« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

ボツワナ旅行最終日

カサネ-ヨハネスブルグ-香港-羽田:機中泊Dscn9946

ボツワナ旅行最終日は朝のサファリのみ。動物との距離が近いジープなので期待しましたが、

早く集合したのに出発は最後の方になり、公園の入口で恐らく人数制限ではねられ別ルートに。

公園の奥の方へ延々舗装路を飛ばしますが川から離れているので当然のように動物は全くいない。

かなりがっくりきました。なんで最後になってこうなるか?右折して砂地に入っても状況は変わらず。

が、ここで大逆転。遠くに雄ライオンが歩いているのが見えました。しばらく観察していると

その前方に雌ライオンも発見。この雌がくるりと方向転換し、ジープの方に向かってきました。

緊張した。こちらはオープンエアのジープ。飛びかかられたらひとたまりもない。雌ライオンは

ジープのすぐ横を、雄ライオンは前をすり抜けていきました。カメラの持ち替えはできなかった。

その後しばらく走ると今度はキリンがそこかしこにいました。警戒心が強いと思っていましたが

意外と近くまで寄れた。網目は淡い色の個体が多かった。最後に出会えて満足。

ただゾウのようには子供のいる確率が高くなかったのは気がかりです。ちなみにこの日もゾウは

いました。目の前を跳躍したクドゥらしきものをカメラに収められなかったのは残念。

最後のサファリを終え、部屋に戻ってシャワーを浴び、帰国の準備を進めます。10時半にチェックアウト。

頼んでいない飲み物の記載があるという間違いはありましたが、キャンセル分は請求されませんでした。

ほっと一息ついて、11時半のエアポートシャトルで宿を離れます。カサネの空港は出国エリアも

やはりバラック。ただチェックインで乗り継ぎ3便の席の確保はすべてできました。

席も埋まっているので早々と出国審査へ。ひとつしかない搭乗口はロビーより幾分かましでした。

ミネラルウオーターのサービスは嬉しい。行きより古めの機体でヨハネスブルグへ。

ここでの乗り継ぎは今回最短の1時間35分。しかも行きの感じで乗り継ぎの検査が厳しいのは

わかっていた。で、案の定、検査場の前に長い行列が。

焦りました。時間がないことを申告して優先的に通してもらおうかとも思いましたがギリギリ間に合いそう。

空港の中を小走りして、なんとか香港便の搭乗の列の最後に着けた。あぶなかった。

結局連れ合いは残りの土産を香港の空港で買っていました。アフリカのものはないのですが。

羽田便に搭乗するともうそこは完全な日本語の世界。帰ってきたんだなと思う瞬間です。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

ボツワナ旅行5日目

カサネ-ビクトリアフォールズ-カサネ:Cresta Mowana Safari Resort&SpaDscn9893

ジンバブエのビクトリアフォールズまで往復するツアーに参加する日なのでサファリはなしです。

ゆっくり起きて7時から朝食。出発は8時。費用は一人あたり1410BWPで別途ビザ代がかかります。

今回はやや高齢のドイツ人観光客の4人グループと一緒。途中ではチェコ人の若者グループや

日本人カップルと行動を共にするときもあった。ジンバブエ国内ではガイド付き。

国境までジープで20分ほど。途中の温泉のあたりでゾウの集団が見えた。自然保護系と思われる

デモみたいなのもやっていた。ボツワナの出国は極めてスムーズに済んだ。

が、少し進んだジンバブエの入国審査には行列ができていました。係員の動作もどこか緩慢。

シングルビザは30USD。ジンバブエ国内で使えるのは自国通貨よりUSドルです。

ジンバブエに入国すると空調の効いた小型バスに乗り換えます。クルマは良くなりましたが

道の状態は変わらない。途中道端でスタックしていたミニバスを皆で押す。キリンを見ようとしたらしい。

国境からビクトリアフォールズまで1時間半くらい。野生動物はそのキリン以外はバブーンくらいしか

見かけませんでした。日本人カップルとは滝で別れるが、後に香港の空港で再会することになります。

滝の駐車場では観光客目当てのトラディショナルなダンスの押し付け。こういうのは勘弁。

滝の公園に入ると早くも水による地響きが伝わってきます。滝は峡谷に落ち込みそれを対岸から見る。

峡谷沿いに散策路があり、幅は実に1.7kmに及びます。ただ乾季の9月は水量が少なく、奥の

ザンビア側はほとんど水は流れていなかった。が、手前部分だけでも水しぶきがすごく迫力あった。

滝の真上で水に浸かるデビルズプールには行きませんでしたが、対岸からも結構な数の観光客が

確認できました。散策路の終点からはザンビア国境であるビクトリアフォールズ大橋が見えます。

ここからはバンジージャンプができ、少し下流ではジップラインなどの絶叫系アクティビティを

レストランから見ることができます。サファリは年齢層が高いので、客層が違うのでしょう。

そのレストラン、ルックアウトカフェへは公園入口まで歩いて戻り、バスにて移動します。

ランチは料金込み、飲料は別途。クロコダイル料理を頼みましたがチキンのような食感で美味しかった。

その後、バオバブのビッグツリーで写真を撮った後、ワニ園へ。ワニに触れるとのことでしたが、

生後数週間の小さいやつでした。まだ皮膚は柔らかくイグアナのような印象。おしっこをかけられた。

とにかく無数のワニがいて巨大なやつもいますが上から見るだけ。何故かライオンのオス1頭、

メス2頭も飼育されていました。写真撮ろうとしたらメスに威嚇された。

最後に連れて行かれたのは土産物屋でありがちなパターンですが、願ったりでした。ただここ、

駐車場の片隅に幌を張っただけのボロい露店。ジンバブエ紙幣を売りつけてくるなど煩い。

ただホテルにも空港にもまともな店がなくこれを逃すと本当に土産を買うタイミングがなくなるので、

狙いを黒檀のカバの置物に絞って交渉。なんとか購入となりました。

ジンバブエ国境でガイドと別れ、再びボツワナ入国。乗り換えたジープの暑いことよ。

宿には16時頃到着。いったん部屋に戻って休みますが、夕食まで時間があるのでプールに入ることに。

バーの前のではなくスパの方のプールにしました。この時間はサファリだからひとはいないだろうと

ふんでいましたが、プールサイドには3人の若い女性の先客が。

スパとプールのシステム自体よくわかっていなかったし、逡巡しましたがせっかくだから入りました。

身体の熱が治まって気持ちよかった。水深は意外とあり、深いところだと2m近い。

3
度めの夕食は初めてトラディショナルフードにチャレンジしました。パリチという白い練り物の
主食とパニという蛾の幼虫を乾燥させたもの。後者はグロいですがエビのなかにツナが入った感じでした。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

2016年9月29日 (木)

ボツワナ旅行4日目

カサネ:Cresta Mowana Safari Resort&SpaDscn9788

この日は朝と夕にサファリ、昼にスパという構成。まだ薄暗い
545にロビーに出ると

前日と同じく人が多い。パンとコーヒーがサーブされ、6時からジープに分乗して出発。

ジープは3人がけで3列。幌の屋根付き。ドアはなくよじ登って乗ります。20分ほど

舗装路を走って公園入口で入場手続き。ガイドも含めて全てドライバーにやってもらえます。

公園内は砂の道。四駆でないと走れないような状態。遭遇する動物はインパラやホロホロチョウ

が多く、他にカバ、バッファローなど。カバ以外はボートより近くで見られ、動物の種類も多い。

やはり圧倒的にインパクトがあったのはゾウでした。あれだけいれば絶滅はないのではないかな。

ライオンとキリンははるか遠くに確認した程度。途中高台で休憩があり、飲料補給します。

宿に戻って朝食。肉や卵類が多い印象。こちらの飲み物は無料。いったん部屋に戻ってから、

建物の反対側の端にあるスパまで予約を取りに行きます。13時からに決定。1時間の全身コース。

時間が余ったので土産物でも買いに街に出ようかということに。しかし門から出たとこで、

はるか遠くまで建物は確認できない。治安の不安もあったので引き返しました。

その後、翌日のビクトリアフォールズへのツアーと夕方のボートサファリの予約をします。

昼食はバーにて。結局宿での昼食はこの日だけとなりました。しかもお腹が空いておらず

ほとんど手を付けなかった。運動してないしね。バーの前の庭ではイボイノシシが寝ていた。

食後のスパは
The Mowana Signature Massageというもの。うつ伏せと仰向けで、

全身をくまなく強めにオイルマッサージされます。痛くてツボ押しか?と思うときも。

連れ合いはかえって筋肉痛になったそうな。施術が終わってチェックの時にチップの記入欄を

指示され、金額を巡って二人して悩む。どうにもこのチップという習慣はいまだに苦手だ。

15
時からは前日と同じボートサファリ。今回は人数少なめで1隻で。ガイドがいろいろ説明して

くれましたが、ルートは前日と同じ。見られる動物も同様で、ジープの方がよかったかも。

でも船の屋上に上がれるという発見があり、ずっとそこにいて平原の広がりを感じていました。

が、途中でカメラがまさかの電池切れ。予備電池もなくずーんと落ち込みました。熱中症気味でもあった。

体重が気になり始めていたこともあり、野菜中心な夕食をとって、早々と部屋へ引き上げました。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

ボツワナ旅行3日目

カサネ:Cresta Mowana Safari Resort&SpaDscn9761

ヨハネスブルグまでのフライトは
13時間10分。機内できっかり8時間睡眠をとります。

ここから客室乗務員は全員アフリカン。目つきが怖い。離着陸時に細かなルールあり。注意。

カメラはダメ、ブランケットは横に放り投げる、場合によっては椅子下の荷物もダメ、

そして殺虫剤散布。機内食は普通。トイレは思ったほどは不衛生ではなかった。

ようやく着いたヨハネスブルグでは今回最長の4時間40分待ち。検査を受けて出発ロビー

まで来るとまだゲートもわからずベンチで休んだり、アイスやミネラルウオーターを買ったり。

後から考えると土産物を買う最後のチャンスでしたが知る由もなく。搭乗時刻になると

ゲートから遠く離れた飛行機までバスで移動。小型の飛行機にタラップにて搭乗。

カサネまでは1時間40分の短いフライトですが、軽食は出た。クスクスやレーズンを使った

クレープで美味しかった。カサネに着いてタラップを降りると直射日光がきつい。

カサネの空港は新築工事中で、仮設のそれはとても空港には見えないくらいぼろぼろ。

入国検査もアバウトで両替すらない。荷物は飛行機からカートで運ばれたものをそのまま取る。

外に出るとCresta Mowanaの送迎のひとが待ってくれていた。同乗したのは西欧人2人のみ。

20分ほどで宿に到着。意外と遠かった。チェックインでは早口でのブロークンな英語に苦労する。

しばらくは部屋の方向もわからずうろうろ。ようやく見つけたそれはフロントから遠い1階でした。

前庭があって一応川が見えます。ベッドは天蓋付き。シャワールームは分かれている。エアコンあり。

ちなみにWi-Fiのパスワード4日分を渡されたが、不安定な上遅く、ようやく繋がったのは最終日。

電気プラグはBFB3Lタイプが1つずつしかない。なぜかミネラルウオーターもコップも1個のみ。

荷物が届いていないのでフロントまで戻るとポーターにつかまる。いや、いらないんですけど。

15時半出発のボートサファリに間に合ったので申し込む。支払いはと聞かれわからず混乱する。

時間にロビーに集まるとフランス人の団体さんがいてすごい数。結局3台の船に分かれて乗る。

ミネラルウオーターとジュース、スナックはもらえます。ワインは団体客用だったようで断られた。

しばらく川を上って国立公園に入国。ここが結構遠く、ロケーションはChobe Safari Lodgeの方がいい。

公園に入るといきなり中洲で2頭のゾウと遭遇。最初だったのでかなりテンションが上がる。

その後、バッファローとカバも見つけるが、カバは警戒心が強く、見つかるとすぐに潜ってしまう。

ゾウは本当に頻繁に遭遇し、集団生活をしているものが多く、小象も普通に見られます。

ボートサファリのハイライトはゾウの川渡り。この日は集団で泳ぐのを見ることができました。

クロコダイルも見られた。きれいな夕日を拝んでこの日のツアーは終了。

ホテルに戻ってからすぐに夕食。食事は3食ともビュッフェ。ただし飲み物は別料金。

実際に行ってみてランチは殆ど摂らないことが判明し、3食付きのフルボードから2食のみの

ハーフボードに変えようとしましたが不可でした。でも最終的にはハーフボードより全然安かった。

料理の内容は一部のトラディショナルフードを除いて、西欧のそれと大差ありませんでした。

肉は指定すると目の前で焼いてくれます。チェックする時にチップを加えるシステムあり。

この日は唯一アルコールでワインを頼み、ふらふらになってベッドに倒れ込み就寝。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月28日 (水)

ボツワナ旅行2日目

香港-ヨハネスブルグ-カサネ:機中R0015566

朝方、下に降りてビュッフェで朝食。中華圏の割にはたいした内容ではない。戻ってまた眠る。

10時半にチケットが届く。結局丸1日遅れて到着とのことで宿に再度メールを送る。

宿にいてもつまらないので19年ぶりに香港の街に繰り出すことに。前回の記憶はほぼない。

空港のインフォメーションで日本語のマップを入手。両替はとりあえず各自1000円分だけ。

専用列車の往復チケットをカードで買い、まずは香港駅へ。新しい空港は結構市街地から

離れていて、途中には細長い高層マンションがずらっと並んでいたり、スプロールが進んでいる。

地下駅からビルの中を上り、外へ出てみると以前と変わらないカオスな香港がありました。

垂直方向に引き伸ばされたような2階建ての路面電車やバスがひっきりなしに行き交う。

細い坂を登っていくと屋外の飲食店や、雑貨の露店や、赤い照明の肉屋や。なつかしい。

セントラルまで出ると、上り方向のエスカレーターがあったのでとりあえず乗る。地図は見ない。

登りきるとピークへのケーブルカー駅まで20分とあるのでその方向に歩きだします。

前方に西欧人の旅行者がいたのでついていきますが、彼らはオールドピークの路を登りだす。

迷ったが頂上まで30分とのことだったので激坂を徒歩で上ることに。暑くて汗が吹き出す。

下への展望が開けてくる頃、テリー・ファレルによるピークの巨大な建物が見えてきます。

外階段を上ってピークの広場に出たらそこはいきなり完璧な観光地。スタバやらハーゲンダッツ

やらがずらり。人も多い。建物の屋上は入場料がかかるようでパス。途中のデッキで記念撮影。

ピークからは島の裏側も見えますが、こちらにはなにもない。超急勾配のケーブルカーに乗って

麓まで降りる。近くにフォスターの香港上海銀行があったので19年ぶりに見学。やっぱかっこいい。

そのまま港まで歩き、セントラルピアでフェリーに乗り半島に渡ります。2.5香港ドルと激安。

チムサーツイでは西岸を徒歩で北上。おそらく近年再開発されていて、ブランド物のショップがずらり。

中国人向けと思われる豪華なエリアを過ぎると昔ながらの香港の風景が。

空港への列車駅に向かい左折すると、ここは再開発の最中で大規模な工事が進んでいます。

カオルーン駅から列車に乗ってこの日の観光は終了。夕食はホテルの中華料理店へ。

お高そうだったけどクーポンなのでメニューは決まっていた。味の方も薄く、それなり。

21
30にホテルのロビーでANAの係員と落ち合い、チェックイン。出国して無事機上のひとに。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

ボツワナ旅行初日

成田-香港:Regal Airport Hotel

本来であればこの日は機中泊で、翌日の昼にカサネに着く予定でしたが、

折からの台風で出発が遅れ、香港で乗り継ぎできなくなりANAの手配した宿に泊まった次第。

成田発は1835の予定。15時半頃に家を出たときは雨は降っているも、

まだ荒天という感じではなかった。台風は夜半から朝にかけて関東に接近する予定。

ANA
のカウンターでチェックインし、ドルを両替して出国手続きへ。

時間通りに搭乗は始まりましたが、席についても一向に出発する気配がない。

と、アナウンスで台風の関係でこの機の出発は23番目だとのインフォメーションが。

しかしその後離陸は見合わされ、だいぶ経ってから10番目になったと再びアナウンス。

この時点で2時間が経とうとしていたので、1時間40分しかない香港での乗り継ぎが不安になる。

が、さらに離陸はストップし、結局出発したのは予定時刻の3時間遅れでした。

離陸してからCAさんに乗り継ぎのことを聴くも要領を得ない。香港の地上スタッフには連絡済。

乗り継ぎ時刻の2355を過ぎたところで、地上スタッフが案内するから従ってくれとのこと。

機長は当初、全速力で飛ばすとのアナウンスをしていましたが、到着はきっかり3時間遅れ。

夜の1時をまわっていて眠いなか、英語と片言の日本語で説明を受ける。

基本は翌日の便への振替だが、確実なところは翌朝の10時半にならないとわからないとのこと。

それまでは手配されたホテルで待機。宿泊代と3食分のクーポンはもってくれた。

ただ、当初予定していたホテルのキャンセル料は負担できないとのことで、

部屋に入って急いでWi-Fiに接続して宿に初日の宿泊のキャンセルの連絡を入れました。

キャンセル料が発生するかはこの時点では不明。疲れ切って倒れ込むように眠る。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

2016年9月27日 (火)

ボツワナ旅行の概要

9月末にボツワナ、カサネへ47日の旅に行ってきました。R0015638

いわゆるブラックアフリカを訪れるのはケニア以来21年ぶり。目的はサファリです。

主な宿泊地はCresta Mowana Safari Resort&SpaBookings.comで予約しておきました。

予約の詳細な指定や確認は難しいのですが、直接予約するよりかなり安く済みました。

航空会社は南アフリカ航空で香港経由。香港まではANA、ヨハネスブルク-カサネ間はAir Linkです。

今回は台風の影響で香港での乗り継ぎができませんでしたが、ANAの現地の職員は誠実に対応してくれた。

9
月のボツワナは暑かったです。ただ朝方や飛行機内は冷えるので長袖はあったほうがいい。

急遽観光した香港もやはり暑かった。ボツワナでは1日をジンバブエのビクトリアの滝を

見に行くツアーに参加しました。日本人観光客はパラパラといる程度。

サファリにはボートとジープを各2回、計4回参加しました。1回約3時間。

多いのはゾウで確実に見られる。カバは遠目に。キリンも結構多かった。ライオンに遭遇したのは幸運。

ただ季節の関係なのか、シマウマは一切見られませんでした。

現地の物価は安いですが、チップの習慣があるのであるので注意。少額の米ドルが重宝します。

2万円ほど両替していきましたが、高額紙幣は使わなかった。現地通貨も不要でした。

チェックアウト時にまとめて現地通貨のプラで精算されます。カード使用可。

リゾート内に限れば治安は問題なし。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

2016年9月26日 (月)

ボツワナより帰着

宿を出て実に27時間かけてようやく帰着しました。遠かった。

日本は蒸し暑い!ボツワナも暑かったですが、日陰に入ればやり過ごせる

ものでした。この蒸す感じでは果たして今日眠れるのだろうか?

ボツワナの通貨プラのレートを帰ってきてから確認しましたが、

1JPY=0.104BTPとのこと。キャンセル分は結局請求されなかったし、

トータルで当初の予想よりずいぶん安く上がった模様。

詳細はまた明日からポツポツと。OSもアップデートしないと。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月25日 (日)

ボツワナ旅行も最後

Wi-Fiが繋がらなかったので間が開きました。

無事旅行最終日を迎え、今日の昼に現地を発ちます。

たくさんの象とカバ、ガゼルなどが見られました。

ビクトリアの滝にも圧倒された

あとはキャンセル1泊分の宿泊費がどうなるかですが。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月22日 (木)

ヨハネスブルグなう

まさかの台風で飛行機が成田で3時間待機。

結果、香港で乗り継ぎできず、23時間待ち。

昨日はホテル泊で急遽香港観光となりました。

で、今ようやくヨハネスブルグです。

運が良ければ今日から動物見られます

旅程が1日短縮されたのは痛いなあ。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月20日 (火)

夏季休暇

ボツワナに動物見に行ってきます。本当はケニアやタンザニアのサファリが本場で

ぼくは1995年に行っているのですが、この間に治安も情勢も悪くなりすぎた。

ボツワナは情報に乏しいのですが、リゾートのようなところで気軽に動物が

見られるらしい。不安だった宿のリコンファームもようやく確保できてホッ。

出発前だというのに頭が回らず、何かポカをしている気もして不安なのですが。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月19日 (月)

雨の王滝

今年の9月のSDA王滝は一日中雨となりました。ここのところずっと天候がぐずついていて20160918_161147

2013年に自身が雨に降られた経験から、9月は時期的に良くないんじゃないかと

思ったりしましたが、橋が流されたという豪雨のなかの開催は2011年の5月だったようです。

この後設けられた仮設の橋は3年後にようやく本設されました。今回はどうだったのでしょう。

あまり大きな崩落が起きてなければいいのですが。それで怪我人とか出ると、

それだけで開催すら危ぶまれる情勢なので。

雨だとパンクなどのリスクは高くなりますが、最も試されるのは精神力だと思います。

今回の勝者は誰だかまだ存じ上げませんが、無条件にリスペクトします。

もしぼくがエントリーしていたら確実にDNSでしたが。(笑)

にほんブログ村 MTB

2016年9月18日 (日)

友の会ロングTシャツ完成記念イベント

久しぶりに西多摩MTB友の会のイベントに参加してきました。R0015509

今回は新たに長袖のTシャツ(ワークシャツ?)が企画され、その完成記念イベントでした。

オプションでアフリカの砂漠周縁で植樹の活動をされていた杉野さんのレクチャーがあり

興味深いお話を聞くことができました。

集合写真を撮ったあとは早々と離脱。前日の雨でトレイルのコンディションが良くないとの

ことだったので、いつものルートを逆走し、南北の勾配の緩やかなルートを走ってきました。

が、こっち方面に来るのは2、3年ぶりだったのでちょくちょく迷いました。

一回だけ低速度で落車し、前方に放り出されたのですが、この時左足の小指に力を

いれてしまったようで、また痛みが再発しました。やれやれ。

そのまま墓地まで降りて武蔵引田で輪行しました。朝からお腹の調子が悪く、トイレを

覗いたのですが紙がない。仕方なく拝島で用を足しました。今日は朝から時間がぎりぎりで

神経質になっていたので、それでだったのかもしれません。体重は68kg台まで落ちてた。

3
時過ぎには帰着しましたが、やることが山ほど。シャワー浴びて着替えてコーヒー淹れて

自転車の掃除の取り掛かったら逆さにしていた車体が倒れてきて、コーヒーを打ち合わせ

テーブルの上にぶちまけてしまった。最悪。書類とかも置いていたのに一瞬でパーです。

もう、なんだろ。でもまあこういう日もあるよね。

にほんブログ村 MTB

2016年9月17日 (土)

性交渉の経験

30−34歳の男性の25.6%、女性の31.3%が性経験がないというデータが出ました。

さもありなん。結婚と一緒です。するものだ、からできるひとしたいひとが

すればいいに世の中が変化している。バブルの頃は付き合って3回会ったらするべき

などという基準があってぼくなんかは助かった方ですが。

もともとセックスというのは端から見れば滑稽で時に不潔なものです。特に女性にとっては

それはリスクが大きい。妊娠や性病の危険ももちろん、基本的に痛みを伴うものでもある。

一般的に女性は男性に比べるとよほど相手に心を許さない限り、セックスを好まない。

いつでもOKというわけでもないし、上記リスクを考慮すると動機としては薄い。

社会的な圧力がかからなくなれば、女性はどんどんセックスをしなくなる。

ただしスキンシップは男性より好む傾向にあります。この辺は微妙。

一方男性は生理的にセックスは欲するも、拒絶を恐れてアプローチしなくなっている。

今はネット上に画像が溢れかえっているから、それで自己完結してしまう。

しかし50を越えた人間だから言いますが、30代の前半のまだ性欲な旺盛なときに、

幸せなセックスを体験しないでどうする?食欲が旺盛だからこそ食事は美味しいのであって

年取って食べるのを億劫に感じる状態では何を食べたって満足できない。

あなたのその性欲は有限で貴重なものなのです。それは自覚すべき。がんばれ男子!

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月16日 (金)

ようやく3ヶ月に及ぶ長い歯科治療が終わりました。歯というのは全身に比べて

とても小さく、メンテも手間がかからなそうなのになぜ虫歯や歯周病になるのか。

ひとつは直接容易に確認できないというのがあると思います。
鏡に映したとしても奥の方は陰になって見づらい。

もう一点は、意外と歯は刺激を受ける機会が多いこと。

3回の食事はもちろん、ちょっとした間食や飲み物でも歯にダメージを与える。

これを機会に歯間ブラシかデンタルフロスを導入しようと思っていますが、

タイミングが掴めず途方に暮れています。

人間は年をとると体力が衰え、いろんなことから撤退を余儀なくされますが、

最後まで駆使されるのが消化器系だと思います。もちろん呼吸器や循環器系も

ありますが、こちらはコントロールが難しいし、逆に気を抜いても問題はない。

身体を使わなくなり、頭を使わなくなり、目も耳も声も使わなくなっても

死ぬまで食事と排泄はしなくてはならない。気が遠くなりますね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月15日 (木)

ダイエット2週間

間食をなくし、夕食はサーモンを載せたサラダのみというダイエットを始めて2週間、

2kgはすぐ落ちましたが70kg前後で停滞。69.5kgまで絞ったところで食事会があり

元の木阿弥。どうも簡単には体重が落ちない体質、年齢になってしまったようです。

急に摂る量を減らしたので身体が反応して消化が慎重になっている感じもしますが。

一方ダイエットには副作用があって、イライラ感や無気力など。特に夕食を選ぶ

楽しみを奪われたことは精神的に大きく、それで自転車に乗る機会も激減しました。
結果的に運動不足になりますます減量しづらくなる。

ただこの間、基本的に肉を絶っていたせいか、先週末に牛肉を久々に口にしたら、

なんかねっとりした違和感があった。魚では感じないのですが。

もしかしたら味覚はベジタリアンに近くなっているのかもしれません。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月14日 (水)

体育2の存在意義

ぼくは中学は公立だったのですが、体育の授業で5段階で3以外とったことがない。

客観的に見れば2でも全然おかしくなかったのですが、他の教科との兼ね合いか

2に落ちることは1度もなく、ぼくはむしろ申し訳ない気持ちがありました。

体力検査ではほぼ平均で、握力や背筋力は優れるもののボール投げや高飛びは散々だった。

さらに技術や反射神経を求められる場面になると悲惨。ただまあ一生懸命にはやった。

相対評価というのは成績がいいひとは、悪いひとがいて初めて存在します。

絶対的な一部の5と1を除くと、誰かがその悪い方の役割を担わねばならず、
ぼくが中学のときにかわりに2になったひとは納得できなかったのではないか。

その後自転車に復帰してヒルクライムやブルベ、王滝などに参戦しましたが、

いずれも平均タイムからは程遠い記録しか出せず、2のひとの気持ちがわかりました。

でも、ぼくらがいたからこそ良いタイムを誇れるひとが多く存在し得た。

ぼくらが平均タイムを押し下げた分、結果に満足するひとは増えたのではないか。

2でも存在意義はある。少なくとも蔑まれるいわれはないと思っています。

にほんブログ村 MTB

2016年9月13日 (火)

分譲7980万円

隣地建売の仮囲いが外れ、全貌が明らかになりました。まあ建ってしまえばこんなものか。R0015491_4

これがずらっと並んだ街並みを想像するとゾッとしますが、まあ諸行無常です。

2
棟並んでいて手前は3LDK7980万円、奥は4LDK8180円だそうです。

バブルの頃のマンション価格を知っているひとにはさほどの驚きはないかもしれませんが、

この価格帯のものをローンで買おうと思ったら年収1500万円が必要らしい。

子供が2、3人いるファミリーで大企業に勤める人がターゲットとなるのか。

しかし明大前は交通の便はいいですが、ブランドとしてはいまいち。

むしろ隣の東松原、羽根木のあたりのほうがステイタスはある。

ここは一応世田谷区なのですが、北の外れで道路を挟んで杉並区と接し、渋谷区も近く

目黒区と接する東側と比べると地味な印象。あえて明大前というひとは少ないのでは。

競合はそれだけでなく、湾岸のタワーマンションも比較対象に入ってきます。

だいたい3LDK100平米もいらない。周囲の70平米台の建売は5000万円台だったりする。

消費増税の駆け込み予測で建てたんだろうけど、大幅値引きしないと売れないだろうな。

にほんブログ村 建築・建築物 

2016年9月12日 (月)

PX-1004使用感など

プリンターが届きました。やっぱでかい。いかにも業務用。でも体積の割にはR0015488

場所は取らず、なんとか卓上に収まりました。USBケーブルは付属せず。

OSX10.4
でも10.11でも正常に動きました。インクは黒入れて4色だから前のと

同じ。印刷した感じもほとんどかわりません。ただ早くもブラックのインクが

減り始めているので、インクの消費量は多いのかも。

そのインク、Epsonの純正品はとんでもない値段がします。Canonのと違って

カートリッジにICチップが付いているせいかもしれませんが、流石に手が出ず

検索で評価の高かった互換製品を予備でポチ。問題出なければいいですが。

実はPC関係で壊れたのは今回のプリンターが初。家電だとテレビ、ビデオデッキ、

洗濯機、掃除機、エアコン、デジカメとダメになっていますが、PC関係は普段は

電源切っているし、使わない時には本当に長期間放置するからか。

しかし安定しているMacBookAirでも壊れることはありえます。ぼくはTimeMachine

使ってないからUSBメモリでバックアップを取るしかありません。

気づいたらもう2、3年放置していました。危ない危ない、油断した。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

2016年9月11日 (日)

CAD

建築の設計に不可欠なCAD3Dモデリングや日影図、天空率計算など

最近のものは機能が多様化していますが、ぼくはとにかくストレスなく

作図できる2Dのソフトが欲しい。ただしMac対応。

jw cadMac移植版やDraftSightAutoCad)が無料でありますが、

この年令から使いこなすのはいかにも困難。やはりベストはVectorWorks

ただこれは41万円と高価。最近はライセンスの管理も厳しい。一時、似た

インターフェイスのシェアソフト、DraftingCAD Proなるものを使ってみましたが、

端点スナップなど基本的な機能がなくかつ不安定で懲りました。

あれならVectorWorksの前身のMiniCADを使う前に持っていた、米国製のソフト

PowerCADDの方が軽いし良かった。今でも1000ドル弱で販売されている様子。

で、もしかしたら米国にはMac用のCADソフトが豊富にあるのではないかと思い

検索したらこんなサイトを見つけました。https://www.macupdate.com

ここには有料無料の
CADソフトが多数登録されています。例えばFreeCADという

ソフトは無料なのに3Dが扱えるらしい。一方ぼくが目をつけたのはRealCADD

http://www.adx-online.com/realcadd/realcaddus.htm

VectorWorks
PowerCADDといったドロー系のインターフェイスを継承しています。

とりあえずデモ版を入れてみましたが、問題なさそう。正規版は95ドル。

テキストの着色に若干難がありますが、しばらくこれを使ってみようと思います。

にほんブログ村 建築・建築物

2016年9月10日 (土)

お金と趣味

もともとあまりお金をつかう人間ではないので、最初の事務所に務めた時、

その時代の同年代の平均月収をもらっていましたが、休みがないこともあり

一気に貯金が増えました。

その時のお金に不自由しないという感覚は30で独立してしばらくは続き、

当時は美術館賞を趣味としていて、片っ端から見に行って図録も買ってた。

ドイツで彫刻展があるというだけで航空券を買って往復したこともあった。

自転車趣味にスイッチした頃はまだ余裕があり、自転車は5台まで増えた。

なかでもサーベロは総計で50万円以上かけたと思います。最後に自転車を

買ったのは2010年の末。

直後に東日本大震災が起こり自粛ブームが広がり自転車にも乗らなくなった。

またリーマン・ショックでの景気への打撃にこれは追い打ちになり、

仕事は完全に途絶えます。

ここから自転車の乗り方が変わり、イベントで乗るから日常的に乗るにかわった。

要は日常的な交通費を浮かしにかかった。普段は固定車とミニベロに乗り、

SILKとサーベロは塩漬けにされ、お金をかけるのはMTBに絞られた。

ただMTBは山に行くのに輪行するのでその分の交通費はかかる。

そのかわりイベント参加を止め、特急にはほとんど乗らなくなりました。

最近ではもう半年ほど自転車にお金をかけていません。

にほんブログ村 MTB

2016年9月 9日 (金)

プリンター買い替え

10年半使ったCanon 6100iがついに壊れました。プリンターヘッドの故障で、31osukkqghl

修理受付は既に4年前に打ち切られているとのことで、買い替えです。

2ヶ月前に買った予備の換えインク1420円は全く無駄になった。無念。

必要なのはA3出力のできるインクジェットプリンター。Epsonのプリンター単体の

PX-1004とスキャナとの複合機のEP-978A3が早速候補に上がり、後者のほうが

5000円ほど高いが、ネットの評価もいいのでこちらをポチり。

が、その後この機種のドライバーはeMacOSX10.4に対応していないことに気づく。

図面が出力できないとなればどうにもならない。ついでにはがきの宛名印刷もできなくなる。

仕方なくEP−978A3はキャンセルしました。振り込み前だったのが幸い。

一方、PX-1004の評価は紙詰まりインク詰まりなど散々ですが、OSX10.4対応となるとHP

Canonを含めてもこれ一択。翌朝ポチりましたがなぜか決算できずに違うサイトでリトライ。

しかしこれも途中で止まってしまうなど災難続き。電話してなんとか解決しました。

あと気になるのははサイズですね。6100iより大きいらしいので果たして卓上に収まるのか?

それと、あとから考えると、図面はPDFにしてMBAに送れば解決したかも。

はがきの宛名印刷も今は宛名はがきというアプリがあるようですね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月 8日 (木)

建築家登録サイト

うちは所員を雇っていないし事務所家賃もかからない。さらに昨年4月から法人休眠化

して、もし仕事が来たら個人で受ける体制に変えています。住宅の設計は正直、

かなり体力を食うので、今は積極的に仕事を取りに行く姿勢にはなっていません。

その分、ホームページの方を定期的にメンテナンスしていて、他に外部に建築家登録サイト

というのがあり、声がかかれば無料ならば載せるようにしています。

その都度作業してきて全貌を把握していませんでしたが、今回Googleで検索してみると

10近くの登録がありました。アクセスを見ると1000を超えるところもあれば一桁の

ところもある。ほとんど忘れているようなサイトもあった。

ASJ http://www.asj-net.com/ 

SuMiKa https://sumika.me/

houzz http://www.houzz.jp/

homify https://www.homify.jp/

iemo https://iemo.jp/

LIMIA https://limia.jp/

feve casa http://fevecasa.com/

house note https://housenote.jp/

SUVAKO https://suvaco.jp/

あういえを https://auiewo.com/

建築知識研究所 http://freedomlab.jp/

すまいと http://www.sumaito.com/

建築家紹介センター http://kaiin.kentikusi.jp/

こうしたサイトは施主が見つけないと意味がありませんが、検索でかかるのは

ASJSuMiKaHOUSECO)、あういえをくらい。OZONEやザ・ハウス、

オウチーノなどは有料で、そこにかけるほどのお金はない。

で、これらを通したコンタクトというのは未だありません。まあそれぞれ数百、数千の

登録建築家がいるのでそう選ばれるものでもないでしょうし、掲載している作品
もうだいぶ前のものになっているから仕方ない部分はある。

ただ、運営する側も最低サーバーが維持できる分だけ広告収入で稼げればいいので、

積極的に運営しているところ、成約まで至っているサイトは意外と少ないのかもしれません。

にほんブログ村 建築・建築物

2016年9月 7日 (水)

武蔵浦和の内覧会往復

日曜日に武蔵浦和の内覧会に行ってきました。来週に山の予定を入れましたが、R0015471

3週間前に左足小指を痛めてから全く運動していなかったので不安があった。

ちなみにこの怪我、いまだに腫れが残っていて完治していません。

一時、天気予報が雨だったので電車も考えていましたが、蓋を開けてみれば晴れ。

で、久々のミニベロで荒川CRを北上して秋ヶ瀬公園からアプローチすることに。

当日は11時半頃家を出ました。ダイエット中ですが一応脚に力は入った。

さしたる問題もなく、1時間半ほどで内覧会場へ。蔵を改装したカフェとギャラリー。

これから内装は入るのでしょうが開口部が少なく暗い。さてどう仕上がるのか。

見終わった頃には気温も上がってきて暑い。まずは自販機で水分補給。

時間に余裕はありましたが帰路は辛かった。荒川CRには日陰も休憩ポイントもない。

熱中症になりかけ、いつものように笹目橋で離脱してからコンビニに直行。

アイスと飲料を摂取して休憩して以降はもう脚も回らない。いかにも痩せそうな消耗具合。

3時半頃帰着し、シャワーを浴びて体重計に乗ったら案の定1kg減量していました。

1L近く補給はしていたので4時間で一気に2kg減った計算。

体力は補給次第ですが問題はやはり気温か。南側斜面を柳沢峠まで延々上るのが辛そう。

にほんブログ村 MTB

2016年9月 6日 (火)

細野不二彦

細野不二彦による青年漫画の代表作3つ。前2作を今回Amazonで古本購入しました。R0015448

・あどりぶシネ倶楽部 - 『ビッグコミックスピリッツ』(1986年)

・うにばーしてぃBOYS - 『ビッグコミックスピリッツ』(1988年)

BLOW UP! - 『ビッグコミックスペリオール』(1988 - 1989年)

細野不二彦は慶応在学中にクラッシャージョウでデビューし、GU-GUガンモで

人気作家となった早熟の天才。かなり後に売れる浦沢直樹と同い年というだけでも驚きです。

彼が放った青年漫画はちょうどぼくの大学在学時期と被っていてリアルだった。

影響を受けたのはヤングサンデーに連載されていたママの方ではありましたが、

彼の創作のピークは間違いなくここにあった。ママの後半で絵が荒れていくのが悲しい。

この3作ではBLOW UP!が飛び抜けて完成度が高い。あどりぶシネ倶楽部は絵はいいですが

特に主人公のキャラ設定が浅く、物語の展開に乏しい。うにばーしてぃBOYSに至っては

絵は荒れてるし、ストーリーすらない。でも学生生活を最もリアルに描写したのはこれです。

ときはバブル前夜で世の中は豊かで、大学はアミューズメント施設と揶揄されていた。

学生運動は鳴りを潜め、就職に対する不安もなく皆、遊ぶためにアルバイトをして

学生生活を謳歌していた。

うにばーしてぃBOYSで描かれるのは合コン、クリスマスパーティ、スキー旅行、

ミス・キャンパス、果てはグアム旅行!今の学生から見たら恐ろしくリアリティがない。

でもぼくの周りにも実際400ccの新車のバイクを乗り回している学生がたくさんいた。

結局細野さんはそこに何者も見いだせなかったのでしょう。だから絵も荒れた。

そしてBLOW UP!の主人公に至っては、物語のしょっぱなに大学を中退させています。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月 5日 (月)

GAPで初通販

旅行用にショートパンツが欲しいなと最初はユニクロに行ったのですが、

あまりにチープなものしかなく断念。次にGAPの実店舗に目をつけましたが

セールを逃してしまった。

が、GAPの通販だとまだセール品が掲載されていたのでトライしてみました。

服を通販購入するのは初めて。送料無料にするため、ついでにジーンズと

Tシャツも購入。40%オフのバウチャーが使えました。

届いてみると心配したサイズは細かく書いてあったので問題なし。

が、素材感が写真からイメージしたものと違っていました。

ショートパンツの色目も思ったより濃かった。

で、返品も考慮に入れてGAP実店舗へ。店内はすっかり秋冬モノばかり。

実店舗の商品はそれなりなつくりになっていますが、全般的に値段は高め。

ショートパンツは色違いのものが置いてあり、交換してもらいました。

中年男性が着ると下着にしか見えないTシャツは返品に。ジーンズはそのまま。

バウチャーが使える分、通販のほうが安くなりますが、やはりリスクはありますね。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月 4日 (日)

ミューズ

画家にインスピレーションを与えると言われるミューズ、女神。クリムトやImg_0

ココシュカと関係があったアルマ・マーラーやピカソの作品、夢のモデルである

マリー=テレーズ、モディリアニの後を追ったジャンヌ・エピュテルヌなど。

ベストショットを見ると確かに美人だと思いますが、他の写真を見ると

意外とそうでもなかったり。顔かたちよりオーラの有無の話なのか。

美人とは言いがたいダリにとってのガラのような存在もあるし。

美女の方からしてみれば、いくら才能があっても不安定な職業の画家より

お金持ちを選ぶというのが普通だったのかもしれません。

さらに現代は都市に人が集まりメディアが発達して、美人を見る機会が格段に

増えたからそう感じるのかもしれませんが。

画像は上段:アルマ・マーラー、マリー=テレーズ、下段:ジャンヌ・エピュテルヌ、

リー・ミラー(マン・レイの愛人だった写真家)

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月 3日 (土)

同行者緩募 丸川峠と水源林巡視道山サイ

※雨予報に付き本企画は10月に延期します。(0913)

自転車はMTB系かシクロクロス、パスハンター等の山道走行可能な自転車限定とします。

押し担ぎが多いため、装備は登山に準じたものとしてください。

例)雨具、防寒着、山地図、熊鈴、防水靴、水筒、ヘッドランプや行動食、携帯電話など。

前日13時予報で当日降水確率40%以上の場合、延期とさせていただきます。

集合

2016/9/14()925中央本線塩山駅

930山梨交通バス大菩薩峠登山口行乗車(300円)

宿泊地

丸川荘(12食寝具付き、7000円)

090−3243−8240

http://touge17.sakura.ne.jp/index.html

コース

2016/9/14(水)

957大菩薩峠登山口

1130柳沢峠

1200六本木峠、30分休憩

1400丸川荘

2016/9/15(木)

700丸川荘

830大菩薩嶺

930大菩薩峠、30分休憩

1030フルコンバ

1130林道出合

1230小菅の湯、1時間休憩

1430奥多摩駅

募集期限

2016/9/10

参加希望者はブログにコメント記入をお願いします

参加者がいる場合は登山届をまとめて出します

山と高原地図

1/5万 大菩薩嶺

にほんブログ村 MTB

2016年9月 2日 (金)

鳥人間コンテストの危険性

おそらく20年ぶりくらいにたまたまテレビで見かけた鳥人間コンテスト。

今はオンボードカメラが設置され、着水の瞬間まで見られるようになっていた。

基本は機体の着水の衝撃で止まる。ソフトランディングというのはない。

一方でパイロットの服装はほとんどロードバイクのそれと変わらず、ヘルメットにジャージ。

体力的に限界なところで水中に放り出されるのに、ライフジャケットさえ着けていない。

また着水の衝撃で機体は破損するのですが、それから身を守るプロテクターもない。

ウイングスーツのように好事家がするものならともかく、ほとんど競技に近い形態で

これはあまりにも無防備で危険ではないか。今まで死者が出ていないのが不思議なくらい。

実際大怪我を負ったひとや、それで訴訟を起こしたひともいるようです。

パイロットはまだ若く、先のある人たちばかりです。レギュレーションの再考を促したい。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2016年9月 1日 (木)

旅行に向けてダイエット

今年の夏季旅行のボツワナ行きまで3週間となりました。基本はリゾートのようなところ

なのでカジュアルな格好で行きます。プールもあるので水着になる可能性も。

しかし今の自分の体重は72kg台と普段より4kg近く太っていて、特にお腹周りは

見るに耐えない。今まで着てきた服も胴回りがきつくなってきた。

で、久しぶりにダイエットします。朝昼はそのままで夜はウイダーのみ。間食なし。

これでどれくらい落ちるものか。自転車も少しは乗らないと。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »