« ことりカフェ吉祥寺 | トップページ | 同行者緩募 伊豆大島・三原山から間伏林道 »

2016年1月14日 (木)

MTB後輪スローパンク根本原因

MTBは前に書いたように前後のタイヤを入れ替え、前輪にチューブを入れましたが

その状態でバニホ練をしたら、後輪がまたもやスローパンク。

これまでのスローパンクはすべて後輪で、エアの高い状態から気付くとペタンコに

なっているというのが共通。バッチ修理部の空気漏れだけだと説明がつかない。

となるとホイールに問題があるのだろうか?

で、前後輪とも再度バラして点検。するとリアホイールのリムに凹み発見。

ああ、ここか。ある程度低圧になると、ここから一気に空気が抜けたのでしょう。

モンキーを使って曲げ戻し。

原因がわかったので前輪からチューブを抜きました。さらにネット上の情報に

あるように、しっかり手順にそってタイヤを嵌めました。

これでも空気漏れが気になるようなら、再度チューブを入れるか新しいタイヤを

履かせるかになりますが、大丈夫な気はしています。

にほんブログ村 MTB

« ことりカフェ吉祥寺 | トップページ | 同行者緩募 伊豆大島・三原山から間伏林道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/63451905

この記事へのトラックバック一覧です: MTB後輪スローパンク根本原因:

« ことりカフェ吉祥寺 | トップページ | 同行者緩募 伊豆大島・三原山から間伏林道 »