« ミニベロFATで里山 | トップページ | 建売住宅のデメリット »

2016年12月23日 (金)

専業主婦の無償労働304万円

ドラマ、逃げるは恥だが役に立つの最終回がそこまで積み上げたドラマゆえのファンタジーを

台無しにするようなストーリーで、幻滅を通り越して怒りの感情さえ湧いています。

そうした醒めた目でドラマを見返すと、最初の設定からしてもうおかしい。

主人公が契約結婚をして専業主婦としての報酬をもらうというものなのですが、

そこで出てきた数値がたしか年間304万円。今こんな額を払える若者ってそうはいない。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/seikatuzukan/2013/CK2013091802000194.html

だいたいこの数値は子育ても含まれていて、夫婦
2人であればまず42万円下がる。

子供がいなければ食事の量も家の広さも違ってくるので、炊事、買い物、掃除の

数値も下がるはずでしょう。

さらに今の雇用環境では、平日に夫が家に帰って夕食を摂れるひとは少数派です。

また夫は平日ほとんど家にいないのだから、家を散らかすのは主に妻ではないのか。

そもそもこの数字には妻一人で生きる場合に必要な労働も含まれてしまっています。

まずはその差額を算出すべきではないかと思うのですが。

上記の304万円には食材費や家賃、水道光熱費、税金、教育費などは含まれていないので

その半分でも請求されるととんでもないことになってしまいます。

もともとリアリティのある話ではないのだからファンタジーのまま閉じてしまえばよかったのに。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

« ミニベロFATで里山 | トップページ | 建売住宅のデメリット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/68943524

この記事へのトラックバック一覧です: 専業主婦の無償労働304万円:

« ミニベロFATで里山 | トップページ | 建売住宅のデメリット »