« 野村義男という存在 | トップページ | 限局性皮膚掻痒症によるビダール苔癬 »

2016年1月22日 (金)

技練9ヶ月

MTBの技練習を始めて9ヶ月になります。やってみてわかったのは練習するほど下手に

なることw。毎回最初のトライが一番うまくいって、考えるほどわからなくなっていく。

ぼくが技を上達させようと思ったら空白が必要なのかもしれません。

似たようなことかと思いますが、リラックスも大事。特にジャンプ練習で

踏み切りのタイミングとか、身構えているとますますわからなくなる。

やる気ないよってくらいの気持ちでアプローチしたほうが上手く行くようです。

もう一つ重要なのは素早さ。この歳になると身体は自分が思っているほど動いてない。

フロントを上げる場合、前輪荷重でプッシュしてから身体を後方に引くまでの速度。

これがわかってようやく身体を起こした状態でも前輪が上がるようになった。

しかしバニーホップはこの後の刺しがまだよくわからない。両輪は浮くのですが。

バランス感覚が必要なスタンディングやマニュアルは苦手です。

特にスタンディングはマスターできた!と思っても次回にはまたできなくなってる。

今まで何度も。まあもともと運動神経ないですからね。

にほんブログ村 MTB

« 野村義男という存在 | トップページ | 限局性皮膚掻痒症によるビダール苔癬 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/63570260

この記事へのトラックバック一覧です: 技練9ヶ月:

« 野村義男という存在 | トップページ | 限局性皮膚掻痒症によるビダール苔癬 »