« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

アスペルガー症候群

ぼくは該当はしませんが自閉傾向はあり、初対面の人は苦手だし、世間話というのも同様。

FacebookTwitterを見ていると友達の友達は友達みたいな感覚で関係を広げているひとが

多く見られますが、ぼくはこういうのができない。

アスペルガーの人は言葉の裏の意味を読み取れないのが特徴だそうで、ぼくもその傾向はある。

ただ裏に全く気づかないのではなく、どういう意味だったのだろうと記憶の片隅に残り、

数年から数十年後にこういうことだったのかもとふと気づくことが多い。特に最近。

言葉の裏側を理解できない例としてwikiのアスペルガーに関する記事にこうした記述があります。

教師がアスペルガーをもつ子供に(宿題を忘れたことを問いただす意味で)「犬があなたの

宿題を食べたちゃったの?」と尋ねると、その子は押し黙ってしまう。この時、教師に自分は

犬を飼っておらず、普通犬は紙を食べないことを説明する必要があるのかどうかを考え、

教師の表情や声のトーンから暗に意味していることを理解できないのである。(wikiより)

ぼくは押し黙ると思います。ただそれは、そんなわけ無いじゃん嫌味なやつだな、という

反感からです。この教師は生徒にすいません忘れましたと謝らせたいのでしょうが、

指導力に欠けていて、例としてあげるにはあまりにもお粗末ではないかと思います。

それともジョークのつもりなのか。そうなんだよ、大きな犬でさって乗るのが正解?
やはりぼくには無理だ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月29日 (水)

かたちの退場

近年、自分が急速に興味を失っている建築の形って今、どうなっているのだろう?Dezeen_8sprucestreetbyfrankgehry_02

先日、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で日本館が注目されましたが、

そこで取り上げられていたのはリノベーション、シェアハウス、街おこしの拠点など

現在の都市や地方の問題に対する建築の社会的経済的な提案でした。

つまり着目されているのはプログラムで建築の形は副題にすらなっていない。

今発売されているjaの日本の若手建築家特集を見ても、かつて花型だった建物外観写真は

その座を降り、端っこの方に小さく掲載されているケースが多い。

果たして建築の形というのは終わってしまったのだろうか?

結論から言うとそんなことはない。今でもトップレベルの建築家は地味ながら

形と格闘しています。ただわかりづらくはなった。

藤本壮介さんを例に取るとわかりやすいかもしれません。House H2009年)と

House NA2011年)は平面断面は類似しているも、外観は全く異なっています。

箱型の全体がある前者に対し、後者は部分が増殖して途中で止まったような印象がある。

全体として一つの像を浮かび上がらせることを避けるのが今の流れなのかもしれません。

写真の2つのNYの超高層はゲーリーとヘルツォーク&ド・ムーロンによるものですが、

ともに経済効果から必然的に算出される箱形を恣意的に崩して部分に還元しています。

その操作では記号や象徴的意味合いが発生するのを注意深く排除しています。

具体的には面ではなく断面を見せるような手法をとっていることが多く、

ゆえにバルコニーや庇といったパーツが重宝されるようになる。

かたちのヒロイックな身振りというのは終わりました。中東や中国の高層ビルなどを

見るとそれは明確です。ポストモダンの着目した記号やメタファというものも廃棄され、

そういう意味ではモダニズムの延長線上に揺り戻されたと見ることもできるかもしれない。

ポストモダンの時代では建築家は1枚のアイデアスケッチだけで評価され得た。

造形的にも正方形を使っていれば良いような、厳密さが要求されない環境にありましたが

これからのひとは本気で形と対峙しようと思ったら大変だと思います。

何も考えずに設計するとそれはただのクズになります。実物を見れば一目瞭然。
やはり造形能力は問われ、たぶんそれだけの才能を持った人はそう多くない。

にほんブログ村 建築・建築物

2016年6月28日 (火)

紫陽花ツーリング

当初は予定に入れていなかったのですが、いろんなことが重なって心労が溜まっていたのでR0015304

急遽、混ぜてもらうことにしました。活動とのカップリングが基本の西多摩MTB友の会では

めずらしい、純粋なグループツーリングです。

たださすが地域に根ざした西多摩らしく、そこは以前から活動していた場のひとつであり、

また根回しや準備は万端で、ウェルカムな環境のもとで気持よく走ることができました。

コースはショートとロングの2種類。メインは南沢のあじさい山で、ぼくはショートを選び

ましたが、ロングだとそこに行くまでに林道を通ってひと山越えてくる。

あじさい鑑賞のあとは近くの活動場所でまったり過ごします。

朝の9時に市役所の出張所の会議室集合。マップが配られルート説明などがあったあと

ラジオ体操で準備運動。集合写真を撮ったりして出発は10時。

駅まで戻ったあと、この日限定の路を上り、さらに徒歩で頂上へ。そこは林業の伐採地で

南側に気持ちのいい景色が広がっていました。

いったんこの路を下ったあと、南沢方面に上り返します。道幅が狭くなってきたあたりから

あじさいがちらほら見られるようになります。駐車場に自転車を停めさせてもらい、

300円の入場料を払ってあじさい山に入ります。

私有地とのことですが、きちんと手入れされたあじさいが沢沿いに咲き誇っていました。

種類も色も豊富で、聞くところによると鎌倉のより全然立派らしい。

沢沿いに見ていくときりがないので途中で引き返します。

メインイベントを終え、活動場所に移動。ここでメンバーの方からお手製のドリンクを

頂きました。美味しかった!ありがとうございます。ここでちょうど昼。

少し下がったところにある民家の縁側をお借りして昼食をとります。この日は日射が

強かったので風通しのいい縁側が快適でした。 ここの軒先に流れる沢でホタルが
見られるとのことで、いろいろとお話を伺いました。

このあと、ぼくは夕方から用事があったので単独で山抱きの大樫へ。そのあと、

千年の契り杉に向かったところ、杉のあたりで見学グループと合流できました。

ともに巨木ですが、屋久島の縄文杉のような風格があり、必見です。

杉に向かう途中で待機している猟師さんのグループに知人発見。この前お会いしたときは

カフェで料理をされていたのに驚くべき転身です。かっこよかった。

最後はグループとともに活動場所まで戻って離脱しました。駅で少し時間があったので、

東京裏山ベースへ顔を出し、ジンケンさんにご挨拶。オープニング以来でしたが満席。

天気のいい週末は人の入りがいいそうでなにより。おみやげにクッキーを購入しました。

にほんブログ村 MTB

2016年6月27日 (月)

紫陽花ツーリングより帰着

西多摩MTB友の会の主催による紫陽花ツーリングに参加してきました。R0015283

随分久しぶりのマスツーリングだったように思います。

基本はソロイストの自分ですが、たまにはこういうのも楽しい。

仲間がいるって感じもいいなあと思いました。

皆様お世話様でした。

詳細はまた明日。

走行距離:
12.5km

獲得標高差:255m

最高標高:313m

にほんブログ村 MTB 

2016年6月26日 (日)

クライマーの山野井泰史と妻、妙子による2002年のギャチュンカン北壁挑戦を扱った61lrctidal_sx350_bo1204203200_

沢木耕太郎によるノンフィクション。

ギャチュンカンで凍傷で指を失うくだりは山野井さんの著作で読みかじっていました。

おそらく垂直の記憶。本書はその翌年に発表されています。

山野井さんは本書で一般に知られたというメリットはあった。では沢木さんがこの本を

書いた理由はなんだったのだろう?

山野井さんはぼくと同年生まれ。情熱大陸にも取り上げられたその姿は拝見したことがあり、

印象はというと変人。いかにも人とうまくやれそうにないタイプ。

ふたりの人となりは30分もの映像があれば誰にでもわかってしまう。

取材相手の映像が一般に出回ることで、伝説化することは失敗してしまった。

この映像は沢木さんの想定外の出来事だったのではないか。山野井さんはエベレストへの

取材登山を断ったと本書にはあるし、表に出る可能性は薄いと踏んだのではないか。

が、これだけ情報が発達した今、生ける伝説というのはほぼ存在し得なくなっています。
そのため、壮絶な内容にもかかわらず、本書からは凡庸な印象しか残りません。
もともと登山のジャンルは凄惨な描写が多いものだし。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月25日 (土)

サハリン

稚内のフェリーターミナルの道路を挟んだ対面には国際線フェリーターミナルがあり、R0015155

写真の道路標識にもロシア語でその案内表示があります。

他にも稚内街内でロシア語を見ることができるのですが、ロシア人は見かけなかった。

なぜなら上記したハートランドフェリーのサハリン航路は昨年廃止されたから。

5
時間半で手軽に行けるロシアだったのに残念です。ただロシアはいまだに基本的に

自由旅行はできず、時間もお金もかかると書かれたサイトもありました。

http://marwin.blog.fc2.com/blog-category-30.html

この旅行記を読む限りでは単なるロシアの地方都市なのであまり惹かれません。

どうせなら自然の色濃く残ったアリューシャン列島やカムチャッカに行ってみたい。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月24日 (金)

胃がん検診

おそらく8年ぶりに区の胃がん検診を受けてきました。バリウムを飲むあれです。

ぼくは病院は好きですが検査は好きではない。さすがに前回から間が空いたので
申し込みましたが、検査日が近づくにつれ気が滅入ってきた。

前日は21時以降が絶食。昼過ぎに早い夕食をとってしまったので、

20時ころにウィダーを追加しました。当日は6時以降水も飲めない。

果たして当日の朝は空腹はしのげたものの、強烈な眠気に襲われました。

しかも自転車で行こうとしていたところを雨。仕方なく世田谷線に乗るべく

下高井戸駅まで歩きましたが通常10分のところを20分もかかった。

さらにこの世田谷線が事故なのか途中で止まってしまう。最後は西太子堂駅で

降りたのですが、電車は出発していないのに後続が目の前まで迫ってきたせいで

踏切が閉じたままで渡れない。

結局検査会場に着いたのは910分ころ。この日6人目で殆ど待たずに検査できたのは

幸いでした。更衣室で検査着に着替えて待機。眼鏡も外す。

呼ばれて検査場であるX線室に入ると看護師1名に検査技師1名の計2名。

看護師から発泡剤とバリウム飲む手順を聞くが早口でよく把握できない。

発泡剤はバリウムで流し込むようにかわった模様。

検査台の上で指示通りに身体を回転させるがこれが3,4回繰り返された。

少し写真を撮ってから発泡剤が追加されたところを見ると、胃が十分に

膨らんでいなかった様子。げっぷしなかったのになんで?

検査中の指示もとっさに把握できないことも多く、歳かな。

着替えて下剤もらって検査は終了。ただこの薬効かないんだよな。

翌朝に腹痛を伴った下痢。やれやれ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月23日 (木)

狼は帰らず

登山家、森田勝の伝記です。森田は1937年生まれ。ぼくの親の世代に当たります。51y4apbvdwl_sx352_bo1204203200_

森田が夢枕獏の小説、神々の山嶺の主人公のモデルになったこともあってか、

この本は1980年に出版されて以降35年にも渡って読み継がれている。

森田は戦後日本アルピニズムの発展期に立ち会いますが、エベレストで同行した長谷川恒男や

加藤保男のような輝かしい記録は残していない。むしろ人間的強烈さが起こした事件が

のちのちの人々に記憶として継承されたようです。

この本の著者は森田を徹底して突き放して見つめます。幼少期のトラウマを抱え、

直情的で自己中心的で、空気が読めないへたれ。そんな性格から周りの人が

去っていく様子も描かれています。

しかし物語が後半に入り、舞台が海外に移ると森田の周囲の評価はガラッと変わる。

うってかわって相手を思いやる人間味あふれた人物に描かれますが、なぜこうも

変わったのかは本書内では触れられていません。

ただ組織とは合わない根本的な性格は変わらず、K2ではアタック隊から降り、

最期は冷静に考えれば行かなくてもいい危険な岩壁で遭難死を遂げることになる。

そこに見て取れるのは有名になりたい、見返してやりたいという我欲の強さ。

ただそれに冷静な判断力を伴わず、最後まで空回りを続けてしまう。

もうひとつは引き際の悪さ。これは我欲の強さと連動していると思いますが、

加齢によって体力が衰えてると実感してそのままやめてしまう人と、あともうひとつと

続けてしまう人がいる。森田は後者だった。

幼少時に十分な愛情が得られず、承認欲求が高まってしまった人は、家族を持つと

落ち着くケースが多いと思いますが、ここでも森田は例外だった。

後世に名を残す人にはこうしたタイプが意外と多いのかもしれません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月22日 (水)

MTBフレーム色直し

ふと思い立ってMTBフレームのScottのロゴを水色のカッティングシートで作成しR0015253

上から貼りこんでみました。

これ、だいぶ前から案としてはあったのですが、どう考えても浮くため保留にしたまま

だったところ、礼文島でMTBが雨に晒され見た目がやつれてきたので実行した次第。

MTB
は基本的につや消し黒地に白と赤、チタンカラーで構成されていて、タイヤの

黄色のMaxxisのロゴでさえ浮いて見えます。水色は流行色で使ってみたいと思って

いましたが、心理的抵抗は大きかった。

結果としてはやはり浮いて見えて、子供っぽい印象も受けます。ロゴがもう少し小さければ

まだよかったのかもしれませんが。

とりあえず様子見です。これで目が慣れるのかどうか。

その後シートステイに線入れ、フロントフォークの水色ロゴを復活させたけどどうだろう?

にほんブログ村 MTB

2016年6月21日 (火)

ゾフアスリートノーズパッド交換

去年の1月につくった眼鏡、ゾフアスリートのノーズパッドの芯が折れているのにR0015252

気づいたので、新宿でつくったものですが、まずは近場の笹塚店に持ち込み、

交換ができるか聞いてみました。
http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-738a.html

2014
年のモデルだそうで今の店頭にあるノーズパッドだと取付方法が異なる。

一応近くの下北沢店に在庫がないか聞いてもらっている間、店内のゾフアスリート

のコーナーを見てみると、2016モデルでも同様の形状のものは採用されている。

最初はそのフレームからの移植は有料になるという話でしたが、結局無料で

交換してもらえました。ラッキー。色はもとのグレーがないのでブラックに。

意外とやわだから大事に使おう。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月20日 (月)

すみだ北斎美術館

妹島和世設計のすみだ北斎美術館が完成し、見学会が開かれたので行ってきました。R0015233

場所は両国駅の近く。通りから公園を挟んで奥に建っています。地上4階建てですが、

スケールを把握できるものはなく、およそ建物らしさはない。

第一印象はいいものでした。平面的でかつ動的。筆のストロークを想起させるあたりは

浮世絵師の美術館として合っているように感じました。

妹島さんやればできるじゃんとはCarina Storeや鬼石多目的ホールでも思いました。

具体的に言ってしまえば、お金があればできるじゃん。

比較対象にしているのは小平のなかまちテラスです。似ているというか外壁の処理以外は

建物の構成や造形はほとんど同じです。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-bdcf.html

北斎美術館の外壁は長尺のアルミ板を使っていて、余計なものは一切排除し、

建物を美術品のレベルまで高めることに成功しています。

一方、内部で展開する風景はなかまちテラスそのものでありオリジナリティに欠ける。

プランを見ても展示スペースに比べて共有部分がやたらと広く、アンバランスに感じます。

北斎美術館という割に展示室が狭いですが、展示品そのものが少ないのだろうか。

外に出てあらためて建物を外からぐるっと眺めてみると、同じようなファサードが展開していて

建物をマッスとして捉えると結構なボリューム感があり、むしろリベスキンドの作品ぽい。

そこからは残念ながら北斎との共通点は見いだせません。各面のアルミの表面処理は

微妙に違えても良かったかも?

にほんブログ村 建築・建築物

2016年6月19日 (日)

歯科クリニックの勤務医

先日、歯医者の予約を間違って30分遅く記憶していて遅刻してしまい、担当の院長先生が

既に不在で、かわりに別の女性の歯医者さんに治療してもらいました。

不安でしたが、今までの治療の流れは伝えるとのことだったので。

果たしてその先生の治療は、治療中一度も口をゆすがせず気持ち悪い、また断りもなく

口に治療器具をぶら下げるなど素人目にもその腕には疑問が感じられました。

治療内容を説明してくれる点だけは評価できましたが。

最後の仮の詰め物はいつもの硬いものではなく、シリコンのような柔らかい素材で

歯と歯の間に埋めるのではなく、上からかぶせるような形でした。

これで食事をとって3時間後に歯磨きをしたらもう詰め物が外れてしまった。

歯医者に電話すると担当された女性らしき方が電話口に出て、外れたのは違う歯の

詰め物ではないか?今回は詰め物とする治療はしておらずカルテにもないとのたまった。

わけわからない。では今手元にあるのは何だというのだろう?で、このまま放置してて

問題ないのか聞いたら電話口は事務員さんに代わっていてどうとも言えないとのこと。

結局、再度歯科医に出向いて院長先生に診てもらうように交渉。この日3度通って

ようやくしっかりした詰め物がなされました。2度めの診察は無料でした。

下手なのはまだいい。誰だって最初は下手なのだ。が、嘘言ってとぼけて施術不良を

隠蔽しようとするのは許せない。人として信頼できず2度と会いたくありません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月18日 (土)

ラーメン店巡り2

前回記事はこちら

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-9816.html

地元明大前のラーメン店巡りの続きです。新たにまわった店は以下の3店舗。

・中華そば きび・盛華らーめん・横浜家系ラーメン明大家

混んでいたのはきびで、つけ麺ですが、麺大盛りにつけ汁が酸っぱく独創的です。

盛華ラーメンは昔ながらの味噌ラーメンで30年前には美味しかった感じ。

壱○壱は入る前に閉店してしまいました。麺でるは入りづらいのでこれで終わりのようです。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月17日 (金)

礼文島最終日

最終日もやはり雨予報で、この日の観光は中止。早いフェリーに乗って、空港でR0015212

飛行機を早い時間のものに振り替えてもらえないかと考えていました。

朝食前に自転車の箱詰め。一回うまく行っているので気は楽です。同梱物は

落下しないよう念入りに固定します。

ヤマト運輸へは受付が始まる8時の直後に連絡を入れましたが、ヤマト便は本人が

いないと集荷できないと言われた。その時既にフェリーターミナルにいて不可能だと

告げると担当ドライバーと話してくれという。ドライバーさんには承諾いただいた。

7
時から朝食。そそくさと食べ、精算。ターミナルまで車で送ってもらいます。

ターミナルには8時前に到着。フェリーは845発。

往路の船は完全に椅子式でしたが、復路は一部を除いて靴を脱いで床に座る形。

雑魚寝スタイル。ぼくはここで眠ってしまいましたが連れ合いは抵抗があったみたい。

稚内のフェリーターミナルのWi-Fiで飛行機の便の変更をしようとするも断念。

とりあえず1140のバスで空港へ。が、旅行会社経由でとったチケットなので

変更はできませんでした。JALはできたような記憶はあるのですが今回はANA

決して広くない空港で4時間待ちです。当然周りにはなにもない。とりあえず

北海道産の缶酎ハイを買って気を紛らわします。そのあとでマッサージチェアも試した。

Wi-Fiが使え、パソコンコーナーもあったのでぼくは2日分のブログを書く。

復路の飛行機は羽田直行で2時間弱とあっという間。ただ行きも帰りも座席に

モニターは付いていなかった。ANAJAL SKY NEXTみたいな企画をやってほしい。

帰宅したのは20時前と疲れきりました。初日と最終日は移動だけ。

礼文島を観光バスで見るだけだったらその日のうちに帰れるので12日でも可能です。
写真は前日の桃岩展望台コースより。

にほんブログ村 MTB

2016年6月16日 (木)

礼文島2日目

さていよいよ礼文島を走る日です。この日のために調査を重ね、天候不順の予報ゆえR0015182

ここ数日はそれが大変なストレスとなっていました。天候が良ければスコトン岬から

8時間コースと礼文林道を経由して宿まで走るつもりでしたが、蓋を開けてみれば雨。

さらに長袖のジャージを忘れてきたことが判明。ビバーグで長袖がないというのは

致命的なので8時間コースはこの段階で消えました。出走そのものを取りやめようと

思ったこともあり、朝方、厨房にいたおばあちゃんにその旨を伝えようとするも通じない。

結局、宿の方で朝食代わりにつくってくれたおにぎりを受け取り、上下に雨具を着込んで

6:33の路線バスに乗り込みます。この段階で予報は1日中1時間1ミリ以上の雨。

さらに朝方と夕方以降にまとまって降るというものでした。

約1時間かけてスコトン岬に着くまでバスの客はぼくひとり。そりゃそうだ、

何を好き好んで早朝にこの雨の中を出かけるものか。それに礼文島の観光は観光バスが

主なようで3、4時間で効率的に回れるようになっている。費用的にもリーズナブルです。

果たして7:26に着いたスコトン岬はすごい風でした。寒くて徒歩で観光するのも

億劫になります。カメラの浸水が心配。戦意喪失して公共の場で唯一屋根のある、

トイレに逃げ込み、ここで自転車を組み立てます。ストレスからここで下痢発症。

8時前に意を決してトイレを出て、暴風雨の中まずは南下して江戸屋山道に入る。

が、あまりの風に辟易して途中から海岸線に降りるトレイルに折れます。

途中は廃道のような感じでしたが、降り切るとダブルトラックで乗れるようになる。

鮑古丹から舗装路の激坂を登ってゴロタ山への分岐へ。ここからまた細いシングルトラック。

15分ほどの押し担ぎで8時半にゴロタ岬到着。とにかく風に自転車を持っていかれるのが危険。

その後は若干のアップダウンがあり、ところによっては乗れますが最後の100m一気に

下るところでは木の階段になるので当然乗車不可。ゴロタ浜沿いは未舗装ですが

ダブルトラックなので乗車できます。ずっと追い風だったのが救い。

当初は鉄府から西上泊までは舗装路で迂回して体力温存を考えていましたが、

澄海岬から浜中に出て打ち切りは心中で決まっていたのでその必要もなく、

コース通り、100mほどの直登を担ぎあげおろして澄海岬に出ることにしました。

途中ヤブを漕ぎ15分ほどで登れましたが、最後の強風と急勾配という組み合わせがきつい。

登り切ってからやはり若干のアップダウンを経由して西上泊に降りていきます。

ここは乗車可能。途中で澄海岬を別アングルから見下ろすことができます。

多くの観光バスが停まった駐車場を通り過ぎ、若干登り返すとあの風景が目に飛び込んでくる。

雨が降っていて天候には恵まれませんでしたが、斜面には白い花が咲き誇っていて、

いかにも絵になる風景です。さすが澄海岬、知名度が高いだけのことはあります。

が、雨はだんだん強くなってきて、そそくさと岬をあとにして浜中への舗装路を登ります。

勾配は緩いのですが意外と精神的にきつかった。途中で8時間コース入口が見えましたが

なだらかな道で走りやすそう。アナマに出るまでは自転車のほうが有利かもしれません。

観光バスが停まっていたレブンアツモリソウ群生地はパスして浜中バス停に955着。

結局、当初設定した時間より早くまわれました。補給も一切せず体力には余裕があった。

が、雨に精神が勝てなかった。バス停に小屋がついていてようやく生きた心地がしました。

ここで雨具を脱いで自転車をたたんで1036の路線バスに乗り込み、宿に戻ります。

途中でバスツアーに参加している連れ合いにメールを打つものの返事がなく、

結局この日は最後まで別行動となりました。

宿には11時半前に到着。テレビでは昼には雨が止む予報が出ていますがその気配はない。

雨具を干したりして連れ合いが帰るのを待ちますが、連絡がとれないので13時ころ、

しびれをきらして温泉施設のうすのきの湯に向かいます。宿の人に送ってもらった。

ここの1階ピロティでようやくバーナーでお湯を沸かしてカップラーメンを食べます。

一息ついてから2階の温泉に上がる。露天風呂もあった。温泉を出てからタオルの

ようなものを購入すべくフェリーターミナルに向かいますが、収穫なし。

ここで14時半頃でしたが、雨が止んできたのでとりあえず島の南端の知床方面に

歩いてみることにします。途中から舗装路を登ると北のカナリアパーク。

しかしこれはロケに使った学校のセットがあるだけで特に見るものはない。

いったん知床まで降りてから桃岩展望台コースを北上して戻ることに。

しばらくは林道をゆるく登ります。乗車して下ったら気持ちよさそうな道が

結構長いこと連続し、トレイルっぽくなったところでようやく元地灯台。15時半。

ここからは岬めぐりコースと同様、西海岸線沿いの高い位置を進みます。

やはり切り立った地形なのですが、緑に覆われているあたりが北の海岸線と違う。

これは風が弱いからなのか。意外と長いコースですが携帯が通じるのが安心。

登山道に変わってから路面のぬかるみが始まり、滑って難儀するところも。

靴が泥を跳ね上げて、ジーンズの裾は泥まみれ。2度ほど尻もちまでついたし。

途中、キンバイの谷のあたりでは木道が整備されています。乗車は避けましょう。

周囲にはいろんな花が咲いていてまさにお花畑のいいコースでした。

おそらく観光客の少ない午後が穴場。

ようやく桃岩展望台に着いたのが1620。ここからフェリーターミナルまでは

ずっと下りで、幅は狭いものの自転車でも下れそう。ただ両側から迫る草が

雨に濡れていて、降りきった時にはほとんどずぶ濡れになっていました。

宿に着いたのは17時過ぎ。ようやく連れ合いと合流します。あとは夕食とって

風呂入ってと前日と同じ。自転車にはあまり乗れなかったけど、

終わってみれば盛り沢山な一日でした。午後から雨がやんだのが幸い。

・走行距離:
12.1km

・獲得標高差:518m

・最高標高:189m(すべて自転車による部分)

にほんブログ村 MTB 

2016年6月15日 (水)

礼文島初日

新千歳空港経由で815発の便だったので6時前には家を出ました。R0015168

整然と区切られた畑の中にある新千歳空港は空から見た感じはほとんどアメリカ。日本ぽくない。

ここではさほど気温差は感じませんでしたが、稚内空港に降り立ったら寒かった。

新千歳空港からしばらくは山の上を通り、北海道にもトレイルはたぶんたくさんある。

雨予報の礼文島まで行く意味がわからなくなってきました。

稚内空港はほんとに何も無く、遠くに冠雪した利尻岳が見えるばかりでまさに北の果て。

そこまでプロペラ機だったのもその印象を後押ししたかもしれません。

空港バスでフェリータ-ミナルまで。稚内の町は人気が無く寂れている感じ。

フェリーターミナル近辺にも何も無く、とりあえず駅のほうまで歩いて見つけた海鮮市場

付属の食堂で三色丼を食す。2200円と結構なお値段。

ネタは悪くなかったが、器がプラスチックでご飯も冷めてた。ご飯については海鮮丼は

そういうものらしいが残念でした。

最近建ったのであろう新しい稚内駅舎を見て回ったりしてターミナルに戻ります。

フェリーは1445発で香深まで所要時間は2時間弱。この日は晴れていたので利尻島が

綺麗に見えました。が、あとの二日は結局利尻を拝むことはありませんでした。

香深のフェリーターミナルでは宿の出迎えがあり、車であっという間に到着。

宿泊地は旅館かもめ荘。小さな宿ですが、料理やサービスはよかった。

宿で翌日から雨予報な事から、これから桃岩往復できないか聞きましたが

結構時間がかかるようで断念。6時からの夕食を待ちます。

その間、自転車が届いていたので梱包を解きます。損傷は見られずほっとする。

危惧した同梱品の落下も起きなかった様子。輪行袋につめなおします。

夕食はとにかく豪華。品数も量も味も十分。毎食のウニとイクラは定番です。

食後に風呂に入りましたが、これは小さい。浴槽には基本一人しか入れません。

最近近くに温泉施設が出来たので、そちらを使うことを推奨します。宿で回数券がもらえます。

風呂からあがったら満腹もありもう動くのも億劫で、そのまま就寝。ちょっと暑かった。

テレビの天気予報では翌日は一日雨予報。1時間1ミリ程度なので行こうと思えば行けるだろうか。

にほんブログ村 MTB 

2016年6月14日 (火)

礼文島より帰着

礼文島は結局2日とも雨で昨日の午前中に自転車で岬めぐりコース、R0015203

雨が止んだ午後遅くに徒歩で桃岩展望台コースを周りました。

ともに自転車は不可能ではなく、浜辺の平地や桃岩コースの

緩斜面では乗車できますが、ウェルカムな感じではない。

基本的には徒歩を想定してつくられています。

具体的には路面が狭く押すのも難儀する上、高い位置だと風が強く、

担ぎはもちろん車体を持ち上げただけでも持っていかれてしまいます。

乗車しても速度を上げると、左右から張り出した花にダメージを与える。

8
時間コースは難しくはないでしょうが、アナマの崖上で身動きが

取れなくなる可能性はあると思います。

行っといてなんですがお勧めはしません。あくまで自己責任で。

詳細はまた明日に。

にほんブログ村 MTB 

2016年6月13日 (月)

果たして天気は

礼文島に行く前に書いています。今のところ当日の降水確率は60%もしくは75%で

一日中小雨が降り続くようです。かなり絶望的。自転車がどうこう以前に、

何しに行ったのかわからない状態。なんでこんなピンポイントにと恨みたくなる。

いつもならキャンセルする状況ですが、自転車送ってしまったし、宿とのパッケージで

購入したのでキャンセル料も高かった。パッケージ故に晴れまで待つという変更も

できなかった。この点では連れ合いもいるし。

まあ、たまにはこうした思いっきり無駄もいいのかもしれません。人生なんでも

思い通りに進むわけではない。まわり道はつきものです。そこに意外と

発見や出会いがあったりするかもしれません。

にほんブログ村 MTB

2016年6月12日 (日)

ドラマが面白かった時代

YouTubeで電車男のドラマを久しぶりに見返していて、よくできているなと思った。20160611_134755

オープニングやエンディングだけとってみてもとても手間がかかっていて、

今までなかったものを生み出そうとするパワーが感じ取れました。

またすべての登場人物にキャラクターが確立されていて完璧に演じられています。

で、過去見たドラマを検索してみたのですが、今考えても面白かったというドラマは

2000年から2006年の間に集中していました。%は最高視聴率です。

2000

・やまとなでしこ 34.2%

2001

・救命病棟242 25.4%

2003

Dr.コトー診療所 22.3%

・僕の生きる道 21.6%

2005

・電車男 25.5%

・花より男子 22.4%

2006

・結婚できない男 22.0%

たぶんこれ以前はドラマを客観的に楽しめていなかったし、自分の人生が忙しくて

それどころではないということもあったかと思います。これ以降は特に自分に原因が

あるとは考えられず、視聴率も落ちているからドラマがつまらなくなったのでしょう。

このあとでリーマン・ショックが起こり、2011年には震災もあってドラマどころではなくなった。

相変わらず放映量だけはあるのですが、ドラマが再び面白くなる時代はやってくるのでしょうか?

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月11日 (土)

礼文島ルート別案

各所天気予報によると月曜日は雨まじりで未明の雨はほぼ確定。路面のコンディションが

悪く、アナマ岩からの海岸線も通れない可能性があるので8時間コース案はほぼ消滅。

かわりに岬めぐりコースと礼文林道を組み合わせたプランを考えてみました。

スコトン岬745−江戸屋山道ゴロタ岩850−鉄府西上泊、澄海岬1000−浜中1036−

バス香深井1106−礼文林道起点1130−礼文滝分岐1200−徒歩礼文滝1300−礼文滝分岐

1430−桃岩トンネル1530−桃岩展望台1600−香深1630

前半の行程がタイトでバスに乗れない可能性はあり、その場合1時間弱あとのバスに乗るか、

自走で香深井まで15km走るか。体力と天候次第です。礼文滝は宇遠内往復に変えるかも。

そうしたら1/4は乗車できる。時間が押した場合、桃岩展望台は翌日に持ち越し。

問題はやはり雨で、降られたら雨宿りする場所すらない。しかも降ると横殴りになるらしい。

泥だらけになるだろうし、着替えは持って行かないとな。
朝方まで雨の場合は出発を遅くして後半を切ります。

にほんブログ村 MTB

2016年6月10日 (金)

ヤマト便で自転車

今回はヤマト便を使って礼文島に自転車を送りました。当初はカンガルー自転車輸送便と

いうのも検討しましたが、礼文島には送れませんでした。ヤマト運輸は礼文島にも

営業所があります。

ただネット上では自転車は受け付けてもらえないという情報もあって事前に地元の営業所に

行って聞いてみたところ、ダンボールで梱包されているなら問題ないらしい。

お届け予定日は発送の3日後とのこと。着払いも可能。

ダンボールは自転車屋さんに分けてもらい、若干拡張しました。こんな感じ。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-5c10.html

具体的な寸法は、1310×780×200ミリで約15kgになりました。

ヤマト便では運送保険というものに加入ができます。保険料率は30万円以下の物品で1万円に

つき10円。20万円という設定で200円の掛け金でした。送料は大きさで決まり3974円。

思ったよりしましたが、稚内礼文島のフェリーが2260円するのでまあ妥当か。

横置きをデフォルトとして荷物を渡しましたが、あとから電話があり、1m四方のスペースに

積まなければならないので縦にしてもいいかとのこと。通常の輪行の向きにすると

ディレイラーハンガーの変形が怖かったので逆にお願いしましたが失敗だったかも。

飛行機で問題になるガスカートリッジや外したペダル、クイックシャフトなどを袋に入れて

同梱したのですが、これが外れて落下しフレームにダメージを与える可能性がある。

電話の2時間後に営業所に行って詰めなおそうと思いましたが既に発送済で後の祭り。

無事であることを祈るしかありません。郵便ではハンガリーからワインを送った時、

何本か破損して保証してもらったことがありますが、島まで行って乗れなかったら辛い。
それより雨の可能性も高くなってきていて鬱なのですが。

ちなみに配送追跡したところ、発送から2日後には届いているようです。
−−
追記:ヤマト便は基本的に本人立会いがないと受け取ってもらえません。
また着払いにする場合、保険料は発送者負担になりますのでご注意を。

にほんブログ村 MTB

2016年6月 9日 (木)

垂直の秩序

建築写真だとあおり補正がデフォルトで、垂直方向のパースが無視されるということについては、20160608_125403

以前日記に書きました。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-a8f4.html

近年はコールハースによるCCTV本社ビルのように垂直と縁のない建築も出てきていますが、

若手の代表的建築写真家であるイワン・バーンでさえあおり補正をして撮影している。

補正をした方が余計な線が減ってクリアな印象を与えるというのが理由となるでしょうが、

実際に建物をスケッチしてみると脳内で自動変換しているのか、補正した絵ができあがる。

特に高層建築を間近で見るような場合、建物は視界に収まらず視点は常に移動しています。

で、視点が上に行くほど垂直方向のパースはきつくなり、それを単純につなげると

デイヴィッド・ホックニーの作品のように辻褄が合わずばらばらになってしまう。(写真)

結局、1枚の絵にした時、垂直方向のパースは無視するというのが最も都合がつきやすい。

で、それが西洋絵画の伝統として根付き、ぼくらが見る絵画のほとんどはそうなっています。

カメラ的な単視眼を捨てて、複数の視点を同時に採用したキュビズムにおいてさえも。

それはアニメやCGで動画が登場するまで続きました。例えばエジプトのピラミッドの

よく知られた鋭いシェイプは、かなり離れた場所から見ないと確認できず、近くで見るとただの

石の山ですが、動画がデフォルトとなればそうした事実も受け入れられるのかもしれません。

にほんブログ村 建築・建築物

2016年6月 8日 (水)

歯根破折?

治療中の奥歯の歯茎がパンパンに腫れてしまい、これは歯根破折を起こしているかもしれません。

歯根に縦に亀裂が入ってしまうことで、もしそうなら治療としては抜歯しかありません。

・噛むと痛むが噛まないと痛くない・歯茎が腫れる・根の治療が改善しない

・金属の土台を作っている

すべて当てはまります。51歳で抜歯ってどうなんでしょう。よくあることでしょうか。

これを知った夜から翌朝にかけては鬱になってしまいました。

が、役作りのために奥歯を抜いた松田優作やすべて抜歯した三國連太郎みたいな人もいる。

奥歯だからなくても見た目は気にならないし。神経質になり過ぎなのかも。
--

歯科受診したら歯茎の切開になりました。次回は手前の歯も被せ物を外して

根の治療をするとのこと。とりあえず長丁場になるわ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月 7日 (火)

GARMIN etrex ハンドルバーマウント

以前のVista HCxのマウントはビス止めのハンドルクランプで、GPS本体もかっちり止まるBike_mount

出来のいいものでしたが、後継機種のetrex用はハンドルにタイラップ止め、GPS本体も一

回取り付けると取り外すのが大変とほとんど欠陥品でこれが1780円もします。(上図)

タイラップは結束力が弱くダートを走行しているとGPSが傾いてしまう。GPS本体は

何度か脱着しているうちに、力の加減でマウントベースが折れてしまった。

同じGARMINのEdgeシリーズのマウントと比べても これは明らかに手抜きです。

あまりにひどいので、独自のマウントアダプターを開発し3Dデータを公開している人までいる。

http://www.wamungo.com/PrintModel/Detail/Bike-handlebar-mount-for-Garmin-eTrex-GPS-devices-5302bb658970280c304bc178

ぼくはミノウラのボトルケージ台座増設用の金物を流用することにしました。

マウントベースの真ん中のゴムはドライバーで押すと外れるので、ここに手持ちのボルトを

差し込み、金具を締め込んで止めます。これだけですが、かさばることなく見た目もばっちり。

にほんブログ村 MTB

2016年6月 6日 (月)

自信と不安

ここまでの人生を振り返って最も大切なのは自信だと思います。

自信があって初めて人生を前向きに捉えることができます。

しかしぼくは無条件に自信を持てるほど楽天的な人間ではない。

むしろ自分を過小評価するくらいで、将来については常に不安を抱いています。

ただそれを意識するばかりでは前に進めないので、時に目をつぶって突き進む。

で、少しでもうまくいくと不安が大きい分、達成感は大きい。

自信はぼくにとっては貴重なものなので、達成感から得られる小さなそれを大切にして

ゼロから少しずつ積み上げていきます。成功の判断は自分でするので他人は関係ない。

むしろ他者は成功体験を壊すことが多いので自分の周りに壁を築き、結果として

仲良くなれない人もいる。別に攻撃したいわけではなく、一種の防衛本能です。

心境としては放っておいてくれ。大切な人とだけ幸せに生きていきますので。

 

自分一人の人生で手一杯なので、社会がどうなろうと知ったことではない。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月 5日 (日)

MTBタイヤ交換

パンク連続後もケチってCrossmarkを使い続けてきたMTB5ヶ月持ちましたがさすがに寿命。R0015130

先日のツーリングで帰路の舗装路で音が鳴るくらい前輪の空気が抜けてしまった。

このまま礼文島に行くのは不安があるため、ストックしていたMonorailと交換しました。

幅は2.25インチから2.10インチに縮小。1本あたり165グラムの減量となりました。

http://studio-blank.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/mtb-a2b3.html

取り付けてみるとやっぱり細い。近年は27.5+のような太めのタイヤが流行っているので

なおさらそう見える。ただRacing RalphからCrossmarkに換えたときは重ったるく感じたので

走りは軽くなることを期待。

近場のダートに試走に行ってみたところ、残念ながら舗装路で軽さは実感できず。

しかしダート路面での転がりはCrossmarkより良い感じ。その分グリップは落ちるのでしょうが

グリップの限界まで攻めるような走りはしないのでMonorailで正解かもしれません。

にほんブログ村 MTB

2016年6月 4日 (土)

圏外編集者

編集者であり写真家でライターでもある都築響一さんの新刊。81dnkpvyffl

自らの編集者人生を振り返り、今や昔の出版業界に苦言を呈しています。

曰く、特別なことをしてきたわけではない。誰も目を向けない普通のものに注目しただけ。

で、いろいろ言う割にこの本は最近のタレント本と同じような聞き書きです。

全文口語体で読みやすいですが内容が詰まっているとは言いがたい。手抜きな感じがするし、

最後になってわかるのですが、この本は都築さんの有料メルマガの宣伝のために書かれたみたい。

メルマガねえ。個人的には一方的に膨大なデータを送りつけてくるのはどうかと思います。

出版に未来がないのは確かですが、佐藤秀峰さんがオンラインの漫画サイトを開いて

決して成功していないのも含めて、ネットで食べていく方法はいまだに確立されていない。

この本でけなされているまとめサイトのほうが現状ではよほどうまくやっていると思います。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年6月 3日 (金)

フォワードジオメトリ

Mondrakerが提唱したMTBの新たな方向性。フレームの寸法という根本に触れています。1

提唱されたフォワードジオメトリとは簡単に言うと、短いステム、長いトップチューブ

寝かせたヘッドアングル、ロングホイールベース、短いリアセンターと

ライダーに対し、車輪を前方にオフセットして後ろ乗りをデフォルトとしたもの。

これによってライダーは前方に投げ出される恐怖心から解放され、バイクコントロール

できるようになるそうです。見た目も悪くなくこれに興味を持ちました。

今発売されているMTB27.5インチと29インチがすべてで、オールマウンテン、トレイルモデル

では27.5インチがデフォルト。MondrakerVantageというAMHTモデルもそうです。

で、27.5インチのフォワードジオメトリは数値が入手できますが26インチのはない。

そこで今乗っている26インチのScott Scaleのジオメトリをもとに26インチのフォワード

ジオメトリを模索してみました。フォークは現状の100ミリストロークを想定。(図)

リアセンターは420ミリとVantage435ミリを下回っているのでそのまま。シートアングルは

73.5度とVantageより0.5度寝ていますが、シートポストにオフセットがないのでこれも現状維持。

もしリアセンターを詰めようとしたらFDが当たるため、フレーム直付のものに要交換です。

ヘッドアングルは2度寝かせていますが見た目ではほとんど変わらない。トップチューブは

50ミリ伸ばしています。しかし現状から50ミリハンドルが遠くなるとフロントが上げづらくなる

のが目に見えている。Vantageはフォークのストロークが40ミリ長いのでヘッドが高いのではないか。

結論としてあまり魅力を感じませんでした。またMontrakerXCモデルを見ると

フォワードジオメトリは採用されていないので、どんな用途にも万能というわけではないようです。

にほんブログ村 MTB

2016年6月 2日 (木)

奥多摩の尾根より帰着

礼文島行きを2週間後に控え、負荷のかかる山サイをして調子を見ようと思い、

未踏破の奥多摩の尾根まで足を伸ばしました。

が、出先で気になって帰宅して確認したら尾根自体は問題ないものの、

アクセスの一部が第一種特別地域にかかっていました。ミスです。すみません。

この尾根は他にアクセスがないので尾根を往復するしかなく、

あまり現実的ではないため、今回はレポートを省略させていただきます。

体調的にはさほど問題ないものの、午後になると精神的にきつくなるので

礼文林道はやめて海岸線沿いに帰ってくるかもしれません。

・走行距離:32.2km

・獲得標高差:1276m

・最高標高:1473m

にほんブログ村 MTB

2016年6月 1日 (水)

医者歯医者の評価

医者歯医者の評価、選択というのは難しい。ネットの評価もあてにならないし、

いわゆる名医の本などはお金を払ってインタビューが掲載されるらしい。

大学病院などでは教授、准教授に診てもらいたい気持ちがどうしてもありますが、

腕があるからその地位にいるとは限らない。研究で認められた人だっている。

外科で教授に執刀を頼んでも、実際に切るのは助教だったりもする。

結局のところ、よほど難しい病気でない限り対応の良さ、丁寧に説明してもらえるか

どうかなどで判断するしかない。長くやっているというのも一つの指標にはなるか。

歯医者なんかでは数をこなせばある程度までは腕は上がるので。

医者の腕がいいかどうかなんていうのは素人の自分にはわかりません。

とりあえずぼくにとっては信頼関係が築ける医者ならばOKです。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »