« 紫陽花ツーリング | トップページ | アスペルガー症候群 »

2016年6月29日 (水)

かたちの退場

近年、自分が急速に興味を失っている建築の形って今、どうなっているのだろう?Dezeen_8sprucestreetbyfrankgehry_02

先日、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で日本館が注目されましたが、

そこで取り上げられていたのはリノベーション、シェアハウス、街おこしの拠点など

現在の都市や地方の問題に対する建築の社会的経済的な提案でした。

つまり着目されているのはプログラムで建築の形は副題にすらなっていない。

今発売されているjaの日本の若手建築家特集を見ても、かつて花型だった建物外観写真は

その座を降り、端っこの方に小さく掲載されているケースが多い。

果たして建築の形というのは終わってしまったのだろうか?

結論から言うとそんなことはない。今でもトップレベルの建築家は地味ながら

形と格闘しています。ただわかりづらくはなった。

藤本壮介さんを例に取るとわかりやすいかもしれません。House H2009年)と

House NA2011年)は平面断面は類似しているも、外観は全く異なっています。

箱型の全体がある前者に対し、後者は部分が増殖して途中で止まったような印象がある。

全体として一つの像を浮かび上がらせることを避けるのが今の流れなのかもしれません。

写真の2つのNYの超高層はゲーリーとヘルツォーク&ド・ムーロンによるものですが、

ともに経済効果から必然的に算出される箱形を恣意的に崩して部分に還元しています。

その操作では記号や象徴的意味合いが発生するのを注意深く排除しています。

具体的には面ではなく断面を見せるような手法をとっていることが多く、

ゆえにバルコニーや庇といったパーツが重宝されるようになる。

かたちのヒロイックな身振りというのは終わりました。中東や中国の高層ビルなどを

見るとそれは明確です。ポストモダンの着目した記号やメタファというものも廃棄され、

そういう意味ではモダニズムの延長線上に揺り戻されたと見ることもできるかもしれない。

ポストモダンの時代では建築家は1枚のアイデアスケッチだけで評価され得た。

造形的にも正方形を使っていれば良いような、厳密さが要求されない環境にありましたが

これからのひとは本気で形と対峙しようと思ったら大変だと思います。

何も考えずに設計するとそれはただのクズになります。実物を見れば一目瞭然。
やはり造形能力は問われ、たぶんそれだけの才能を持った人はそう多くない。

にほんブログ村 建築・建築物

« 紫陽花ツーリング | トップページ | アスペルガー症候群 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/66243146

この記事へのトラックバック一覧です: かたちの退場:

« 紫陽花ツーリング | トップページ | アスペルガー症候群 »