« 今年の夏季旅行 | トップページ | 逃げる勇気 »

2016年4月20日 (水)

国立卒と私立卒

学費が桁違いに違う医者の世界では、国立卒と私立卒でもう人種が違うらしい。

建築学科のある工学部でも国立私立大で学費に差があり、ぼくらの頃は年間授業料は

21万円程度だったと記憶しています。値上げのスピードは速かったですが。

建築家でも資質の差というのはあるのかもしれない。で、もしかしたら私学の人のほうが

向いているのかも。そう思ったのは以前、廣部剛司さんの内覧会に伺ったときのこと。

人当たりがソフトで苦労を感じさせません。生まれや育ちがいいというイメージ。

こういう人ならパトロンも付くなあと。実際HPを見ると膨大な数の作品を残しています。

他の建築家でいうと、谷口吉生さん葉祥栄さんなどは慶応大学卒です。

廣部さんのブログを読むと、仕事がある建築家の御多分にもれず、クルマを持ってらっしゃる。

それもヴィンテージのアルファロメオ・スパイダー。クルマ繋がりのクライアントもいる様子。
私学なら友人も比較的裕福でしょうしね。代表作の房総の2軒の別荘はなかなかない好条件。

日本の建築界では長らく私学は早稲田オンリーでしたが時代も変わってきました。

にほんブログ村 建築・建築物

« 今年の夏季旅行 | トップページ | 逃げる勇気 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/65059682

この記事へのトラックバック一覧です: 国立卒と私立卒:

« 今年の夏季旅行 | トップページ | 逃げる勇気 »