« 大河ドラマ | トップページ | ミニベロFATで里山 »

2016年12月21日 (水)

南谷真鈴と河野千鶴子

先日日本人最年少でセブンサミッターとなったひとと、57歳から始めて62歳で成し遂げたひと。

2011
年の段階でセブンサミッターは348名を数えますが、初登は1985年で田部井淳子さんは

1992年に女性初で達成しています。1990年代以降はヒマラヤでの公募隊が増え、

今や必ずしも無茶な挑戦ではなくなってきている模様。

登山はクライミングを除けば体力と高所適応能力がほとんどすべてなので、

当然若いほうが有利です。青少年の参入を阻んでいるのは必要となる資金と

学業との両立。そういう意味でこの2つをクリアした南谷さんは評価されていい。

しかし自分がこの歳になってすごいなと思うのはやはり河野さんの方です。

2013
年、最期にダウラギリで体調不良で倒れたときは66歳だった。

さすがに限界だったか。辞めどきというのはやはり本当に難しい。

南谷さんにも悪いことは言わん。適当なところで切り上げて親御さんを悲しませないように。
今死んだらほらやっぱりと後ろ指をさされるだけ。死ぬのは50過ぎてからで十分です。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ 

« 大河ドラマ | トップページ | ミニベロFATで里山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/68919115

この記事へのトラックバック一覧です: 南谷真鈴と河野千鶴子:

« 大河ドラマ | トップページ | ミニベロFATで里山 »