« ヘッドセットの規格 | トップページ | ウィルス性胃腸炎 »

2015年12月 7日 (月)

東京五輪エンブレムデザインコンペ

資格が18歳以上と緩かったので応募しました。オリンピックは建築で携わる立場に

いないのでせめてもという感じ。グラフィックに関しては素人なので期待はしていない。

要項を見てびっくりしたのは賞金100万円の他は著作権が譲渡されるので、おそらく

一銭も入ってこないということ。こんな条件で叩かれた佐野さんはかわいそうだ。

提出物はA4ヨコ型で2枚。1枚目がオリンピックとパラリンピックのロゴデザインで、

2枚目はその展開例。2枚めについてはテンプレートが用意されているので貼るだけ。

あと必要なのは20字以内のタイトルと200字以内のコンセプト。

エンブレムは本体とその下にTOKYO2020という文字とオリンピックパラリンピックの

シンボルマークの3つでワンセット。シンボルマーク画像は支給されます。

文字はオリジナル書体ですが応募時は既存のフォントでもOK

作業は手描きのスケッチはだいぶ前からぼちぼち進めていましたが、PCに入力を

始めたのは木曜日。何度か修正を加えてデザインが決まったのは翌朝の金曜日。

線画はCADで、着色はグラフィックソフトで作業しました。PCeMacMBAを使い、

デザイン決定とおおまかなレイアウトまでeMacで、それ以降はMBAに移りました。

作業が重かったのかMBASeashoreは何度かフリーズを起こしました。

最終成果品は金曜日の夜に完成。翌朝の土曜日にタイトルとコンセプトを考え、

オンラインで応募しましたが、PDFファイルが重いとのことでエラーが出る。

仕方なくプレビューのReduce機能で小さくしますが画像はぼけて色ムラが出てしまった。

最大の失敗はエンブレムのページは容量が小さく必要なかったのにReduceしてしまったこと。

仮登録から1時間以内にアップロード必須ということで焦ってしまいました。ああ。

ともあれ月曜の正午締め切りのところ土曜日の朝には提出してしまったので、作業は実質2日でした。

まあ通るとは思っていませんが、建築のコンペに比べて負担が軽いのはいい。

にほんブログ村 建築・建築物

« ヘッドセットの規格 | トップページ | ウィルス性胃腸炎 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/62834436

この記事へのトラックバック一覧です: 東京五輪エンブレムデザインコンペ:

« ヘッドセットの規格 | トップページ | ウィルス性胃腸炎 »