« 今回の落車の反省点 | トップページ | 放出予定品 »

2016年10月16日 (日)

ブルホーンバーのシフトレバー処理

20インチFATは来週末か再来週頭あたりに納品されます。とりあえず前かご付けて、Thumbshifterbk

サドルとペダルをビアンキミニベロと交換。センタースタンドはおそらく外す。

問題はポジションを出すためのフラットバーのブルホーン化です。既にバーとブレーキレバーは

届いていて、こちらはなんとかなりそうですが、変速レバーをどうするか。

デフォルトではシマノのALTUSというラピッドファイアが付いていますが、クランプ径が22.2mm

一方、ブルホーンのハンドル径は23.8mmとそのままでは付かない。当初はシマノの8速バーエンド

コントロールで考えていましたが、シルバーの色合いがどうにも浮いて見えます。

ラピッドファイアのクランプを削って流用しているひとは何人かいるのでできないことはないが、

機材もないしきれいに円形に削る自信も腕もない。

他の候補としてはダイアコンペのENEサムシフターというのがありますが、インデックスではない。

フォークコラムにWレバー台座を噛ませるアダプターというのもある。

で、結局汎用性の高さから、サムシフターを購入しました。もう少し小柄なら言うことないのですが。

にほんブログ村 MTB 

« 今回の落車の反省点 | トップページ | 放出予定品 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/67956356

この記事へのトラックバック一覧です: ブルホーンバーのシフトレバー処理:

« 今回の落車の反省点 | トップページ | 放出予定品 »