« 伊豆大島・三原山から間伏林道 | トップページ | 今年のバレンタイン »

2016年2月15日 (月)

火山灰の威力

大島では火山灰に覆われた路面を走りましたが、何かチェンリング近辺からR0014646

ジャリジャリという音がしていました。

その時は原因を特定することなく忘れていましたが、帰宅して輪行状態の

自転車にタイヤを履かせようとした時に、チェーンステイの内側表面が

カーボンの素地が見えるぐらい削り取られているのに気付きました。

おそらくタイヤに付着した火山灰がチェーンステイでこそげ取られたのかと。

シートステイブリッジにも鋭い傷が何本も走っていました。

ともにタッチペンで修復しましたが、後者は傷は塗装下地止まりでしたが、

前者はフレーム素材にまで達していて強度的な不安は残ります。

火山灰って意外と怖い。写真下方には動かなくなったFDの軸も見えます。

レッドブルのサイトに三宅島の火口からライダーがダウンヒルする映像がありますが

路面状態や環境は恐らく同じ。枯れている立木は椿ではないか。

火山のDHは車体に与えるダメージが大きく、そう何回も繰り返すものではない。

にほんブログ村 MTB

« 伊豆大島・三原山から間伏林道 | トップページ | 今年のバレンタイン »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/63939884

この記事へのトラックバック一覧です: 火山灰の威力:

« 伊豆大島・三原山から間伏林道 | トップページ | 今年のバレンタイン »