« PX-1004使用感など | トップページ | 体育2の存在意義 »

2016年9月13日 (火)

分譲7980万円

隣地建売の仮囲いが外れ、全貌が明らかになりました。まあ建ってしまえばこんなものか。R0015491_4

これがずらっと並んだ街並みを想像するとゾッとしますが、まあ諸行無常です。

2
棟並んでいて手前は3LDK7980万円、奥は4LDK8180円だそうです。

バブルの頃のマンション価格を知っているひとにはさほどの驚きはないかもしれませんが、

この価格帯のものをローンで買おうと思ったら年収1500万円が必要らしい。

子供が2、3人いるファミリーで大企業に勤める人がターゲットとなるのか。

しかし明大前は交通の便はいいですが、ブランドとしてはいまいち。

むしろ隣の東松原、羽根木のあたりのほうがステイタスはある。

ここは一応世田谷区なのですが、北の外れで道路を挟んで杉並区と接し、渋谷区も近く

目黒区と接する東側と比べると地味な印象。あえて明大前というひとは少ないのでは。

競合はそれだけでなく、湾岸のタワーマンションも比較対象に入ってきます。

だいたい3LDK100平米もいらない。周囲の70平米台の建売は5000万円台だったりする。

消費増税の駆け込み予測で建てたんだろうけど、大幅値引きしないと売れないだろうな。

にほんブログ村 建築・建築物 

« PX-1004使用感など | トップページ | 体育2の存在意義 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/67455877

この記事へのトラックバック一覧です: 分譲7980万円:

« PX-1004使用感など | トップページ | 体育2の存在意義 »