« 狼は帰らず | トップページ | サハリン »

2016年6月24日 (金)

胃がん検診

おそらく8年ぶりに区の胃がん検診を受けてきました。バリウムを飲むあれです。

ぼくは病院は好きですが検査は好きではない。さすがに前回から間が空いたので
申し込みましたが、検査日が近づくにつれ気が滅入ってきた。

前日は21時以降が絶食。昼過ぎに早い夕食をとってしまったので、

20時ころにウィダーを追加しました。当日は6時以降水も飲めない。

果たして当日の朝は空腹はしのげたものの、強烈な眠気に襲われました。

しかも自転車で行こうとしていたところを雨。仕方なく世田谷線に乗るべく

下高井戸駅まで歩きましたが通常10分のところを20分もかかった。

さらにこの世田谷線が事故なのか途中で止まってしまう。最後は西太子堂駅で

降りたのですが、電車は出発していないのに後続が目の前まで迫ってきたせいで

踏切が閉じたままで渡れない。

結局検査会場に着いたのは910分ころ。この日6人目で殆ど待たずに検査できたのは

幸いでした。更衣室で検査着に着替えて待機。眼鏡も外す。

呼ばれて検査場であるX線室に入ると看護師1名に検査技師1名の計2名。

看護師から発泡剤とバリウム飲む手順を聞くが早口でよく把握できない。

発泡剤はバリウムで流し込むようにかわった模様。

検査台の上で指示通りに身体を回転させるがこれが3,4回繰り返された。

少し写真を撮ってから発泡剤が追加されたところを見ると、胃が十分に

膨らんでいなかった様子。げっぷしなかったのになんで?

検査中の指示もとっさに把握できないことも多く、歳かな。

着替えて下剤もらって検査は終了。ただこの薬効かないんだよな。

翌朝に腹痛を伴った下痢。やれやれ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 狼は帰らず | トップページ | サハリン »

ヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/66170155

この記事へのトラックバック一覧です: 胃がん検診:

« 狼は帰らず | トップページ | サハリン »