« 現代の茶室 | トップページ | 死ぬまで出来ること »

2016年7月14日 (木)

scan it!

スケッチブックに何回か出てきたインスタレーションの案。初出は2004年頃。R0015349

コピー機やスキャナにある棒状の白い光の移動を部屋レベルに引き延ばす。

光源は蛍光灯と書いていますが、今ならLED。それもかなりの高照度のものを。

棒状の移動する光源は壁の3面もしくは4面に設置。天井に付けるという案もあり。

発光してゆっくりと横に移動して、端まで到達すると消灯して元の場所に戻る。

スケッチには光の移動の順番が書いてありますが、ランダムに動かすのも面白いかも。

床の中央に埋め込まれているのはモニターで、航空旅客機の下に設けられたカメラが

撮影した映像を延々流します。つまり出発地から目的地までの地上の風景のスキャン。

ギャラリーの開廊時間と同じくらいの長さのものが望ましい。

2016
年の今から見るとスキャナってもうあまり使いませんが。Google Earthとか

ストリートビューとかって、やってることはスキャンの一種です。MRIなんかもそうだし、

今ぼくらはあらゆる物理的なものをデータ化する時代に生きている。その象徴です。

にほんブログ村 建築・建築物

« 現代の茶室 | トップページ | 死ぬまで出来ること »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/66489310

この記事へのトラックバック一覧です: scan it!:

« 現代の茶室 | トップページ | 死ぬまで出来ること »