« 乳幼児死亡率 | トップページ | ミニベロビアンキ下取り完了 »

2016年10月20日 (木)

ミニベロFAT到着

サムシフターとミニベロFAT本体が同じ日に届く予定になっていたのですが、R0015923

待てど暮らせとやって来ない。

17
時にようやくサムシフター到着。ブルホーンのいろんなところに着けてみて、

設置場所を探ります。ただ、ブレーキレバーのアウターやレバーのストロークと絡んできて

思ったほどは選択肢はない。

ブラケット部分の右側の上部か左側の下部かで、前者を選択。ブレーキレバーに近い方が

見た目は様になる。ただサムシフターのクランプの上を握らねばならないので、

使ってみて気になるようなら変えるかもしれません。

本体は20時前の時間ギリギリに到着。デカイし重いしなんかいろんなものが突き出しています。

なんとペダルもハンドルも着いたまま、回転もさせずに送られてきました。

まじか。大丈夫かこの店?と思いましたが時間もないのでこの日は終了。

夜半すぎに目が覚めたので開梱します。組付けは問題なさそう。でも長めにとリクエストした

ブレーキとシフトのアウターは全く余裕のない長さに切られてしまっていた。

まずミニベロビアンキとサドルとペダルの交換。前かごも着けてブルホーンハンドルに換装。

フラットハンドルから苦労してグリップを外し、ブレーキレバー、シフターも外す。

ただ、バーごと保管するなら必ずしもグリップを外さなくてもよかった。

シフターからワイヤーを外そうとして分解したらシフトの目盛りの赤いバーが飛んだ。

とりあえず放置して、サムシフターに付け替える。8速ですが120度近くと、結構

ストロークが必要だった。

さてここで先程のラピッドファイアーの修理。ネットを見ても構造がわかるものはない。

かなり苦闘した後、なんとか作動するように組めましたが、樹脂製の小さなスリーブのようなものは

行き場を失ったまま。どうやらワイヤーはビスを1本抜けば交換できた様子。ああ。

気を取り直して、フォークコラムのカット。ほんの3センチ弱でしたが、ここに

スターファングルナットが打ち込まれていた。再度打ち直す気力もなく、結局

手元にあったプレッシャーアンカーで間に合わせました。

ここで昼、ミニベロビアンキを売りに行きます。5分査定であっけなく決まった。

その店でブレーキワイヤーを買い、なかなか見当たらないチェレステ色のアウターを求めて

電車で新宿に出ます。

jagwire
から出ているようではありますが、セット販売で単品では買えないみたい。

仕方なくかわりにブレーキアウターアジャスターなるものを購入。アウター同士をつなげる

金物です。ブレーキフィールが悪くなるのは承知の上。

帰宅してケーブルルーティングして軽く試走。以前に乗ったときと同じく前輪がとられる。

操縦している感じはおそらく大型バスに似ているかと。ちょっと慣れが必要。

最後にバーテープを巻いて一応終了。疲れたよ。ほとんど寝てないし。

にほんブログ村 MTB 

« 乳幼児死亡率 | トップページ | ミニベロビアンキ下取り完了 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/68023317

この記事へのトラックバック一覧です: ミニベロFAT到着:

« 乳幼児死亡率 | トップページ | ミニベロビアンキ下取り完了 »