« 水牛の気持ち | トップページ | ことりカフェ吉祥寺 »

2016年1月12日 (火)

肯定的評価

人生というのは肯定的評価の上に成り立っているように思います。

肯定的評価は自信を与え、それが人生の方向を決めていく。

子供の頃のぼくのアイデンティティは勉強ができることでしたが、

不幸なことにこれを肯定的に評価するひとにはほとんど恵まれなかった。

なのでぼくの勉強に対する姿勢はとても中途半端なものだった。

慶応に落ちて横浜国大という経歴がそれを表しているかもしれません。

親からして理数系は得意だけど人付き合いが上手くないから研究者になると

予測される始末。夢も希望もなくそこでもう既に消去法的考えになっています。

その後、大学の非常勤の先生に課題を評価されて建築設計の道に進みます。

決して成功しませんでしたがやれることはやり切ったので悔いはありません。

否定することは簡単でむしろ肯定的に評価するほうが難しい。いくら有名でも

学生の頭を押さえつけるような大学教員は建築の未来をダメにします。

恋愛でも同じです。ぼくは最初にお付き合いいただいた方にかっこいいと

評価され自信に繋がりました。その言葉は今でも宝です。

連れ合いは決してこれは口に出さないw。でも過去にお付き合いいただいた方を

通して、ぼくをちゃん付けで呼ぶのは彼女だけです。これも親しみがあるという

肯定的評価だといえるでしょう。彼女を笑わすのは得意です。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 水牛の気持ち | トップページ | ことりカフェ吉祥寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/63409501

この記事へのトラックバック一覧です: 肯定的評価:

« 水牛の気持ち | トップページ | ことりカフェ吉祥寺 »