芸能・アイドル

2014年10月25日 (土)

なんてったってアイドル?

小泉今日子が、アイドルはやめれなーいと歌った頃の芸能界は単純に憧れでした。Img_699892_22543116_0

ピンクレディーとかめちゃくちゃ多忙だったとか後に報道されますが、
引退してしまえば、はいさようなら、で平穏な生活が期待できました。

その点、本当に辛そうだったのは渥美清さん。死ぬまで寅さんを演じ続けた。
いつでもどこでも調子が良くて人のいい寅さんであらねばならなかった。

でも彼は少なくとも寅さんのプロではあった。芸人とかテキ屋とかでも通用する能力。
しかし腰掛け程度にいろんな役を与えられる今のタレント、アイドルは何者にもなれない。

何者かの真似だけをして一生が終わる。もてはやされるがそれって本当に幸せなのだろうか。
アイドルは怒ってはいけません。偏った思想信条もNG。異性ファンのために結婚すら無理。

例えば嵐の櫻井くんとか、学歴があってトークが上手くてイケメン。
一般人として生活していたら、仕事で成功して出世し、きれいな奥さんもらって子どもを授かり
そういった、ありふれているけどなかなか手にできない幸せをゲットできたかもしれません。

先日、矢口真里さんが1年半ぶりくらいにテレビに復帰しようとされていましたが、
芸能界という特殊な世界で生きることはそんなに価値があることなのでしょうか。

にほんブログ村 アラフィフオヤジ

2013年11月16日 (土)

石川さゆり

先日、島倉千代子さんの葬儀で弔辞を読んだ石川さゆりさんの横顔に引きつけられました。Img0
自分より歳上の美女というのは吉永小百合さんとか高橋恵子さんとか他にもいますが
その表情を含めて自分的には彼女がベストです。

「津軽海峡冬景色」で知られる石川さんは、てっきり東北の生まれかと思っていましたが
熊本出身だそうです。10代の頃はホリプロに所属し、森昌子、山口百恵とともに売りだされるはずが
なぜか外され、桜田淳子と入れ替わり、その3人はブレイクしたのは御存知の通り。

結局、石川さんは4年後、「津軽海峡」でデビューするわけですが、当時まだ19歳。
まだキャピキャピしたい年頃だったろうに、厳しい演歌の世界に足を踏み入れます。

写真はネットで拾ってきた、石川さんの10代の頃の写真。
小麦色の肌に目がくりっとしていて、いかにも南国風な顔立ちをしています。
今の顔とは随分とかけ離れていますが、恐らく演歌に対する念が今の表情をつくった。

その意志と鍛錬がぼくを惹きつけるのかもしれません。
今や生粋の日本人女性。10代のイメージのままではここまで生き残れなかったでしょう。

2013年5月25日 (土)

コスプレ少女

この写真の少女は18歳のロシア人でJuliaさんという名前だそうな。Who

青い髪はエヴァの綾波レイのコスプレかと思いましたがその様子。
アニメの設定では眼は赤なのですが、青い目の透明感はさすが。

YouTubeで彼女のプロモーション動画のようなものが見られますが
この写真1枚の方がインパクトあります。

ロシア人女性はクールビューティーなイメージがありますが、
女優さんにロシア系って少なく、ミラ・ジョボビッチさんくらい。

これは女優という職のステイタスが低いのか、
それとも体質的に歳を取ると太ってしまう?からなのでしょうか。

2012年9月10日 (月)

稲葉浩志

写真の建物はぼくが自転車で渋谷に行くときに見かけるものですがInaba2
どうやらB’zの稲葉くんの自邸らしい。

円筒部分が石灰石の乱張りになっていて、傾斜した屋上部分にも張っているから
雨仕舞とかどうしているのだろうかと思っていました。

1998年に4億円をかけて建てられたらしい。敷地約130坪。
ここに再婚した奥さんと青山学院初等部に通う子どもと暮らしています。
ちなみに2003年の収入は9億円。

なんでこんなことがわかったかと言うと、稲葉くんは大学の同期なのです。
面識はないけど同じ時期に同じキャンパスに通い、
もしかしたら一般教養で同じ講義を受けていたのかもしれません。

つまりぼくと同じような環境にいた人で、最も社会的に成功した人なので
ちょっと気になったのです。
長者番付に載る収入があって、高級住宅地に豪邸を構えている。
どんな気分なのでしょう。

幸せなのだろうか。いくらお金があっても幸せでなければ意味はありません。

近所には同じ頃、作詞家の松本隆が妹島和世設計の自邸を建てていますが、
今は関係のない会社の表札がかかっています。売っちゃったのかな。

2012年4月21日 (土)

伝説の自転車少女

伝説のっていうのはぼくが勝手につけたのですが。Komatsu
4、5年ほど前に自転車画像掲示板あたりに流れていた写真で、
モデルは誰?と話題になっていました。

記憶が正しければ、この人は小松彩夏さん。
http://ameblo.jp/ayaka-502/

グラビアアイドルで今は25歳。
9年前に実写版セーラームーンで北川景子さんと共演しましたが、
北川がこの間にブレイクしたのはご存知の通り。

小松さんはと言うと、この前、ロンドンハーツでトラップガールというコーナーに出ていました。
この企画、芸人に近づき誘惑してその気にさせ、
自室で二人きりになったところでドッキリを仕掛けるというもの。

知名度の高いタレントだとリアリティがなく、だいたい事務所が受けないので、
売り出し中のグラビアアイドルなどが起用されることが多いようです。
ここに出るとは、仕事ないんだろうなあ。

顔かたちはとてもきれいなのですが、芸能界というのはやはり厳しい。
こんな仕事でも逆手にとって、キャラつくって売り出すくらいの
したたかさがないと、生き残っていくのは難しいのかもしれません。

2011年9月 9日 (金)

明石家さんま

紳助が退場して吉本の司会では単独トップに立ちました。

ぼくがはじめてさんまと出会ったのは高校受験のとき。
受験校の試験日が申込順に決定されるとかで、
同じ受験生の車で深夜、その高校に向かっていました。

そのころさんまはオールナイトニッポンの第2部を担当していて
そのとき初めてそのしゃべりを聞きました。
が、その内容というのが下ネタばかり。(笑)
あー、面白いんだけどな、と思っていましたが案の定、
どちらかの母親がぷちんとラジオを消しました。

あれから31年、いまだに面白いのだからたいしたものだ。
ちなみにタモリも当時オールナイトニッポン第1部を担当していましたが、
どこかマニアックな感じがあまり好きになれませんでした。

2011年6月 1日 (水)

AKB48

その存在をはっきり認識したのは去年末の紅白歌合戦。
驚くほど歌唱力がないのと、ビジュアル的には篠田が飛び抜けているというのが印象でした。

今回、作業のBGMで幾つかAKB48の曲を聴いてみました。
知っていたのは「会いたかった」と「ヘビーローテーション」。
後者は蜷川実花によるPVも含めてよくできていると思いました。

「桜の栞」は初めてでしたが、気に入りました。
合唱であれば歌唱力もさほど問われない。
PVを見ていて思ったのは、本当に普通の女の子もいるのだなということ。
そこがどこか本物の高校生らしさを醸し出していると同時に、歌唱力の補強にもなっているのでしょう。

とはいえまだまだAKB初心者。
顔がわかるのは篠田、板野、前田くらいで大島、高橋の顔の区別もつきません。
これからウォッチしていけば面白いことに出会えるかしら。

ちなみに「桜の栞」のPVを撮った岩井俊二は2年上の同じ誕生日。
同じ年に同じ大学を出ていることが判明しました。

2011年5月26日 (木)

芸能人

芸能人でいえば誰が好きなの?と聞かれると困ります。

ぼくは基本的に美しいひとを眺めるのは好きです。
ただ街で美人とすれ違っただけでも幸せだと感じることもあります。

しかし芸能人となると、美しいということは大前提で、
全体のレベルが高いので感動は薄れます。
それに視覚に入ってくる頻度が日常生活に比べ、極めて多い。
加えて、TVなどでじっと眺めていてもマナー違反とはなりません。

すると頭のなかが飽和状態となって、美的欲求が後退します。
結果、伝え聞く噂などによる人間性を判断材料とすることになります。
しかしまあここらはガセネタも多いので信頼度に欠けます。

すると、結局芸能人での好みという質問には答えられなくなってしまっているのです。

2011年5月17日 (火)

女子アナ

特別な興味を持って女子アナを見たことがあまりないので、
知っているのは露出度の高いフジテレビに偏っていました。

が、最近、他局でも興味ある女子アナが引っかかってきました。
・小郷知子(NHK)
・青木裕子(TBS)
・大江麻理子(テレビ東京)

みんなスレンダー美人ですね。
大江さんは「モヤさま」での収録がとっても楽しそう。

2009年12月18日 (金)

マンハッタンガールズ

サイクルモード2009のKHSのブースにいたモデルさん2人。
マンハッタンガールズというそうな。

で、googleで検索かけるも意外と画像がひっかからない。
いちばんきれいに映っていたのは下のサイト。

http://www.revancha.tv/cycle-mode-review/

でかいカメラで写真ばしばし撮っていたエロオヤジ?は
ネットに画像さらさないで、ひとりで楽しんでいるのだろうか。

--
と、本名がわかったのでそっちでぐぐると本人のブログ発見。

http://ameblo.jp/mekosanblg/
http://ameblo.jp/jo3rm4/

写真多数あり。
ひとりは純日本人だったのね。体型細すぎ。

より以前の記事一覧