« 泥 | トップページ | クマ対策 »

2016年11月19日 (土)

年齢

50歳になったときどう感じましたってインタビューに、身体が軽くなったとか

ぱっと視界が開けたとか答えているのを見たりしますが、たぶん気のせいです。

もしくは話をつくっている。

生憎人間の身体は切りの良い年齢で変化するようにはできておらず、個体差も大きい。

まあ、常に年齢を意識している人なら何らかの感慨があっても不思議ではありませんが。

ぼくは30代半ばまで、仕事で年齢を強く意識していました。
何が何でもそれまでに名前が売れなければならないと強迫的に思い込んでいた。

しかしそれがかなわないことがわかると一気にどうでもよくなりました。

普通の50歳というと成人近くの子供がいて、会社では現場を離れ部長などの管理職に就き

設計事務所なら公共建築を手がけ始めてあぶらがのり始める頃。

どれひとつとして手にしていませんが、全く関心がありません。

ただ51歳になった頃くらいから体調が変化したかもという感覚はあった。

たぶんこれからは少しずついろんなものを手放していくのでしょう。
建築も自転車も。このブログだっていつ終わってもおかしくない。

救いなのはその先がどうなっているか知りたいという気持ちがまだ続いていること。

世界がどうなるかなんてことはもはや知ったことではありませんが、

自分がどう老化していくかは興味がある。人生がどう終わっていくかも。

50
を過ぎたら人間は普通に病気で死ぬ。その多くは不可抗力です。

落ち度もなくなんとか50まで生きながらえたことにはほっとしています。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

« 泥 | トップページ | クマ対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/68475631

この記事へのトラックバック一覧です: 年齢:

« 泥 | トップページ | クマ対策 »