« 蕨山から帰着 | トップページ | 祐天寺T邸 »

2016年5月15日 (日)

蕨山から金比羅山

昨日も書きましたがGWを外した平日でも4組のハイカーがいたコースです。R0015035

その上、根っこバリバリのセクションで無理して乗っても乗車率はせいぜい5割。

お勧めはしません。

平日の朝なので通勤ラッシュを避け西回りでのアプローチ。が、立川の手前で南武線は混んだ。

駅発は8:50。いつもの道を西へ。気力に問題あるも体力はある模様。

麓で飲料補給して、湖まで上ったところで10時。平均勾配10%台の坂を休み休み登る。

ほとんど歩くような速度でそれでもなんとか登山道分岐に着いたのは12時。ここまで2時間。

ターニップのランチは14時までですが余裕かと思っていました。ガイドブックには下り

1時間とある。

蕨山までの道は広くて気持ちいいアップダウン。山頂近くのベンチにいたハイカーさんに

此処から先は岩もあり大変だという。まあそうなのだろうが山頂直下を超えれば楽になるのでは

と楽観的に捉える。山頂からは北に遠望があるが視界は狭い。

果たして出てきたのはいきなりの岩場のつづら折れ。乗るどころか自転車持っていると

危険なくらい。慎重に降ります。過ぎると少し乗れますが登り返して再び山頂。

ここからまた乗れなくなります。と、前方に4名ほどの女性ハイカー発見。抜いても

引き離せそうにないので、休憩して時間調整することに。ここから3つめの山頂までも

ほとんど乗れませんでした。眺めのいいところのあとに岩場の担ぎ下ろしあり。

3つめの山頂で先程のパーティと他に2名のハイカーさんをパス。ここからは乗れると

ガイドブックにあるのですが、林道を横切る際の上りは乗車不可。それ以外も盛大に

根が張っていたりして、5割くらいしか乗れなかったのではないか。

神社の手前で男性ソロハイカーをパス。進行方向が同じだったので焦り、神社から

ミスコース。担いで戻って改めて鳥居をくぐるもこちらの道も階段だらけで乗れない。

この神社以降は道幅が狭いし、いきなり路面が大きくえぐられたりして、ほとんど

乗るどころではない。乗ることでかえって消耗してしまう感じ。押し下るにせよ脚に

負担がかかってしまい、左膝を痛めてしまった。

ようやく麓に戻ってきたのは14時半。2時間半かかりました。山地図のコースタイムが

3時間ちょっとなので歩きとほとんど変わらなかった。ターニップは15時まで営業していますが

気力がなくとにかくさわらびの湯方面に。汗をかいて気持ち悪かった。

と、うどん屋さんを発見したので入り肉汁うどんを注文。つけつゆの味がちょっと濃いかと

思いましたが塩分補給で飲み干します。食後あらためてさわらびの湯に入りさっぱり。

15:50に温泉発。駅までの巡航は左膝がきつい。それでもなんとか1時間で到着。

予定よりかなり遅れていたので、山手線と京王線の帰宅ラッシュに巻き込まれてしまった。

やれやれ。

にほんブログ村 MTB

« 蕨山から帰着 | トップページ | 祐天寺T邸 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/65480063

この記事へのトラックバック一覧です: 蕨山から金比羅山:

« 蕨山から帰着 | トップページ | 祐天寺T邸 »