« フロントフォークの亀裂 | トップページ | 落車と怪我 »

2015年12月 1日 (火)

抜糸

舌の裂傷の縫合部の抜糸が今日行われ、傷口は無事塞がりました。この間出血なし。R0013958

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-1f8c.html

最初の1週間で内出血が引き、普通に食べ始めたら糸は1本を残して自然に抜けた。

怪我の回復が遅くなってきている自分にとってこれは意外でした。

2
年前の48歳の時、輪行中に転けて膝を打ち、擦り傷が膿んでなかなか治らなかった

あたりが始め。今年に入ってMTBで技練をするようになると、

肘や膝、すねの擦り傷や打撲は日常となりました。

なかでも今年の右肘の擦り傷は治るまで相当時間がかかった。昔はもっと出血があり、

かさぶたが固まって治癒していましたが、最近は透明な液が出るばかりで治らない。

右すねの打撲は同じ箇所を何度も打ったせいか、腫れが引かなくなってしまいました。

痛みはないのですが、本当にもう歳だなとしみじみ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« フロントフォークの亀裂 | トップページ | 落車と怪我 »

ヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/62748200

この記事へのトラックバック一覧です: 抜糸:

« フロントフォークの亀裂 | トップページ | 落車と怪我 »