« Foxニーパッドレビュー | トップページ | 泥 »

2016年11月17日 (木)

断面で読み解く世界の建築

断面パースと言うと今だとアトリエ・ワンがよく自作の解説に使っていますが、51c5zxvpqkl

この本には、世界の63の建築の断面パースが掲載されています。

ケースに差がありますが、構造や設備がどうなっているかわかるものも多い。

建築作品は一般に、平面図と写真で理解されます。断面図はあっても構造などは

省略されていることが多い。よくここまで調べ上げたなと感心します。

おそらく今までこうした書籍は存在しなかったのではないか。

63
のケースのうち、知っていたのは41。著名な建築が多いですが、

著者がNYで活動する建築家とあって、日本のメディアに載らない建築が目立ち、

しかしどのケースもなかなか興味深い。

本書では断面の操作を7種類に分類し、それぞれのケースとして実作の断面を載せている。

実際にはひとつでなく、幾つかの手法を組み合わせた例が多いのですが。

この分析がどれほど有効かは評価の別れるところでしょう。

難をあげればやはり1方向の断面パースのみで全てを説明するのは無理がある。

直交方向の断面図を追加するか、小さくても平面図を載せるほうが現実的でしょう。

ともあれ、個人的にはソーク生物研究所、ブレゲンツ美術館、ロンシャンの礼拝堂

シアトル中央図書館といった建築の仕組みが見られて満足です。お勧め。

にほんブログ村 建築・建築物 

« Foxニーパッドレビュー | トップページ | 泥 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/68451447

この記事へのトラックバック一覧です: 断面で読み解く世界の建築:

« Foxニーパッドレビュー | トップページ | 泥 »