« コンペ引退 | トップページ | ジャンプ練Part2 »

2015年12月19日 (土)

権現山

今年のうちに山走り納めということで、権現山に行ってきました。山に入るのは2ヶ月ぶり。R0014066

体力が心配でしたが、それより精神力の方に問題があったようで。1日延期して木曜に。

権現山を選んだのは比較的易しいコースとアクセスの良さ。しかし1300mは上らないといけない。

行きの輪行ではスルーアクスル効果を実感。片方のフォークだけ持っても応力は分散される。

8時半に四方津駅をスタートしてからは緩やかな上りが続く。130mほどのアップ。

前回の記憶より長く地道にしんどい。早くも腰痛が発生。輪行袋をサドル下に移動。

8
55不老下から林道へ。しばらくは集落が続く。コース中盤辺りで激坂あり。

ヘルメット脱いで半袖に指長グローブという出で立ちで上る。

途中で交通規制があるので注意。

後半は勾配が楽になるが、登山道入り口に着いたのは1025。一昨年より20分遅い。

体力低下を実感する。登山道はお馴染みの直登で、GPSではさほどの距離ではないのに

遅々として進まない。途中、林の中で妙な不安感に襲われる。

直登が一段落するとトラバースに変わり、勾配は緩むが踏み面が水平でないので押しづらい。

尾根道と合流したのが11時半。このパートでも前回の15分遅れ。メンタルな要因が大きい。

ここから権現山までの尾根道は半分くらいは乗車でき、楽なはずなのですが気分はどんどん

落ち込んでいく。神社下で自転車を置いて山頂を目指す頃は過呼吸のような症状が出ていた。

鉛のように重く感じるヒップバッグを下げ、息も絶え絶え山頂に着いたのが1205

山頂に人はいなかったが、あとから2組のハイカーが登ってきた。天候は曇りで雪がぱらついてる。

残念ながら富士山を仰ぐことはできなかった。震える手でカップラーメンをつくって食すと

精神の辛さがだいぶ和らいできた。

荷物の整理をして1225出発。しばらくは快適に乗車するが、二本杉を過ぎたあたりの

根の張ったパートで一休みすると、何故か恐怖感が湧き出てきて走れなくなってしまった。

速度を出せばなんとなくクリアできるのだが、遅いといちいちギャップを拾って進まない。

仕方なくそのパートは押して、そこを過ぎるとまた調子は戻ってきた。芦垣の集落に

出たのは1340。下りも15分遅い。登山道出口にイノシシよけの柵があるので注意。

ぼくは開け方がわからなかったので、車道まで自転車を担ぎあげました。

帰路ではコンビニで補給し、土産物を買って上野原駅着は1425。トータルで一昨年の

45分遅れ。まあ、このところの怪我や病気、ブランクや加齢を考えるとこんなものか。

・走行距離:
32.6km

・獲得標高差:1235m

・最高標高:1311m

にほんブログ村 MTB 

« コンペ引退 | トップページ | ジャンプ練Part2 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/63023598

この記事へのトラックバック一覧です: 権現山:

« コンペ引退 | トップページ | ジャンプ練Part2 »