« 建築写真家 | トップページ | 同行者緩募 余地峠・星尾峠山サイ »

2016年4月 8日 (金)

感情もしくは愛情の喪失

10年ブログを書き続けてきましたが、これまで生きる意味を見失ったようなことは

書いたことがありません。それ以前のプライベートな日記にはあったかもしれませんが。

30代の前半頃、ミスドに毎日のように集う老婦人の方々を見て、ああなるくらいなら

その前に自殺するとコメントしてウケたことがありますが、ウケ狙いで言ったわけではなく

その時はそう思っていた。

その頃のぼくはミスドにアイデアスケッチをしに行っていたので、頭は回っていたはず。

ただおそらく、感情か愛情の感覚を喪失したのだと思います。昨日のぼくはそうだった。

どこをどうひねっても生きている意味が見つからなかった。

そういう日もあるさ、で片付ければいいのですが、ブログという定期的なアウトプットを

迫られ、頭を突っ込んでしまった。小説家や漫画家に自殺が多いのは同様に、

アウトプットに締め切りがあるせいなのかもしれません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 建築写真家 | トップページ | 同行者緩募 余地峠・星尾峠山サイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/64858378

この記事へのトラックバック一覧です: 感情もしくは愛情の喪失:

« 建築写真家 | トップページ | 同行者緩募 余地峠・星尾峠山サイ »