CA

12/18/2015 16:23 In transit to carrier's US operations facility Bell, CA

12/17/2015 17:23 Shipment has left seller facility and is in transit to carrier Bell, CA

12/17/2015 14:08 Shipment information received by Asendia Bell, CA

あまりに遅く、あとから始めたチェンホイール周りの改造が先に終わってしまった。

で、年末年始は不在だったりする。。

にほんブログ村 MTB

2015年12月29日 (火)

チェーン脱落防止策

今度はドロップオフでチェーンが外れました。R0014165

とっさにFDをインナーに入れる操作をすれば復活しますが。

で、簡単にできそうなチェーン脱落防止策を幾つか検討。

既製のバッシュガードに惹かれるものはない。
強いて選ぶならRaceFaceのブラックか。

・チェンリングボルトから外側に向けて長方形のプレートを設置。

 が、たった4点でのガードで脱落を防げるかは疑問。

BB取り付けプレートのショートバージョンの検索。見つからず。

・現状のFDのガイドプレートにより高さがあるものを追加する。

 変速で応力はかからないので、カーボンプレートなどでOK
 とりあえず手元にあったパンチングプレートで試作してみました。

まずはこれで耐久性などをテストしてみます。

−−
試走しましたが、またチェーン落ち。シフトでリカバーしようとして
プレートがチェーンに巻き込まれ脱落。使い物にならなかった。

にほんブログ村 MTB

2015年12月28日 (月)

お米

六道での収穫祭ボランティアのお土産としていただいた米、

毎日1合炊いて8日分あったから、8合くらいあったのだろうか。

お米の粒の大きさはまちまちで、さすがに市販品みたいに均一にはならないが

食べるぶんには問題なく、美味しかった。

市販品で8合というと1000円を切るくらいな値段な様子。1100円ちょっと

だから買う方としては嬉しいが、つくる方としては大変だろう。

職人さんの日単価を3万円として、1袋に1日の1/30の労力しかかけられない。

これには原材料費や肥料代、設備投資や運搬費などは含まれていません。

しかも食料なので異物を混入させるわけにはいかない。ボランティアの場で

専門家の指導が厳しい理由が食べる段になってようやく理解できました。

農家というのはやはり大変な職業なのだなとしみじみ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月27日 (日)

バッシュガードvsナローワイド

MTBのアウターを外すとTwitterに書いたところ、バッシュガードを付ける手もとJoerogerscustomtibashguardoncrank60

コメント頂きました。実際そうされた知人もいます。ぼくも2年前ならそうしたかも。

最近はフロントシングルが急速に伸びてきています。と同時にチェーン脱落防止のための

ナローワイドという歯の背が高い製品が普及してきました。
歯の厚さもチェーンに合わせ、1本置きに厚い歯がセットされています。

前に書いたとおり、ぼくはMTBを改装するときにVitalMTBBikeCheckを参考にしていて

今はほとんどナローワイドがバッシュガードを駆逐してしまった状態です。

ぼくのMTBはインナーは生かしているのでこの歯は使えません。バッシュガードも

全周ではなく1/4×2のような製品も出してきていますが、いまいち惹かれない。

で、結局チェーン脱落防止の何の策もないまま使い始めていますが、ジャンプ練習で

1回チェーンがアウター側に落ちました。20回以上飛んで1回なので確率は低いですが

トリプルだった時は一度もチェーンが外れることはなかった。

チェーンラインはほぼストレートだったのが意外でした。

フロントディレイラーと歯の間のクリアランスが大きくなっているのが主原因かと。

あとは変速用に削られた歯の裏面も影響しているのかもしれません。

対策としては山に入ったら基本フロントはインナーに入れること。

または写真だけ撮っておいて、トリプルに戻してしまうのもありかと思っています。

にほんブログ村 MTB

2015年12月26日 (土)

今年を振り返って

50歳を迎えた今年は思った以上に断捨離が進んだ年でした。20151218_103645

事務所はOZONE脱退、法人休眠化、固定電話と年賀状、コンペ廃止。自転車では関戸橋と

ヤフオクで不要パーツの放出。あともしかしたらお金出してタイム測ってもらうイベントからの

引退。mixiTwitterFacebookのフォロワーも半分以下に絞りこみました。

建築についてはおそらく今ほど熱が引いていた時期は過去にはない。

すると生活のメインは自転車になりそうですが、こちらも体力があってのものなので

10年くらいは続けるだろうけど、先のことはわからない。登山にシフトするかも。

もう余命を考える歳になってきて、身体の自由も効かなくなってくるので、

余計なことに頭を突っ込んでいる暇はない。かといって何かを目指すわけではなく、

限りなくストレスフリーの状態で残された時間を生きたい。

面白そうなところに顔を出す。それがどんな繋がりかは関係ない。極端に言えば、親密な個人は

連れ合いひとりだけで構わない。他人を貶めることで優越感に浸りたい方は特にNo Thanks

もうそんな暇はない。来年もこの流れは続くのではないかと思います。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月25日 (金)

MTBチェーンリングのアウター取り外し

最近のMTBはチェンホイールが小さいのが流行りで、R0014114

リアの歯数を大きくしてフロントシングルというタイプも増えています。

それらと比べるとどうにももっさり感があるうちのMTB

試しにトリプルのフロントギアのアウターを廃止してみました。

外すのは簡単でしたが袋型ボルトナットの長さがトリプル用なので締まりきらない。

仕方なく厚さ2mm内径10mmのワッシャーを買いに東急ハンズまで。

ばね座金というものがあったので購入。

しかし帰って取り付けてみるとワッシャーがクランクと干渉して取り付かない。

素材がステンレスなので削るというのも大変そう。

解決案は3つ。短いボルトナットを買う。アウターの代わりにバッシュガードを入れる。

歯数の小さなアウターに交換する。

結局、費用面から1番目の案を選びました。フロントディレイラーの調整も必要ですが

これはワイヤーの留め付け位置をずらすことで解決しました。

さて、これで
Max32T×11TMin22T×34Tでギア比は2.91−0.65

最近のフロントシングルの場合30T×11T−42Tはギア比にして2.72-0.71が多い。

車輪径が若干大きくなっているので単純比較はできませんが、まあカバーできています。

実際、トリプルでのアウターローというのは、舗装路の緩い下りぐらいでしか使わない。
トップ側の2枚が使えなくなりますが、レースのたぐいに出場しないのなら
必要ないと言っていいでしょう。チェーン落ちの不安は使いながら考えていきます。

にほんブログ村 MTB

2015年12月24日 (木)

自転車ファッション

自転車無駄遣いリストは過去の1万円を超える買い物をピックアップしましたが、

意外と多かったのはジャージやシューズ、バッグ、ヘルメットなどのウェア類でした。
品数だけカウントすると、全体の1/3を占めています。

が、結局普段使いするのはリーズナブルなジャージだったりするのでタンスの肥やしです。
着用した写真を撮って初めて似合わないとわかるケースも多い。 

オークションにも何度かかけているのですが、ウェア類はやはり食いつきが悪い。

一方でぼくはファッション全般について、虚勢だと思っています。まだ身体のラインの

きれいな若者には必要ない。履きつぶしたようなジーンズと生成りのシャツで十分です。

むしろファッションは体型が崩れた高齢者に必要な物なのではないか。

つまりその人が若い頃からのイメージを維持するのが服なのではないかと思っています。

これからのサイクルジャージはお年寄りがかっこよく見えるものでなければ。

この前、二子玉のワイズで見かけたような、ただけばけばしく、若作りなのはいただけない。

にほんブログ村 MTB

2015年12月23日 (水)

ムーミンカフェでクリスマス

首都圏にムーミンカフェはラクーアとソラマチにあります。ともに何度も訪れていますがR0014104

ソラマチ店が今年改装され、個室ができたそうな。そこでXmas限定メニューを予約してGo

ムーミンカフェでの食事というとこれまではワンプレートにパン食べ放題が定番で、

見た目はともかく、味はファミレス止まりでしたが、この日のメニューはコースに

なっていて、食前酒、前菜、スープ、メイン、デザートと味もレストラン並みでした。

飲物は食前酒に定番のパパグロッギの他に、アルコール度40%という蒸留酒も頼んでみた。

個室は4人掛けですが2人で貸し切り。定番の同席する等身大ぬいぐるみも、

改装を機にリニューアルされたのか、とてもきれいでした。この日はミイとお嬢さん。

一通り食べ終えて、お土産のプレートと精算を待っていると、着ぐるみのムーミン登場。

お祝いの席などには顔を出すらしいですが、今回は連れ合いも想定外だったらしく、

びっくりして喜んでいた。ムーミンからはレア物だというピンバッジをプレゼントされました。

まあ、それなりの額にはなりましたが、満足度は高かった。やるな、ムーミンカフェソラマチ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月22日 (火)

寄生獣

夏にテレビと飛行機のなかで2回見た寄生獣、今回完結編をようやく借りて見ました。81yb4hfor3l_sl1500_

大雑把な感想を言うと、原作を忠実に再現していて完成度が高い。見る前は深津絵里、

前編を見た時は阿部サダオのキャスティングに違和感があったが深津の演技はすさまじい。

日本国内で見れば紛れもない傑作で、アメリカに渡さなくて本当に良かったと思いますが、

国外で評価されるかは微妙。エンターテインメントとして見るには重すぎるし、

人類asNo.1を前提とする西欧人の思考回路では理解できないかもしれない。

なかでも驚くべき視点は、強敵の後藤が敗れ去ったあとの世界で、寄生獣は駆逐されていない。

人間と共存できるようになったという設定。それは同じ草原に肉食獣と草食獣が

共存するアフリカのサバンナを想起させます。

その対極にあるのがアメリカ。過去に弾圧を加えたアフリカ系の復讐を極度に恐れていて

それが銃社会になった大きな原因となる。この前、パリで大規模なテロが起きましたが、

どうかこのアメリカという失敗事例から学んで欲しい。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月21日 (月)

自転車的買い物ワースト3

自転車趣味も10年を迎え、このあたりで今までの無駄遣いを総決算。Dscn4249

もっと高い買い物も多いですが、無駄遣いとなるとやはりこの3つ。

・第
3/キャットアイ サイクルコンピュータV313805(2008.05.09)

 青少年期にバリバリの非体育会系だった自分がトレーニングするとでも思ったのか?

 V33とはスピード、ケイデンス、ハートレートモニターを指すものと思われ、

 当字まだ特にハートレートセンサーは一般的ではなく、物珍しさはあった。

 が、肝心の心拍に頻脈という持病を持っている自分にはあまり意味のあるものではなかった。

 加えてセンサーの無線電波が弱く、気づくとデータが切れているということもしばしば。

・第
2/タックス サトリ サイクルトレーナー:25141(2009.11.19)

 青少年期に(以下略

 とにかく暑い。冬場でも大量の汗をかいてそれがヘッドに落ちてボルトが錆びてしまった。

 うちにあるロードバイクはともにチューブラーでトレッドが薄く、

 それがトレーニングであっという間にすり減っていくのも金銭的に厳しかった。

 そして結局ツール・ド・フランスを筆頭としたロード競技には関心をもつことはなかった。

・第1/カンパニョロ コーラス クランク、チェンホイール:42890(2007.08.25)

 上2つは使わない浪費。これはもう一本の柱の見た目だけを求めた浪費。

 だいたい当時も今もカンパのレコードやコーラスを簡単に買えるほど家計は潤っていない。

 それでも欲しかったんです。今でもいいものだと思っています。いわば美を扱う者の弱点。

 当時はまだ海外通販も知られてなく、それでも安いところで買いましたけど元が高すぎ。

 もちろん下位コンポとの性能差なんてわかりません。重量差さえも殆ど無し。

にほんブログ村 MTB

2015年12月20日 (日)

ジャンプ練Part2

せっかくジャンプ台を買ったのでマメに練習はしてます。休日は人がいるので平日に。

ただまあやっても10分か20分くらい。

課題は見えています。ハンドルをプッシュしたあとの踏み切りのタイミング。

これがつかめたら、踏み切りを大きくしていこうかと。

音が出ます。


現状では後輪がMax30センチくらい。前輪はもっと上がっていますが、

あまり上げ過ぎると車体にダメージがあるので、バニホ練に戻したほうがいいか。

にほんブログ村 MTB

2015年12月19日 (土)

権現山

今年のうちに山走り納めということで、権現山に行ってきました。山に入るのは2ヶ月ぶり。R0014066

体力が心配でしたが、それより精神力の方に問題があったようで。1日延期して木曜に。

権現山を選んだのは比較的易しいコースとアクセスの良さ。しかし1300mは上らないといけない。

行きの輪行ではスルーアクスル効果を実感。片方のフォークだけ持っても応力は分散される。

8時半に四方津駅をスタートしてからは緩やかな上りが続く。130mほどのアップ。

前回の記憶より長く地道にしんどい。早くも腰痛が発生。輪行袋をサドル下に移動。

8
55不老下から林道へ。しばらくは集落が続く。コース中盤辺りで激坂あり。

ヘルメット脱いで半袖に指長グローブという出で立ちで上る。

途中で交通規制があるので注意。

後半は勾配が楽になるが、登山道入り口に着いたのは1025。一昨年より20分遅い。

体力低下を実感する。登山道はお馴染みの直登で、GPSではさほどの距離ではないのに

遅々として進まない。途中、林の中で妙な不安感に襲われる。

直登が一段落するとトラバースに変わり、勾配は緩むが踏み面が水平でないので押しづらい。

尾根道と合流したのが11時半。このパートでも前回の15分遅れ。メンタルな要因が大きい。

ここから権現山までの尾根道は半分くらいは乗車でき、楽なはずなのですが気分はどんどん

落ち込んでいく。神社下で自転車を置いて山頂を目指す頃は過呼吸のような症状が出ていた。

鉛のように重く感じるヒップバッグを下げ、息も絶え絶え山頂に着いたのが1205

山頂に人はいなかったが、あとから2組のハイカーが登ってきた。天候は曇りで雪がぱらついてる。

残念ながら富士山を仰ぐことはできなかった。震える手でカップラーメンをつくって食すと

精神の辛さがだいぶ和らいできた。

荷物の整理をして1225出発。しばらくは快適に乗車するが、二本杉を過ぎたあたりの

根の張ったパートで一休みすると、何故か恐怖感が湧き出てきて走れなくなってしまった。

速度を出せばなんとなくクリアできるのだが、遅いといちいちギャップを拾って進まない。

仕方なくそのパートは押して、そこを過ぎるとまた調子は戻ってきた。芦垣の集落に

出たのは1340。下りも15分遅い。登山道出口にイノシシよけの柵があるので注意。

ぼくは開け方がわからなかったので、車道まで自転車を担ぎあげました。

帰路ではコンビニで補給し、土産物を買って上野原駅着は1425。トータルで一昨年の

45分遅れ。まあ、このところの怪我や病気、ブランクや加齢を考えるとこんなものか。

・走行距離:
32.6km

・獲得標高差:1235m

・最高標高:1311m

にほんブログ村 MTB 

2015年12月18日 (金)

コンペ引退

今回、再仕切りで新国立競技場コンペの2案が発表され、ぼくはコンペ引退を決意しました。

いろいろと柵はあるものの、一応日本を代表する2人の建築家の案が見分けがつかず、

一般人からは旧国立競技場を壊す必要なかったなどと言われる始末。

このコンペは隈+大成が勝つ出来レースだと噂されています。もしそうなら伊東さんは

磯崎さんの東京新都庁コンペ案のような強烈なカウンターパンチを食らわすべきだったのでは。

今の建築を取り巻く状況というのは、そうしたパフォーマンスさえ許されないほど厳しい。

いま建築に求められているのはまず性能。ずーっと下がって木を使うことと日本的なこと。

後者はたいがい細かな傾斜屋根をかけることで答えとしています。

コンペに勝つのも雑誌に載るのもそれを受けた無難な模範解答ばかりでうんざりです。

もはや今の建築はぼくが人生を賭けるに値しないものになってしまった。

コンペは引退です。悔しい負けならともかく虚しい負けばかりが続くとモチベーションももたない。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年12月17日 (木)

プチ評価

基本は競争である社会ではなく、我が道を行く文化に生きる人間にとっても評価は欲しい。

ぼくは大学を卒業してから30代半ばくらいまでは建築に人生を賭けていて、

その分、膨れ上がった評価欲求というモンスターに踏み潰されそうになりました。

さすがに独立して5年もやっていると、同学年で全国規模で見て数人(組)という

超エリートの仲間入りは無理だとわかってきて、評価欲もしぼんでいきましたが、

建築に関しては欲はほとんどゼロになる一方で、評価欲というのはなくならない。

わかりやすい例でいえばFacebookです。客観的に見てウケそうな体験をした時は

それをアップして、いいね!の数を期待してしまいます。口頭では鼻につきそうな

自慢話でも写真に語らせると随分とハードルが低くなります。いわばプチ評価。

少し前まではブログのアクセス数が評価軸だったように思いますが、
苦労した割には報われず、手軽なFacebookにシフトしたのでしょうか。

こうした評価に絡むツールというのは人間の本能に訴えかけるものなので、なくならない。

一方、最近ぼくがはまっているのはVitalMTBというMTB画像の投稿サイトで、

やはりいいね!ボタンがある。美的センスが問われるのですが、ある程度はお金をかけないと

なかなか評価されない。コスパ重視を旨とするぼくは苦戦しています。

で、パーツの交換を考える時などは、ここの存在を気にかけたりします。

いくら性能が良かろうが、ノーブランドの中華カーボンフレームやホイールなどはありえない。

貧乏臭さを見せたらもう負けなのです。腐ってもブランド、の世界。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月16日 (水)

Amazon依存

2007年から2011年までは一桁前半、2013年までは一桁後半を推移していましたが

2014年に18件、2015年もここまでで14件の注文をしています。

内訳としては書籍が多く、2012年は5冊、2013年からは毎年8冊購入しています。

希少本の割合が高いですが、そればかりではない。

地元の書店は各駅の啓文堂ばかりになってしまい、基本は皆同じ品揃えで、

新刊本が発売日に店頭に並ぶ確立はおそらく50%を切っている。

笹塚の紀伊国屋まで行けば確立は上がりますが、確実ではない。

するとやはり送料無料に惹かれてAmazonとなってしまいます。

啓文堂も紀伊国屋も書店としては強者なので申し訳なくも思わないからなおさら。

にほんブログ村 MTB

2015年12月15日 (火)

里山収穫祭イベント協力

今年参加3回めの六道山公園での西多摩MTBボランティアは、1年を締めくくる収穫祭でした。12375954_624932870979001_38825843_2

今年植えて刈ったお米を餅にして皆さんでいただきます。かなり前から参加は決めてた。

が、ずっと晴れ予報だったのに前日あたりになって急に雨予報に。ざっとは降らないけど

一日を通して小雨がぱらつく感じで、予報はほぼ当たりました。

ぼくは自走アプローチは諦め、立川からバスでアクセス。峰バス停で降りますが

里山民家まで結構歩く。帰りは最寄りの岸バス停から乗りましたがこれは大回りになり失敗。

8
45からミーティング。天気が悪くてもボランティアの方は多い。食材を扱うぼくらは

手ぬぐいを頭に巻き、マスクをするスタイル。最初の作業である大根おろしは、

これにゴム手袋が追加されました。大量の大根をただひたすらおろす。

これが一段落して休憩したあたりで開場。最初は結構人が並んでいましたが、

やはり天気の影響か、全体を通して見るとお客さんは少なかった。

開場したあたりから餅をつく予定でしたが、薪の関係からかなかなか米が蒸しあがらず

スケジュールはずっと後ろ倒しに。その間は駐輪場管理したり待機したり。

賄いで昼食をとるまで結局1回しかつきませんでした。昼食はおにぎりとけんちん汁。

午後に入ってようやく出番が。餅つきの2組目に入れていただきます。

それまで見学はしていて、勝手はわかっているつもりでしたが、これが意外な力仕事で

つく前の米をこねる段階で既に両腕は疲労困憊。重い杵を渡されたのもきつかった。

つき始めるともうふらふらで、臼を叩いてしまったり。この杵じゃいかんと

他の杵を探しに行く間に手慣れた方が代わりに入り、結局ぼくはそのままリタイア。

もう代わりましょうと言えるほどの体力が残っていませんでした。残念。

その後、また米の蒸しあがり待ちで駐輪場で待機。1時ころに再度召集がかかりましたが

ぼくは駐輪場の店番で残ることに。この間、のし餅の制作などもあった模様。

この1時間は小雨も降ったし、とにかく寒かった。あいにくの天気なので自転車利用者も少ない。

2
時の閉場からは速攻で撤収。全体ミーティングのあとにようやく餅にありつきます。

醤油、大根おろし、きなこ、あんこなどで味付けされた餅が並んでいます。

苦労しただけあって美味しかった。お客さんが少なかったからか余り気味でしたが。

最後に写真撮影をして、土産にお米を頂いて帰路につきます。やあ、楽しかったな。

にほんブログ村 MTB

2015年12月14日 (月)

広角レンズの歪み

写真はコンクリートブロック壁の前に自転車を置き、撮影したものをPhotoShopR0013982

壁の歪みを補正したものです。なんか変な感じがしませんか?車輪が斜めの楕円に

なってます。あと、心なしかプロポーションが縦長になっている気が。

この写真は28mmの広角レンズで撮影しています。トリミングしているので元の

写真はもっと大きい。視点もそんなに高くはなくトップチューブのあたりなのに。

このカメラを使って3年。レンズの歪みが気になったことはほとんどありませんでした。

が、これはどうにも致命的。垂直方向のパース補正をやめてもまだ気になる。

自転車は壁より35cmほど手前にあるので、その分歪みに差がでてしまう。

これをなくそうと思ったら、望遠レンズにするしかありません。

しかしそのためだけに買うのはちょっと考えられない。

にほんブログ村 MTB

2015年12月13日 (日)

吉祥寺ポタ

行きは神田川CRで、吉祥寺のムーミンスタンドで補給をして玉川上水沿いにR0013978

帰ってきました。目的はフロントサスペンションの試乗。

まず、ハンドルがよれない。以前のクイックリリースモデルはスラロームや

ダンシングした時に微妙にステアリングに遊びがあった。これはフロントサスの

宿命なのだと思っていましたが、覆されました。

ハンドルの位置=前輪の車軸で力も逃げないので、舗装路や登りでも有利に

働くのではないか。印象としてはフロントサスが硬い感じ。サグをとった結果

サスペンションのエアをだいぶ抜いたのでむしろ軟らかくなっているはずですが。

これは王滝で試乗車に乗った時にも感じたことです。フロントの剛性が上がると

サスを硬めに感じるのかもしれません。いずれにせよ、まるで新車に乗っているような

感覚があります。5年酷使したフォークからの乗り換えなので当たり前なのかもしれませんが。

にほんブログ村 MTB

2015年12月12日 (土)

バルク品

MTBSR Suntourのサスフォーク、正規品の値段は56万円します。20151210_212408

一方で正規品の大幅値引きというのが、Amazonとかであるにはある。2万円台前半。

ただ時期的な問題なのか、今回はほとんど見つけられませんでした。

正規版はバリエーションも少ない。代理店を通して輸入されるものはさらに。

例えば2016年モデルで言えば、26”100mmストローク、リモートロックアウト

1-1/8”コラム対応は存在するが、これに15mmのスルーアクスル対応という製品はない。

そこで行き着く先はeBayで大量に出品されているOEM製品。バルク品とも呼ばれるらしい。

要はSR Suntourの部品を使って多くのバリエーションをつくり出している。そして安い。

正規品ではないので正規なパッケージはなく、取扱説明書もない。これはSR Suntour

サイトからダウンロードできるので問題なし。今回気づいたのは、シリアルナンバーさえ

打たれていないのでSR Suntour2年保証は効かずeBayのショップの1年保証がかわりになる点。

あとはやはり気になるのは粗悪品ではないかという疑念。下記mtbrの掲示板でも話題になってます。

http://forums.mtbr.com/general-discussion/so-i-got-counterfeit-suntour-epicon-china-933148-4.html

これはもうケースバイケースで、当たりがあれば外れもあるといったところか。

ただパーツ自体は正規品が使われているので、とんでもない外れというのはないのではないか。

 

非正規品=粗悪という単純な構図が当てはまらない世界なので戸惑うことしきり。

にほんブログ村 MTB

2015年12月11日 (金)

チェーンリンクの歪み

MTBのチェーンのプレートに一箇所、歪みがあるのを見つけました。R0013995

そういえば10月の雁坂峠2日目だったか、ギアをローに入れると勝手に変速するようになって

帰宅してディレイラーを確認するも問題なく、いつの間にか症状は治まっていた。

恐らくチェーンがサックした時に現状より大きく変形していたのでしょう。

テンションがかかることでそれがある程度、復元していたのかと。

あらためて両側のピンをモンキーで挟みながら曲げ戻し完了。

本来なら交換なのでしょうが、様子見ということで。

にほんブログ村 MTB

2015年12月10日 (木)

9mmQRを15mmスルーアクスル化

写真がMTBのホイールのコンバージョンキットです。上半分はが9mmクイックリリース

下半分が15mmスルーアクスル。下から2番めのものを今回別途購入しましたが、R0013973

キャップと合わせて7300円もしました。なんでもないプラスチックの筒ですが。

作業としてはまず上から2番めのもののキャップをアーレンキーで外すところから

始まりますがこれが固くて、壊してしまうんではないかと思うくらい。

それが済んでしまえばあとは2番めのシャフトを3番めのシャフトに変えるだけ。

専用工具も必要ありません。

さてその効果ですが、近くを走ってみた感想で言えば、まずフロントが軽くなった。

そしてこれは驚いたのですが、両輪を浮かせて着地した時のビビリ音がなくなりました。

てっきり後ギアあたりからの音だとばかり思っていましたが。

通して剛性が上がったのを確実に感じました。これまで車輪は別物という意識でしたが

今回の変更で、少なくとも車軸は一体だと感じるようになりました。

にほんブログ村 MTB

2015年12月 9日 (水)

フロントフォーク取り付け

オーストラリアの通販業者、cycling dealからフロントフォークが届きました。R0013969

ものはSRサンツアーのエピコンXC2014122日にポチって7日に届きました。爆速。

今回は取り付け作業等は基本的に自分でやることに。

・フォークコラムカット:カーボンフォークは2回ほど切っていますが、金属は初めて。

金のこにチェーンルブを吹き付けてみると、粉塵が舞うことなく意外とあっさり切れる。

が、切り口は斜めに。ヤスリでなんとか水平断面まで修正する。

・スターファングルナット挿入:これが一番やっかいだった。ドライバーの先端に保護で

ガムテープを巻き、さらにその上にデッキ材サンプルを挟んでハンマーで叩くも

一向に入っていかない。1枚目は結局斜めに入ってしまったが修正は効いた。

2枚目も斜めに入ったのでマイナスドライバーで微調整。また上述のドライバーの先端が

ネジ山を潰してしまっていたのでこれも修正しているうちにナットは奥まで入り込んでしまった。

・フォーク下玉押し挿入:ちょうど内径が30mmのガムテープをコラムに挿入し、

シートピラーで上からガンガン叩くも一向に入っていかない。仕方なしにマイナスドライバーで

外周を少しずつ挿入していくことに。玉押しに若干傷がついたが仕方ない。

・リモートロックアウト取り付け:フォークには何も説明書きがなかったので、戸惑いました。

だいたいアウターケーブルからして付属してこない。結局昔のカンパのシフトアウターを流用。

ワイヤーの取付方法がわかるまで時間がかかった。

・カッティングシート貼り:SR SUNTOURの水色や黄色のマークが浮いているので黒の

カッティングシートで覆いました。

この日はここまで。あとはホイールのスルーアクスル化が残っています。

にほんブログ村 MTB

2015年12月 8日 (火)

ウィルス性胃腸炎

コンペの提出前後で集中したので反動で疲れが出たのかなと思いましたが、

一日経っても、下痢、悪寒、吐き気などが治まらず、クリニックに行ってきました。

風邪のような症状で医院にかかるというのは前回を思い出せないくらい久しぶり。

診断はウィルス性胃腸炎でした。もしかしたらノロかもしれない。ただ薬を飲んで

安静にしていれば12日で症状は治まるらしい。やれやれ。

コンペが終わった後だったのがせめてもの救いだったかもしれない。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月 7日 (月)

東京五輪エンブレムデザインコンペ

資格が18歳以上と緩かったので応募しました。オリンピックは建築で携わる立場に

いないのでせめてもという感じ。グラフィックに関しては素人なので期待はしていない。

要項を見てびっくりしたのは賞金100万円の他は著作権が譲渡されるので、おそらく

一銭も入ってこないということ。こんな条件で叩かれた佐野さんはかわいそうだ。

提出物はA4ヨコ型で2枚。1枚目がオリンピックとパラリンピックのロゴデザインで、

2枚目はその展開例。2枚めについてはテンプレートが用意されているので貼るだけ。

あと必要なのは20字以内のタイトルと200字以内のコンセプト。

エンブレムは本体とその下にTOKYO2020という文字とオリンピックパラリンピックの

シンボルマークの3つでワンセット。シンボルマーク画像は支給されます。

文字はオリジナル書体ですが応募時は既存のフォントでもOK

作業は手描きのスケッチはだいぶ前からぼちぼち進めていましたが、PCに入力を

始めたのは木曜日。何度か修正を加えてデザインが決まったのは翌朝の金曜日。

線画はCADで、着色はグラフィックソフトで作業しました。PCeMacMBAを使い、

デザイン決定とおおまかなレイアウトまでeMacで、それ以降はMBAに移りました。

作業が重かったのかMBASeashoreは何度かフリーズを起こしました。

最終成果品は金曜日の夜に完成。翌朝の土曜日にタイトルとコンセプトを考え、

オンラインで応募しましたが、PDFファイルが重いとのことでエラーが出る。

仕方なくプレビューのReduce機能で小さくしますが画像はぼけて色ムラが出てしまった。

最大の失敗はエンブレムのページは容量が小さく必要なかったのにReduceしてしまったこと。

仮登録から1時間以内にアップロード必須ということで焦ってしまいました。ああ。

ともあれ月曜の正午締め切りのところ土曜日の朝には提出してしまったので、作業は実質2日でした。

まあ通るとは思っていませんが、建築のコンペに比べて負担が軽いのはいい。

にほんブログ村 建築・建築物

2015年12月 6日 (日)

ヘッドセットの規格

フォークを調達するならスターファングルナットとクラウン下玉押しが必要です。R0013967

まあ常備しているだろうと楽観して鳴木屋輪店へ。果たして前者はありましたが、

後者はメーカー名が判明しても規格が多く、製品名を見ないとわからないとのこと。

ケーンクリーク製なのですがどこを見ても製品名はない。ベアリングの横に

”36×45”873ACBという表記を辛うじて読みとる。ここで以下のサイトを発見。

http://www.parktool.com/blog/repair-help/headset-standards

ここで同型のベアリングのケーンクリーク製の
IS41という規格ではないかと想定。

それをもとに下玉押しの検索をかけるも見つからない。FSAH6011は同ベアリング

対応と書かれていますが、対応ヘッドセットにケーンクリークの名前はない。

探し方を変えて、ケーンクリークのオーバーサイズの下玉押しをeBayで検索すると

40Series Steel 41/30 1−1/8” Crown Raceというのが引っかかる。というかそれしかない。

ここで行き詰まり、
MTBに乗って再度鳴木屋へ。診てもらうとこのヘッドはインテグラル

ではなくセミインテグラルではとの指摘が。たしかにカップの縁がヘッドチューブ上下にある。

ということはISではなくZSということになり、これは鳴木屋に在庫があったのですが

ZSでも幾つかバリエーションがあり、電話で代理店に確認したところそれでOKらしい。

下玉押しを購入し持ち帰って再度検索すると以下の様なサイトを発見。完成車のブランド名

製品名、製造年を入力すると使われているケーンクリークのヘッドの規格がわかる。

https://www.canecreek.com/headset-fit-finder

結果は
UpperZS44/28.6LowerZS44/30と出ました。ヘッドを開けてカップ内径を測ると

41ミリなのでカップの厚みが1.5ミリなのでしょう。結局ベアリングはIS41のものと同じなので

下玉押しも同じものが使えるはず。

鳴木屋で購入した下玉押しを計測すると41/30 1-1/8”のようです。途中誤解もありましたが

結果的には最初に想定した答えで合ってた。いや、しかしいい勉強になった。

にほんブログ村 MTB

2015年12月 5日 (土)

電波オデッセイ

永野のりこによる漫画。舞台は中学校。いじめで苦しむ子どもたちへの生きるヒントと51vcj9igdml_sx349_bo1204203200_

エールが描かれています。コアなファンはいるようですが、絵柄は大人向けとは言えない。

内容は奥田民生による曲、息子と似ている。描かれた時期もこの曲のリリースとかぶる。

https://youtu.be/7xsRHoUifMU

「ほうら目の前は紺碧の青い空だ、翼などないけれど進め」

この本で作者が言っているのは、人生はラッキーなチャンスであり、思い出という

オミヤゲを持って帰るためにある、ということ。これはいいアイデアだと思います。

ただ実用化できるかというと疑問もあります。要は死ぬときにいい思い出に浸れれば

それはいい人生だったということかと思いますが、実際の死は生理的現象の一部で

意識でコントロール出来ない可能性が高い。アルツハイマーも痴呆もあるし。

それ以前に記憶というのは曖昧なもので、まだぼくは50ですが、もう子供の頃の記憶は

おぼろげで実際どういう生活を送っていたのか、自信を持って説明はできません。

大切な淡い思い出さえも霞んで見えなくなりつつある。残念ながら。

青少年期はパワーだけは有り余っているから、その行き場を見失い孤立してしまうと

自らの力で自滅しかねない。ぼくも抑圧的な学校生活に馴染めず、やたらと疲れたを

連発する日々でした。今となっては何に疲れていたのか思い出せませんが。

そういう子供には救いの本ではあると思います。

名言が膨大なギャグに埋もれてしまっている点はアレですがw。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2015年12月 4日 (金)

新規格新製品の誘惑

5年前にカーボンフレームのHTモデル、XC向けのMTBを買ってから出会った新製品新規格。

チューブレスタイヤ、ワイドバー、ドロッパーポストは導入済。スルーアクスルも投入予定。

・サスペンション関係:リアサス、リジッドフォーク、ロングストローク

・ホイール関係:29インチ、27.5インチ、ファット、ミッドファット

・変速関係:フロントシングル、シングルスピード、電動変速

・その他:チューブレス、チューブレスレディタイヤ、前輪スルーアクスル、ワイドバー、

 テーパーヘッド、ドロッパーポスト

最も影響の大きいのはホイールの規格でしょう。ぼくも27.5までは随分気になっていましたが

ファットが普及するようになって、これはメーカー側からの買い替えの圧力ではないかと

思うようになりました。現状で26インチのパーツはまだ入手できるので、なおさら。

変速関係はタイムを気にしなければ3×9の手動式で十分。重量もさほど変わりません。

サスペンションもトリックのしやすさまで視野にいれると、現行のHTに落ち着きます。

にほんブログ村 MTB

2015年12月 3日 (木)

フロントフォークその後

前輪を外していろんな方向に荷重をかけてみるも、びくともしない。どう曲げても傷は開かず、

どうやら亀裂は表面上のものなようです。しかしどうやって傷つけたのは不明なまま。

ただこの間いろいろ調べていって、前輪のスルーアクスルだけには惹かれました。

ホイールは既に現行のラインナップから外れているので、15ミリのアクスルをとりあえず確保。

で、フォークなのですが、意外と15ミリ対応というのがない。さらにオーバーサイズのコラム、

26インチ用、100ミリストローク、ブラックというのも選択肢を狭めている。

唯一eBayで発見したものは画像とデータが食い違っている。質疑を上げると

画像のほうが正解なようで、それならば問題ないのですが、いくら待ってもデータは更新されない。

在庫は少なくしびれを切らして、ついえいやっと。さて吉と出るか凶と出るか。
ダメだったら返品だけど、久しぶりの賭けだわ。

−−
表記、訂正されました。とりあえずほっとした。あとは何年製のが届くか。

にほんブログ村 MTB

2015年12月 2日 (水)

落車と怪我

自転車に乗り出して10年になりますが、大きな怪我、落車というのは経験がありません。

最初の5年はロードとミニベロに乗っていましたが、落車してヘルメットを打ったり

ジャージを破いてしまうこともなし。セルフレームの眼鏡の破損が唯一の事故と言えるか。

5
年前からはMTBを主に乗り出し、ガレたり根がはったトレイルではさすがに転ける。

が、だいたいは漕ぎ出しで前輪をとられ、前転するのと、低速でトラバースを移動中、

濡れた木の根で前輪が滑って、真下に落ちるパターン。さほどのダメージはありません。

結局、今のところ生まれてこの方骨折をしたことはありませんし、怪我入院もない。

病院自体は嫌いではないのですけどね。

低所得者にとって医療というのは贅沢です。ほぼ3割負担で一流の職人仕事にあずかれる。

10割負担の建築職人仕事の7割引きですから、お得感満点です。

にほんブログ村 MTB

2015年12月 1日 (火)

抜糸

舌の裂傷の縫合部の抜糸が今日行われ、傷口は無事塞がりました。この間出血なし。R0013958

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-1f8c.html

最初の1週間で内出血が引き、普通に食べ始めたら糸は1本を残して自然に抜けた。

怪我の回復が遅くなってきている自分にとってこれは意外でした。

2
年前の48歳の時、輪行中に転けて膝を打ち、擦り傷が膿んでなかなか治らなかった

あたりが始め。今年に入ってMTBで技練をするようになると、

肘や膝、すねの擦り傷や打撲は日常となりました。

なかでも今年の右肘の擦り傷は治るまで相当時間がかかった。昔はもっと出血があり、

かさぶたが固まって治癒していましたが、最近は透明な液が出るばかりで治らない。

右すねの打撲は同じ箇所を何度も打ったせいか、腫れが引かなくなってしまいました。

痛みはないのですが、本当にもう歳だなとしみじみ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »