« 礼文島ルート別案 | トップページ | 果たして天気は »

2016年6月12日 (日)

ドラマが面白かった時代

YouTubeで電車男のドラマを久しぶりに見返していて、よくできているなと思った。20160611_134755

オープニングやエンディングだけとってみてもとても手間がかかっていて、

今までなかったものを生み出そうとするパワーが感じ取れました。

またすべての登場人物にキャラクターが確立されていて完璧に演じられています。

で、過去見たドラマを検索してみたのですが、今考えても面白かったというドラマは

2000年から2006年の間に集中していました。%は最高視聴率です。

2000

・やまとなでしこ 34.2%

2001

・救命病棟242 25.4%

2003

Dr.コトー診療所 22.3%

・僕の生きる道 21.6%

2005

・電車男 25.5%

・花より男子 22.4%

2006

・結婚できない男 22.0%

たぶんこれ以前はドラマを客観的に楽しめていなかったし、自分の人生が忙しくて

それどころではないということもあったかと思います。これ以降は特に自分に原因が

あるとは考えられず、視聴率も落ちているからドラマがつまらなくなったのでしょう。

このあとでリーマン・ショックが起こり、2011年には震災もあってドラマどころではなくなった。

相変わらず放映量だけはあるのですが、ドラマが再び面白くなる時代はやってくるのでしょうか?

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 礼文島ルート別案 | トップページ | 果たして天気は »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/65961858

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマが面白かった時代:

« 礼文島ルート別案 | トップページ | 果たして天気は »