« 雁峠、笠取山、将監峠2日め | トップページ | Tポイントカード再発行 »

2016年7月28日 (木)

優生学

神奈川の知的障害者施設で元職員が入居者19名を殺害するという戦後最悪の事件が起きた。

19人も殺せばまず死刑は逃れられない。なのにこの容疑者は事件後すぐに自首した。

自殺する素振りすらなく。そこには反省はおろか怒りの感情さえ伝わってこない。

容疑者は半年ほど前に政府首脳に知的障害者の抹殺計画書を送っていたそうです。

意思の疎通もできない社会のお荷物は安楽死させるべきと訴えていた模様。

容疑者は自らの考えが社会的に正しいと信じきっていたのではないか。

生物的に劣るものは淘汰されるべきという考えは戦前、優生学と呼ばれ、世界各地で
いろんな形で展開され、その最悪の結末がナチスによる障害者のホロコーストです。

戦後、その実態が明らかになるに連れ、優生学は一種のタブーとして封印されます。

人間の優劣など、絶対的に決められるものではありません。実際戦前のアメリカでは

東洋人は劣等民族としてアングロサクソンや北欧人の下に位置づけられ排除された。

容疑者自身が優等民族の一員だと思っていたとしたら滑稽もいいところです。

今は優生学がタブーだと教えてくれる人は少ないでしょう。そして世界的に保守的で

排除的な過激な発言が目立ち、それが受け入れられていると勘違いしてしまう。
もしかしたら逆にそれがかっこいいと思っているのかもしれない。

日本人はもっとモラルについて教育を強化すべきではなかろうか。それはいじめの問題にも

つながります。こんな事件は2度と起こしてはならない。容疑者は当然極刑に処してほしい。

ベッキーやら舛添さんやら完全に平和ぼけした日本において、本件は比較にならないくらい

重大な事象です。決して他人事ではない。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 雁峠、笠取山、将監峠2日め | トップページ | Tポイントカード再発行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/66701487

この記事へのトラックバック一覧です: 優生学:

« 雁峠、笠取山、将監峠2日め | トップページ | Tポイントカード再発行 »