« ラーメン店巡り2 | トップページ | すみだ北斎美術館 »

2016年6月19日 (日)

歯科クリニックの勤務医

先日、歯医者の予約を間違って30分遅く記憶していて遅刻してしまい、担当の院長先生が

既に不在で、かわりに別の女性の歯医者さんに治療してもらいました。

不安でしたが、今までの治療の流れは伝えるとのことだったので。

果たしてその先生の治療は、治療中一度も口をゆすがせず気持ち悪い、また断りもなく

口に治療器具をぶら下げるなど素人目にもその腕には疑問が感じられました。

治療内容を説明してくれる点だけは評価できましたが。

最後の仮の詰め物はいつもの硬いものではなく、シリコンのような柔らかい素材で

歯と歯の間に埋めるのではなく、上からかぶせるような形でした。

これで食事をとって3時間後に歯磨きをしたらもう詰め物が外れてしまった。

歯医者に電話すると担当された女性らしき方が電話口に出て、外れたのは違う歯の

詰め物ではないか?今回は詰め物とする治療はしておらずカルテにもないとのたまった。

わけわからない。では今手元にあるのは何だというのだろう?で、このまま放置してて

問題ないのか聞いたら電話口は事務員さんに代わっていてどうとも言えないとのこと。

結局、再度歯科医に出向いて院長先生に診てもらうように交渉。この日3度通って

ようやくしっかりした詰め物がなされました。2度めの診察は無料でした。

下手なのはまだいい。誰だって最初は下手なのだ。が、嘘言ってとぼけて施術不良を

隠蔽しようとするのは許せない。人として信頼できず2度と会いたくありません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« ラーメン店巡り2 | トップページ | すみだ北斎美術館 »

ヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/66075116

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科クリニックの勤務医:

« ラーメン店巡り2 | トップページ | すみだ北斎美術館 »